蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
ビジネス書の中では、ずっと健闘している本です。
年末には、こういった本を読もう系の書籍は売れ行きがいいのですが
それを過ぎてもずっと好調。評判もいいようですね。

ビジネス書というのは、もともと実用書。
だから、最初から最後まで読まなくてもいいんですよね。
自分に必要な部分だけを、集中的に読み込む。
そして大事なのは、読むだけでなく、自分の中に取り込むこと。
そのためにどういった方法があるかが書かれています。

本の選び方などの項に関しては、ビジネス担当者として得るものがありました。
何しろ発売点数が多すぎるから、読者の方も迷いますよね。何を読んだらいいのかって。

私も日々、多くの新刊に囲まれて、何をどこに置くべきか
棚だけでいいのか、新刊台にアピールするべきなのか
いつも悩みながら仕事をしているのです。
でも自分の経験を思い起こしてみると、ビジネス書の選択の目安って

著者のプロフィール、 目次、 帯

この3つだと思います。
お客さんにとっても、これは同じじゃないかなぁ。

(あ、でも書店員の場合は、これプラス 「勘」 ですかねたらーっ


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2007年04月08日 18:53 | CM : 0 | TB : 0
私はコーヒーなしでは暮らせないくらい、大のカフェ好きなのですが
特にタリーズコーヒーはお気に入りなんですホットコーヒー
有り難いことに、うちの職場の近くにはタリーズがありますので
よく利用させてもらっています。

そのタリーズコーヒージャパンの社長、松田公太さんの本です。
こういった社長さんの本というのは、自分のビジネスに参考になるかどうか...
という点では賛否両論なんだそうです。
でもそんな中で、この本は面白いよ!という話をあちこちで聞きましたので、
私も読んでみました。

確かに面白い。 おはな

これって、飲食店の話だったから私には面白かったのかなぁ。
食べ物や飲み物を売るのって、商売の中では1番難しいんじゃないかと思うんです。
きちんとブランド化されないと、中々お客さんはついてこないだろうし。
150円コーヒーが当たり前の時代に、どうやって300円近くするコーヒーを
飲んでもらうのか。
もちろん戦略も大事なんでしょうけどね。でも。


松田社長の言うキーワードは、ズバリ。「情熱」

この人は本当にタリーズに惚れ込んで、本当にお店を作りたかったんですねぇ。
だから1人で創業者に会いにシアトルまで行っちゃうし
オープンさせてからも、店に寝袋持ち込んで、必死にコーヒーを作ったんですね。

お店を作るには色々な壁があって、
それは立地だったり、役所だったり、客足だったり、実に様々なことなんだけど
それらを乗り切るには「情熱」しかなかったんだと、ひしひしと伝わってきました。

役所との攻防が中々興味深いんですよ。
日本のイヤ〜な体質があからさまに出ててね。不愉快ですね撃沈

そういえば、松田社長が銀行員だった時代に、
すごく印象的....というか、身に刺さる言葉が本にありまして。

「自分の給料の5倍は利益を上げよう」

常にこういう気持ちで仕事をしていたというから、さすがです。
この精神は、タリーズ起業後も引継がれていったんでしょうけど
なんていうか、仕事の本質がこの言葉に凝縮されているような気がしました。

結局人間て、自分のやっている仕事以上の対価はもらえないそうです。
それってつまり、「給料の額が仕事に見合ってない」と嘆く人は
そんなに大した仕事はしてないんだよん、
という事なんだそうです(てなことを、以前何かで読んだのです)

松田社長の言う、5倍の利益。
イタカッタ....
この精神に触れただけでも、私にとっては価値ある1冊でした。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪



By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2007年02月25日 16:33 | CM : 0 | TB : 0
以前は知る人ぞ知る...だったのが、今では知らぬ人はいない...になってしまったこの豆腐。
食べたことありますか〜、奥さん?

風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー
風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー
伊藤 信吾

京都のお豆腐屋さんなんですよね、ここ。
この男前豆腐は、最初は一部の高級住宅街を中心に、商品を卸していたそうです。
でも今では、比較的どこでも手に入るんじゃないでしょうか?
だって、うちの近所のダ○エーでも売ってたし...。

ネーミングというのは、商品にとっては命です。
だからここまで徹底的に名前を付けられると、何か清々しいというか....ちょっと買ってみようかな、なんて思いますよね?

私はこの本の表紙になっているお豆腐を食べたことがあります。
すごくコクがあって、従来の豆腐よりすご〜くなめらかぴかぴか 食感がまるでムースみたいなんですよ。
男性はちょっと...って思うかもしれないけど、女性には受けるだろうなぁ。

徹底的にこだわったのはネーミングだけではなくて、材料や品質も一緒。
昔からのお豆腐屋さんとは一線を画した、そのマーケティング手法は、正に現代の会社だなぁと私は思いました。

通販も始めたみたいなので、気になる方は公式ホームページへGO!
なかなか面白いホームページです!
でも真夜中に見るのはオススメしません。要注意!豚


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2006年10月15日 14:42 | CM : 0 | TB : 1
美しい国へ
美しい国へ
安倍 晋三

総裁選の日です。
皆さんの予想通り、きっとこの方が次の総裁になられると思います。

7月の発売以来、順調に版を重ねて今も売れ続けているこの新書。
安倍さんに関する本は、これまで何冊も発売されているのですが、ご本人の著書はこれが初めてだったはずです。

総裁選のことを頭において、書店では各出版社から出ている安倍さんの本を、前から確保しています。
でも部数が足りずに、希望数入れてもらえないこともしばしば。
でも入るならいい方かな。注文もかけひきのこの業界。
先手打っても、不発に終わることもしょっちゅうだからね。

それに小泉さんのとき、何が大変だったかって、いきなり「米百表!」とか言ってしまうことよ!!
思えば引用の好きな総理でしたよね。
言っちゃったその日に、「米百表の本はある?」って聞かれる本屋の身にもなってください....(苦笑)

さて、次期総理はどうでしょうか?
私は北朝鮮関係の本をスタンバイして、待っていますよ!!


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2006年09月20日 08:35 | CM : 0 | TB : 4
華の大江戸300年かわいい
日本の歴史の中で、1番人気のある時代が「江戸時代」なんだそうですね。
その人気ゆえか分かりませんが、今年から始まった検定試験の1つに

江戸文化歴史検定

なるものがあります。
そのテキストを、今日はご紹介します。

大江戸見聞録
大江戸見聞録
江戸文化歴史検定協会

江戸文化歴史検定は、1〜3級まであります。
そして今回の第1回は、2級と3級が実施されます。
この書籍は、受験生必読の公式テキストなのです。が。
テキストからの出題率を見てみると

3級=約80%
2級=約50%


50%だよー50%!
だからテキストだけではなく、必然的にその他の”江戸関連本”も読む必要が出てくるわけです!受験生、要チェック!!
そんな事情もあって、書店では(特に東京は)ぴかぴか大江戸フェアぴかぴかを大々的に開催していたりするんですね。

でもさすがに大人気の時代だけあって、本の種類には事欠かないと思います。
戦国時代と人気を2分するよねぇモゴモゴ
どの本を選んでいいか分からないかもしれないけど、この2点はいいんじゃないかな?
 ↓ ↓
*大江戸まるわかり事典(大石 学,編/時事通信社)
*東京を江戸の古地図で歩く本(KAWADE夢文庫)

あと、こちらは個人的に私の好きな本です。down

東京時代MAP―大江戸編
東京時代MAP―大江戸編
新創社

歴史地図の上に、トレーシングペーパーに印刷した現代地図を重ねてるんです。
2枚を同時に見ることで、ここがこんな風に変わってる...というのがよく分かります。
ちょっと一時期ハマッてしまい、仕事中によく眺めてましたたらーっ

な〜んて、検定にちゃんと役立つかしら...。
そんな江戸文化歴史検定は、11月3日実施!
申し込み〆切は、9月25日月曜日!
さあ、あなたもチャレンジ!?

→検定の詳細はこちら


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2006年09月04日 20:24 | CM : 4 | TB : 2
お恥ずかしい話ですが、私は自分が本屋で働くまで、白洲次郎という人を、まったく知りませんでした!唖然
(当然、奥様の白洲正子さんも知りませんでした...)

でもね、ある時うちの同期が言ったのです。


ぴかぴか「白洲次郎って、すっっごくカッコイイのよ」ぴかぴか



私も若かったものですから困惑 そんな言葉にまともに反応してしまいまして、本を探し出したのでした。

その当時でも、本は結構出てる出てる...。正直どれを読めばいいか分からないほど。
でも表紙を見て、なるほど、男前! と思いました。
(昨年、若い頃の写真が表紙の本が出たので、よけいそう思っちゃいましたけどね〜)

だってどうですか?こんな感じなんですよ?
(でもこの写真は、麻○外務大臣みたい...) 


プリンシプルのない日本
プリンシプルのない日本
白洲 次郎


こちらは、最近文庫になった本です。売り上げ上々ムード ヒャッホーウ♪

顔のことばかり言っちゃったけど、今なら私も分かります。
この人が「カッコイイ」というのは、生き様がカッコイイということなんですね。
(もちろん顔立ちもきれいなんですがーキスマーク
1つ芯の通ったその姿が、今の時代からすると眩しいぴかぴかんでしょうね。

白洲次郎が生きた時代というのは、戦争が終わった混乱の時期。
敗戦国として、思うように自分たちの主張を通せなかった時に、白洲次郎は自分の正義を貫いた。

「カッコイイのよ」と言った私の同期も、そういうところに惹かれて読み漁っていたんだろうなぁ(多分...きっと...)

そんな白洲次郎の本は、いっぱいあるのです。
どれを選ぼうか、迷っちゃいますよね汗

白洲次郎 占領を背負った男白洲次郎 占領を背負った男
北 康利

プリンシプルのない日本―プリンシプルは何と訳してよいか知らない。原則とでもいうのか。 風の男 白洲次郎 白洲次郎の流儀 白洲次郎 白洲次郎―日本で一番カッコイイ男

by G-Tools




そして実は、白洲次郎の特番が放映されます!題して、

「白洲次郎に会いに行く」

19日の23:50〜、TBSで。
進行は明石家さんまさんだそうです。
夜中だけど、みなさんまだ起きてらっしゃるでしょうか?
もちろん、起きてらっしゃいますよね?

ぜひ!!パンチ


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2006年07月19日 23:00 | CM : 7 | TB : 2
今回、私にしては珍しく仕事術の本を読んでみたのです。
前評判が良く(著者のネーム・バリューもあると思うんだけど)、新刊として入ってきた時の初速の動きも良かった。
他のブログでも、レビューを書かれている方もちらほら...。
表紙をご覧になった方もいるのでは?ほら下向き

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
デビッド アレン, David Allen, 田口 元


デビット・アレン氏は、以前「仕事を成し遂げる技術」という本を出しています。
この本の原題は、

「Getting Things Done」

この頭文字をとった略称の「GTD」が、彼の提案しているビジネス手法です。
どんな方法なのかは、他の方々がたくさん書かれているので割愛します。
ただ私が読んだ限りでは、この本の本文は、「GTD」手法をさらに円滑に活用するための、日々の工夫や心構えやアイデアが書かれているんです。

だから、”肝心の「GTD」って、一体なに!?”ひやひや

と思う人は多いかもしれない。
というわけで、もし読んでみようと思ったら、最初の日本語版解説&監訳者あとがき&第5章(ここにGTDのやり方が書いてある)を読んでから、本文を読まれることをオススメいたします。

翻訳ビジネス書というのは、結構文章が多く、ページも多かったりするんですよね。
内容に厚みがあっていいのですが、まどろっこしく思う人もいるかも。
でもビジネス実務書の常として、読み終わった後に反省を促される点は、どこの国の本でも一緒です。
書いてあることはいたってシンプルなのですが、それを実行することがいかに難しいか、改めて考えさせられます。

明日からの仕事に(プライベートにも)、ちょっとでも活用できればいいなあ。
がんばろ困惑


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2006年07月09日 10:34 | CM : 2 | TB : 2
トートツですが。
今、巷で大人気の某モデルさん。私は素直に、彼女は可愛いと思います。
彼女が雑誌で着た洋服が、予想できないほどバカスカ売れる...というのも、不思議ではないと思います。
サイン会で、感激のあまり泣き出す子の気持ちも、何となく分かるような気もします。

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2006年05月13日 15:32 | CM : 0 | TB : 0
元々そんなに、インターネットやそこに纏わる話には詳しくない私。
そんな私でも、気がつけば刷り込まれている単語がありました。

「Web2.0」

恐らく専門家の間では、以前から議論の対象にはなっていたのだと思います。
でも私のような一般人が知るところとなったのは、多分最近のことなんじゃないでしょうか?
(まぁ、私が単に乗り遅れているってことも、十分ありうるのですが...たらーっ

ところで、そのWeb2.0とはなんぞや?
新しいソフトの名前か?豚

私もよく分かってないのですけど、少なくともソフトの名称ではないようですね。
では何なのか?
すごく平たく言うと、今のインターネットをWeb1.0、あるいはWeb1.5というならば、その次のステージのインターネットをWeb2.0と言うのだそうです。
よく「次世代」とか「第2世代」といった言い方をしますが、それがWeb2.0
というわけですね。

じゃぁ、一体何が今までと違うのか?
今も新書コーナーでうず高く積まれている"ウェブ進化論"という本があります(売り上げも更新中です拍手)。
この本の中で、Web2.0についてちょっとかすってる...ようなのですけど、どうもそれだけではよく分からないと。
みなさん、もっと詳しく書かれた本を求めている(...と、出版社さんがおっしゃっていました)。

そこで私が紹介したい本が、こちらdown


Web2.0 BOOK
Web2.0 BOOK
小川 浩(サイボウズ株式会社), 後藤 康成(株式会社ネットエイジ)

中を少し読みましたが、思ってたよりも分かりやすいと思います。
一般のビジネスマンや、学生さんにも読んでもらえる内容のような気がします。
章立て(下、参照)を見る限り、Web2.0の教科書といってもいい感じですね。
どうでしょ?


1 Web2.0とは何か(Web2.0の波
 Web2.0とXMLの関係 ほか)
2 Web2.0をとりまくテクノロジー(Web2.0的エンジニアリング
 Web2.0的サービスモデル)
3 Web2.0的サービス(iTMSで音楽配信ビジネスを変えたApple
 Web2.0の旗手Google ほか)
4 Web2.0近未来予測(Web2.0時代におけるユーザー
 インターネットとブロードキャスト(放送)の融合)
5 Web2.0ベンチャー最前線レポート(Syndicateカンファレンスレポート
 Feed Business Syndicationの活動 ほか)


こういった解説の書籍自体は、まだあまり出ていないようです。
ただWeb2.0のムックはありますし、雑誌の特集になっていたりもします。
いずれにしても、これからどんどんヒートアップしていくテーマであるのは、間違いないと思います。
ただ、まだまだ曖昧な部分が沢山ある...ということでしょうか?


*今日もポチッとね?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいですよ。
これからもこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2006年04月22日 22:34 | CM : 0 | TB : 0
今回はちょっと珍しく、ビジネス書を紹介してみます。
自分の担当ジャンルなのに、ほとんど載せたことがなかったものなー。

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

吉田 典生

ここ最近、うちの店でも続けて売れているこの本。
リーダー向けの、コーチングの書籍と一緒に置いているのですね。
タイトルがいいです。ここに全て集約されてる気がします。

私もかつて、ものすごく有能で「できる人」の下で仕事をしたことがあります。
「できる人」っていうのは、スキがないんですよねニョロ
その人も、圧倒的な商品知識と、仕事のスピードを誇るような上司でした。
何かを聞いて答えられないという事がなかったし、何より頭の回転が速かった。

でも不思議なことに、そういう人の下にいると、何だか自分が頑張らなくてもいいや〜パクッって思っちゃうのです。
本の追加注文をしようと思っても、すでに発注されている。
難しい問い合わせを受けても、自分で調べるよりその人に聞いた方が早い。
その人に学ぼうという意欲が、楽をしても店は回る...という現実に負けてしまうんだな。

リーダーは、何か1つでも弱点を見せてくれた方がいい。
そうすれば、そこをみんなが補おうとします。
100点満点の上司より、80点くらいのリーダーの方が、チームとしてはうまくいく...っていうのは、多分そういうことです。
まぁ、これが60点くらいになってくると、”使えない上司”というレッテルを貼られてしまうわけですがーたらーっ

「能ある鷹は爪を隠す」ではないけど、わざとボケてるくらいでちょうどいいのかもね。
そういうさじ加減のできるリーダーこそが、本当に有能な管理者といえるのかもしれませんね。


*今日もポチッとね?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいですよ。
これからもこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2006年03月04日 17:58 | CM : 0 | TB : 0