蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
『今日の芸術は、
 うまくあってはならない。
 きれいであってはならない。
 ここちよくあってはならない。』

    (岡本太郎「今日の芸術」より)

ちょっと前まで、岡本太郎の本ばかり読んでいました。

今日の芸術
日本の伝統
自分の中に毒を持て

...と読んでみて、私が1番ガツン!ときたのがこれ。
岡本太郎って、芸術家の中でもすごく突き抜けちゃった人だと思うのですが
そんな人の書いた芸術論って面白い...。
理屈じゃないですね。ホントに面白い。

この本が書かれたのは1950年代だから、
あの当時と比べて現在の芸術、アートはかなり変わってきているし
方向性も違うでしょうね。
でもそんな今であっても、ものを創造する産みの苦しみは同じはずだし
その精神性や葛藤からは、芸術家だったら逃れられないのも同じ。
そういう意味で、今読んでも色あせてない、
いや、それどころか鮮烈すぎるくらい。眩しい〜ぴかぴか

自分に妥協することなく、
芸術というものに真っ向から体当たりした人。
激しい人生、激しい思想だと思います。
この人の講演を1度、聞いてみたかったなぁ...。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2007年10月08日 18:37 | CM : 0 | TB : 0
Be Happy 岩合光昭Be Happy 岩合光昭
岩合 光昭

TOKYO FM出版 2006-12
売り上げランキング : 31611
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ぴかぴか可愛いいぃ!!ぴかぴか

もうもう、この表紙だけで、この本を薦めるのに充分だと思うのですが。
いかが?
これって、野性のリスが花びらを食べているんです。
でもお花にキスしてるみたいだよねー、可愛いよねーラブ

ただ、花びらにも旬の時期があるらしく、
いつもこんな光景が見られるわけじゃないそうですよ。
まさにナイスショット! 岩合さんスバラシイ拍手

写真集って相性だと思います。
パッと見て、自分の琴線に触れるものがあったら、即買いです。
1枚の写真のために手に入れる、それが写真集の醍醐味です。
その1枚の写真の前には、どんな感想も批評も無意味です。

そういうわけで、もう1度見ちゃって!!


Be Happy 岩合光昭


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2007年06月18日 17:19 | CM : 0 | TB : 0
しばらくこのブログをお休みしてしまいましたムニョムニョ
根が怠け者の私だから、ちょっとでも気が緩むとダメですねぇ...。
でもこれから、また少しずつですが更新していきたいと思うので、
よろしくお願いします〜。特にお友達のみなさまラブ


音楽を「考える」音楽を「考える」
茂木 健一郎 江村 哲二

筑摩書房 2007-05
売り上げランキング : 591
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


更新をサボっている間も、ちょこちょこ本は読んでおりまして
その中で今回はこの新書を取りあげてみたいと思います。

ずっとピアノを勉強してきた1人として、私は音楽っていうのは
「考える」というよりも
「感じる」学問だと思ってきたのです。
でもこの本の中で提示されている、色んな切り口から音楽を眺めてみると
そうか、そんな考え方もあるか...と素直に思っちゃったりして汗

”音楽”っていう狭い世界で小さくなっていると、見えてないものって結構あるかな。
茂木さんの脳科学のフィルターを通して見ることで、それに気付かされる。
数学だとか建築だとか思想だとか、全てのことって音楽に通じているし
そういうことを知ることが、イコール考える...ってことなのかもね。

おこがましいけれど、私も全然違う業界で仕事をしてきたことで
初めて音楽を俯瞰して見ることができた...と思ってるのです。
そういう意味で、この本にはちょっと考えさせられたかな。

ところで著者の1人である、江村哲二さん。
つい最近、亡くなられたんですね....。
この本の第2弾も考えられていたそうで。読みたかったなぁ...。

ご冥福をお祈りします....。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2007年06月17日 16:44 | CM : 0 | TB : 0
面白い本が出てしまいました。
2大マエストロを巡る、どろっどろのヒューマンドラマ。
プライドを守る駆け引きか、はたまたエゴのぶつかり合いか。
これで1本映画が作れちゃうんじゃないか?っていうくらい
この世は波乱に満ちていますねぇどんっ

プロローグにも書いてあるのですが、この本は音楽評論ではありません。
2人の巨匠を中心とした指揮者や、ナチスや、ベルリン・フィルや、
それらを巡る人々の物語です。

ナチスが台頭し、やがて崩壊し、そんな時代に翻弄されて
思うような演奏活動ができなかった音楽家がたくさんいたんですよね。
でもベルリン・フィルというのは、やっぱり世界最高峰のオーケストラ。
その音楽監督の座を巡って、戦中戦後、ものすごい権力闘争が展開されるわけです。

フルトヴェングラーという人は、本当に「芸術家」。
人の機微にも疎く、エゴイストで、
自分の仕掛けた策略で墓穴を掘るような人なんですねぇパクッ

対するカラヤンは「ビジネスマン」。
これは音楽をやる人間にとっては、決して誉め言葉ではないですが
彼はそのビジネスのおかげで、得るものはたくさんあったと思うんです。

音楽家って、良く言えば純粋なのかもしれないけど
私みたいな凡人には、ここで何でそういう行動をするかなぁニョロ みたいな部分が
結構あったりして、思わず笑っちゃったりしたんです。
ヒトラーの時代だし、みんな生きるか死ぬかで必死なのは分かるんですよ。
それでもやっぱり、マエストロとしてのプライドやエゴだけが、空回りしてるような...。
いや、いいのか。芸術家だから、それで。

とにかく、面白かったです。
クラシックなんて興味ないし〜、と思っている人に特にお薦めしたい。
ここまで闘争心丸出しで、「ベルリン・フィル、GET〜〜!!どんっ
とやられると、かえって清々しい気分です。

まったく、真実は小説より奇なり困惑


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2007年02月25日 18:09 | CM : 0 | TB : 0
昨夜テレビを見ていたら、1人のカメラマンの仕事が放映されていました。
時々メディアでも取り上げられている方なのです。
ちょっと面白い写真を撮るんだよね〜。被写体は、昆虫たちですよつばのクローバー

栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然
栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然

栗林 慧

小さくて申し訳ないけど、表紙を見てみててれちゃう
バッタが海を見てるんですよ!
相手は昆虫なんだけど、写真の中に物語性があるでしょう?
これって虫を人間に置きかえたら、ちょっとしたグラビアじゃないですか?

このカメラマンの栗林慧さんは、子供向けの昆虫の本(というか、図鑑というか)も色々出されています。
そのどれもが、視点のユニークな写真ばかり。とっても面白い!
びっくりするくらい昆虫が大きく撮られているんですが、これって

虫の目線

なんだそうです。

でもその”目線”を捕らえるためには、従来のカメラでは撮影できないらしいのです。
そこで、自分で特別なレンズを作っちゃったとか!(いや、昨日のテレビを見る限りでは、きっと現在進行形だな。今も作り続けているに違いないよ)

この人の写真を見ていると、だんだん虫に対するイメージが変わってきます。
親近感が湧くというか、「お前、可愛いな揺れるハート」って思いますよ(笑)

ムシキングの人気もありますし、お子さんにはオススメしたいですね。
グラビアを見る気分で!昆虫たちの世界を覘いてみてください♪



*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2006年09月03日 11:29 | CM : 0 | TB : 0
20日の日経新聞の書評に、私が読もうと思って家にストックしている2冊が、偶然載りました。
ちょっと嬉しかったので、私的な件で恐縮ですがご紹介。
1冊目は表紙が好きではないこの本です。

4344011783芸術起業論
村上 隆
幻冬舎 2006-06
by G-Tools


ルイ・ヴィトンとのコラボレーションでも有名な村上隆さん。
彼の作る作品は結構刺激的で、実は私は苦手なのですがたらーっ 書いてあることは面白いです!
まだ半分くらいしか読んでないんだけど、

芸術家も商売人

というスタンスがとても現実的で、私はそこに魅力を感じて本を買ったのでした。


さて、もう1冊はこちら。
発売を首をながーーーーーーーーくして待っていた本王冠2

ピアソラ自身を語る
ピアソラ自身を語るナタリオ・ゴリン 斎藤 充正

河出書房新社 2006-07-11
売り上げランキング : 3999
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
東京のアストル・ピアソラ(ライヴ1984)
新婚旅行
タンゴ ピアソラ×ソラナス DVD-BOX
アストル・ピアソラ・ライブ・イン・トーキョー1982 ↑オススメ!
ブエノスアイレスの夏〜ピアソラ・レア・トラックス


すみません、まだ読んでないんですよ。
でもでも私の大好きなピアソラの本なのですラブ
ちなみに今日、レジで1冊売りました!買ってくれたお兄さん、ありがとう!

本当に私的な記事ですみませんでした汗


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2006年08月22日 21:58 | CM : 0 | TB : 0
随分と更新の間隔が空いてしまいました。ごめんなさいギザギザ汗
お盆も終わりましたが、夏休みを取られた方は、どんな休日を過ごされましたでしょうか?
ちなみに私は、ずっと仕事をしてたのですけどね〜困惑



幸せな動物園
はまの ゆか, 若木 信吾, 旭川市旭山動物園
ブルース・インターアクションズ編集部

夏休みに動物園や水族館に行った人も多いと思うのですが。
以前からメディアで度々取り上げられている”旭山動物園”の本が、いつの間にやらた〜くさん出ていたんですねぇペンギン

私はまだここには行ってなくて、もう今すぐにでも遊びに行きたいくらいなのです。行きたいよ〜、行きたいよ〜ジョギング
知り合いが向こうで撮ってきた写真を、うらやましく眺めてしまったさ...。

動物園は、場所によっては赤字経営のところもあったりして、状況は昔に比べると中々難しいんだそうですね。
今はどんな会社も発想がものを言う時代なんでしょう。
以前と同じことをやっていても成長はない。
積極的な営業や、大胆で斬新なアイデアが必要になってくる中で、旭山動物園が1つのロールモデルとして注目されたのも、当然だったかもしれませんね。

まぁ、経営の話はおいとくとして、動物たちの素の姿には癒されるものですぴかぴか
夏ですし、暑いですしあせあせ
写真集でちょっと気持ちを涼やかにしてもらって、また明日の仕事をがんばってください〜(自分もな!)

本はまだこんなにありますから!down

旭山動物園写真集 (DVD-VIDEO(1枚)付)
旭山動物園写真集 (DVD-VIDEO(1枚)付)藤代 冥砂 朝日出版社
2005-07
売り上げランキング : 25489
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
旭山動物園のすべて~動物たちの鼓動が聞こえる 体験!旭山動物園 旭山動物園の奇跡 旭山動物園のつくり方―「伝えるのは命」最北の動物園からのメッセージ いますぐ行きたい!あさひやま動物園ガイドブック


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2006年08月20日 16:24 | CM : 0 | TB : 0
大学に行っていたときに、「日本音楽史」という講義をとっていました(というか、取らざるを得なかったというか)。
日本古来からある、伝統文化を学ぶ授業でした。でもこれが意外ととっつきにくい汗
能や狂言、浄瑠璃、歌舞伎...。
私は今でこそ好きで歌舞伎を観に行ったりしますが、あの当時は何がなんだか分からなかったですね。
興味はあるんだけど、頭がついていかないのね。

そして中でも、最も理解しづらかったのが”雅楽”。
私にとっては「眠くなる音楽」くらいの認識しかなかったのです。
でもそんな私が楽しく読めた本です。


雅楽―僕の好奇心
東儀 秀樹

いやぁー、面白かった!!

もともと興味のある分野だから、分かりやすく解説してもらえればなるほどぉ〜と思うのですよね。
雅楽の歴史から、楽器の詳しい説明、楽曲の説明、そして東儀さんご自身のこと。文章が読みやすく、サクサクと読めました。

雅楽というのは世界最古の音楽なんだそうです。
そして千年以上の時を経た今でも、形も音も変わることなく伝わっているのだそうです。ううむ、それはすごいね。
とっつきにくい〜と思っていたものが、だんだん親近感が湧くようになりました。授業受けるよりも、こういう本を読んだ方が楽しいよね。

カラーの口絵もいいです!
衣装が美しい〜ぴかぴか
”聞く”と”見る”が一体となって楽しめるのも、雅楽の醍醐味かもしれません。



最後に雅楽に関係ないことを1つだけ。
本書の中に、ジョン・ケイジの「4分33秒」という曲のことが書いてあったんです。
ピアノの前に座って何も弾かず、「4分33秒」経ったらステージを去っていく。その直後のお客さんのざわめきを”音楽”とした曲のこと。

前衛音楽なので理解できない部分もあるんですが、私はこのエピソードを聞いたときは面白いと思ったものです。
でも東儀さんは、本の中で「あきれてしまった」と書いておられました。
そして東儀さんの音楽に対するスタンスを、本の中で読む限り、それもそうかもと思いました。
ちょっとそれが心に残ったので、関係ないけど書いてみました。オワリ。



*色々な書評があって楽しいですよdown*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2006年05月29日 00:50 | CM : 0 | TB : 1