蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
最近このブログがスポーツつながりになってますが。
この本、テレビでも取り上げられていたから知ってる方も多いかな?

アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争
アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争
バーバラ・スミット, 宮本 俊夫


ちょうどWCが始まった頃だったかな(その直前だったかもしれないけど)、この本が発売されたのは。
アディダスとプーマ、この押しも押されぬ2つの世界的ブランドが、元は2人の兄弟から生まれたなんて知りませんでした!ムニョムニョ

ドイツの田舎で、”ダスラー兄弟商会”というスポーツシューズの工房を作ったのが始まり。
でもその兄弟の確執によって、やがて兄の「プーマ」、弟の「アディダス」と、道が分かれてしまったのだそうです。

本の中では、ここに「ナイキ」なども絡まって、ブランドの生々しい歴史の物語が描かれています。
それと同時に、スポーツビジネス利権に関わる記述も読みどころ。

でももし、こんな世紀の兄弟ケンカがなかったら、あの2つのスポーツブランドは生まれてなかったかもしれないんですよねぇ?豚
そう考えると、神様って困ったイタズラをするもんだなぁ、と思いますね。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 実用・スポーツ・趣味 | 2006年07月17日 17:41 | CM : 0 | TB : 0
ドイツW杯への道 nakata.net
ドイツW杯への道 nakata.net

考えてみたら、目まぐるしく過ぎ去ったという印象です。
あっという間でしたよ。何がって、ワールドカップねサッカーボール

日本の予選リーグでの敗退に始まって、中田の引退、ジダンの頭突き...ホントに話題には事欠かない1ヶ月でした。

中田選手の引退については、私もちょっとビックリしました。
4年後を目指すだろうなんて、勝手に思っていたのでね。
でもW杯の前から、決めていたことだったそうですね。そう考えると、中田らしい引き際だったのかな〜、なんて思ったり。

昨日、彼の引退に関する特番を見ました。
私は中田のファンというわけではなかったので、彼に関することもほとんど知らなかったのですね。
でもあの番組を見ていて、本当にストイックな人なんだなぁ....と感じてしまった。
スポーツ選手に代表されるような、ある意味自分と戦わなくてはならない人は、絶対ストイックな部分って必要だと思うんです。
でもそれがあそこまで徹底されてしまうと、逆に不幸だったんじゃないかとさえ感じてしまう...。

さすがに世界を見てきただけあって、プロ意識は群を抜いていると思います。
発言の1つ1つが正論とも言えて、反論のしようがない。
頭もいいですね。そんなの素人頭にも分かっていたことだけど。
分析能力だって大したもの。試合をしながらも、全体を見て”走りながら考えている”んだろうなぁ(by,オシム監督)
本当に、日本にもこんなすごい選手がいたんだよ!って、再確認してしまいました。

だけど、指導者としては向いていない。
と、私は思います。


ブラジル戦が終わった後、中田はピッチに倒れ込みましたよね。
あの時、彼のそばに来た日本の選手は、宮本キャプテンだけだった。
私には、あれが何かを象徴しているように思えました。

「素の自分に戻りたい」と、彼は言っていました。
確かにここ数年、笑顔が少なかったものなぁ。昔のインタビューの方が、笑って答えてましたもん。
ぜひこれからの人生を、自分らしく過ごしてほしいと思います。
それにきっと何らかの形で、サッカーに関わる仕事をしてくれると思うので、それも楽しみですよね?
お疲れさまでした、世界のナカタHIDE!


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 実用・スポーツ・趣味 | 2006年07月16日 15:33 | CM : 4 | TB : 3
ジーコJAPAN、1次リーグ敗退ということになってしまいましたね。
ブラジル戦は、明け方からテレビにかじりついて観ていましたが、やはり王者は強かった...!

川渕キャプテンは辞任しないという意向だそうですね。
そして、後任監督との交渉に入っているとか。
夏を過ぎれば、また新たな試合も始まります。常に前進しなければいけないわけです。止まっている場合ではないんですよね。
そういう意味でも、勝負事というのは厳しいものなんだなぁと、感じざるを得ません。


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見えるオシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



どうなるか分からないけど、私はぜひ後任監督には、オシムさんになってほしいなぁと思ってます。

日本のW杯は終わってしまったけど、まだまだ世界はこれからが本番です!
当分、寝不足の日々が続きそうですたらーっ



*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 実用・スポーツ・趣味 | 2006年06月24日 20:56 | CM : 2 | TB : 0
蒸し暑くなってきましたよねー。夏ですよねー汗
夏になると、辛いものが食べたくなるじゃないですか。
辛いものといったら、まずカレーじゃないですか。

出版社も狙ってるんでしょうね。
夏が近付くと、こういった料理本を重版してくるのです。
表紙見ているだけで、仕事する気は失せますな。どうだ、これ!

東京カリ~番長のザ★カレー
東京カリ~番長のザ★カレー
みずの じんすけ

「東京カリ〜番長」というのは、出張料理ユニットなんですよね。
規模を問わず、オリジナル料理を提供してくれるんですよ(...って、私お願いしたことないですが)
著者の水野仁輔さんは、その調理主任さんです。
(ちなみに7月には、新刊が発売される予定です♪)

横濱カレーミュージアムに行かれた方、いらっしゃるでしょうか?
私はあそこ大好きなんですが、水野さんはそこにも関わっていらっしゃるようですねイヒヒ

私自身はどっちかっていうと、日本のトロッとしたカレーよりも、インドやタイのさらっとした、スープのようなカレーの方が好みなんです。
1人で暮らしていたときは、よくグリーンカレーを作りました。

この本は、そんな時に出会った1冊なんです。
春夏秋冬、それぞれの季節に合うカレーのレシピが、全46種類載っています!すごいよ!

読んでて思ったのは、「こういうのがカレー」っていう概念を取っ払っちゃうと、ほんとに色々とアレンジできるんだなってこと。
例えば、”ヤリイカのカレー”ってレシピがあるんですよ。
見た目はイカ墨で真っ黒あせあせ でも、こういうのも有りかも...と思える。


変な表現だけど、ストレスフリーなカレー?


ちなみに自分でも、実際にいくつか作ってみました!
そりゃ失敗もしましたけどーニョロ
私の経験から、ご忠告申し上げたいのは


ちゃんとレシピ通りに作ること。


当然だろうよ...。
ちゃんと計算されたレシピなんだから。
でも美味しいですハート 普通のカレーに飽きてしまった人にはいいと思います。

未知なるカレーを体験してみたい方!
ぜひともこの夏に、チャレ〜ンジパンチ してみてね!


*色々な書評があって楽しいですよんdown*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 実用・スポーツ・趣味 | 2006年06月17日 00:57 | CM : 2 | TB : 0
怒涛のオーストラリア戦から2日経ちましたが、今だ興奮が冷めず...撃沈
新聞では色々と叩かれ、サッカー協会には抗議の電話が殺到とか。
でも残り9分で3失点...ここに日本のモロさが出てしまったような気もします。
試合なのでもちろん勝たなきゃいけないわけですが、それ以前に、負けたとしてもはずかしくない試合をしてほしいなと思います。
それだけの練習も経験も積んできていると思うのでプシュー 次、18日のクロアチア戦に向けて、頼むよジーコ!!

ジーコ セレソンに自由を
ジーコ セレソンに自由を
増島 みどり

今日は5月に出たジーコの本を紹介します。
”セレソン”とは、ポルトガル語(ブラジル語)で「代表」を意味する言葉。ブラジル代表の通称なんだそうですね。
でもこの本に書かれているのは、もちろん日本代表との1200日。そしてジーコのサッカーに対する哲学そのものです。

ジーコは選手たちに、とても自由にサッカーをやらせたと聞いています。
押し付けではなくて、1人1人が自ら考えるサッカーでなければいけないと、この本にも書かれています。

これは私の勝手な想像ですが、ジーコってベンチから指示を出すようなやり方は、本当は苦手なんじゃないでしょうか?
どっちかっていうと、自らもピッチへ飛び出していくような、プレイング・マネージャーのような気がします。

これはスポーツの本ではあるのですが、ビジネスの現場でも十分通用する、リーダーシップの本でもあります。
お互いを信頼し合うということは、チームプレイをする上では、1番大切なことなのかもしれませんね。

そんなジーコ率いるサムライ軍団!底力を見せてほしいものです!
がんばれ、ニッポン!青い旗



*色々な書評があって楽しいですよんdown*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 実用・スポーツ・趣味 | 2006年06月14日 23:25 | CM : 4 | TB : 0
いよいよ始まりましたねー、サッカーワールドカップサッカーボール
私もサッカー見るのは大好きなので、これから寝不足の日々が続きそうです。がんばれ、自分!
気分をさらに盛り上げるために、今回はこの方に登場していただきましょうか。

ロナウジーニョ The Smiling Champion
ロナウジーニョ The Smiling Champion
ルーカ・カイオーリ, 堤 康徳

ブラジル代表のロナウジーニョ選手。
今月に入ってすぐ、発売された本です。
日本での翻訳出版権を6社で争って、それを手に入れたのはゴマブックス。初版8万部で発売だそうですよ。
ロナウジーニョ選手、活躍が楽しみですね。
でもまぁ、ブラジルはともかく、日本に頑張ってもらわないとね!プシュー

WC前は、やはりサッカー関連の新刊も多かったです。
テレビ雑誌が特集を組んでくるのは当然としても、他の雑誌でも無理矢理ドイツ特集を持ってくるところに、何か複雑なものを感じます。
ちなみに、こんな本も今出てますよ!

2006 ドイツワールドカップ体感マガジン2006 ドイツワールドカップ体感マガジン
日本経済新聞社 安藤 正純

ドイツへ行こう!―2006ワールドカップ観戦ハンドブック 2006FIFAワールドカップドイツ大会公式ガイドブック 二宮清純完全監修 最強のワールドカップ観戦ノート ワールドカップコンプリートガイド―2006ドイツ DREAM ELEVEN Vol.1 (JANUARY 20 (1)

by G-Tools


「ドイツワールドカップ体感マガジン」はガイドブックとしていいと思います。
これらをを片手に感染...いや観戦してください!
ではみなさま、サッカーでエキサイトな夏を!!おてんき


*色々な書評があって楽しいですよんdown*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 実用・スポーツ・趣味 | 2006年06月10日 21:44 | CM : 4 | TB : 1
おとぎ話の雑貨たち―小さくロマンチックな暮らし
おとぎ話の雑貨たち―小さくロマンチックな暮らし

これは完全に女性向けなので、男性の方々には申し訳ありませんたらーっ
この本(というか、ムックかな)は、割りと最近発売だったと思うのですが。
アリスや小公女などなど、お話の主人公をイメージした雑貨を、ちゃんとキャラクターに合わせて選んでいるのがいいと思いました。
昔読んだそれぞれの本のエピソードを、思わず思い出しますね〜おはな



*今日もポチッとね?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいですよ。
これからもこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 実用・スポーツ・趣味 | 2006年03月06日 21:32 | CM : 0 | TB : 0