蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
書店で働いているせいか、毎日毎日、読みたい本が増えていきます。
その場ですぐにストックすることもあるのですが、
そう簡単に買える本ばかりでもないし、かといって放置しておくと
何の本だったか忘れちゃったり...。

マメに手帳に書くようにはしていたのですが
どこに何を書いたか分からなくなって、あまり機能的じゃない。
そんなときに、「メディアマーカー」というツールがあることを知って
それ以来、便利に使うようになりました。

これは、無料の会員登録をすると、自分の本のバインダーが作れるんです。
そこに読んだ本や、買いたい本などをどんどん登録していくのですが
私が便利だと思っている機能は、次の2つ。


。浦の本に複数のタグが付けられる。
これによってジャンルが細分化できて、検索がしやすいのです。

■吋月ごとの読了数がデータとして分かる。
月に何冊読もう!って決めている人には便利だと思います。
読書のモチベーションにもなりますし。



特に,覆里任垢、「読みたい本」みたいなタグを作っておくと
その本の一覧表ができるので、私はこれを定期的に更新していて、
プリントアウトしたものを、手帳に入れています。

私はPC上の管理はあまり得意ではないのですが
(だって仕事でもそこまで必要じゃないんだもの...)
これだけは珍しく、ずっと続いています。

本だけじゃなくて、CDやDVDなど色々な”メディア”も登録できるんですね。
そしてバインダーの一般公開も可能なので、
他のユーザーさんのバインダーを覘いてみるのもなかなか楽しいです♪
私は公開はしてないんですけど...(ひっそり自分だけで使ってるのだ)

どうかな。興味があったら、ぜひ見てみてくださいな!

→メディアマーカーはこちら!


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪


JUGEMテーマ:読書


By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2008年03月30日 14:21 | CM : 0 | TB : 0
人の本棚って面白い。と、思います。
先日、知人の家の本棚をたまたま見せてもらったのです。
そこには天井から床まで、本の像がそびえ立っておりました...。
ジャンルも、音楽関係(主にロック)と仏像(渋い...)と民俗学に集約されてて
本棚を見るとその人が分かるっていうけど、ほんまやね〜パクッ
と、ちょっと本棚にイタズラしてみたり(ごめんなさい)

ちなみに私は、今は本棚を持っていません。
引越しを機に処分したのですが、代わりに使っているのがカラーボックス。
これを横置きにすると、雑誌がきれいに入っていいのです!
ただ量を入れられないので、不要なものはどんどんブックオフ行きに。
その代わり、自分にとっての少数精鋭部隊が残るというわけで、
私にとってはとてもいいシステムなのです。

そんなわけで、私の本棚(もどき)ちょっとだけ公開!


カラーボックスの一部ですが。
1つの仕切りをワンテーマに絞って本を入れています。一応。


ちなみにここは、音楽とか芸術関係。
日本美術が、最近のマイブームなんですラブ


ビジネス書関係(違うのもあるけど...)
エッセンスを取り入れるのが目的のジャンルは、本としては残さないので
これくらいのスペースで私には十分のような気がします。

あと小説は家族で回した後、処分するか家族の本棚に入れてもらうか...
というわけで、自分の手元にはほとんど残らないです。

写真に写してみると、客観的に自分を見ているようで何かヘンな感じ...。
自分の本は、いま結構分散して置いているんですけど
知人のように天井まで届くような棚に、ガーーッと詰めるのも
気持ちいいかもなぁ....なんて思っている今日この頃。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

JUGEMテーマ:読書

By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2007年12月24日 12:40 | CM : 0 | TB : 0
第136回芥川賞は青山七恵さんに決定!

昨日、選考が行われていた芥川・直木各賞ですが
青山七恵さんの「ひとり日和」が芥川賞に決定しました。
直木賞は受賞作なし。 だそうです。

う〜ん、なしですか。
直近で受賞作がなかったのは2002年のようですが、
該当作がないと、書店員としては淋しい限りですね。
担当者は受賞に合わせて本の注文もかけているし、
今回は誰かな〜?って、意外と楽しみにしているものですから...[:がく〜:]

ともあれ、青山七恵さん、おめでとうおはな
(って、お前の知り合いかっての)
今後の作品にも、期待したいと思います。

*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪



By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2007年01月17日 12:16 | CM : 0 | TB : 0
世の中は、明日からが本格的な仕事始め...
という雰囲気の今日この頃。

私は今回の年末年始、のんびりまったりとしたお休みを頂いてしまいました。
世の中の書店員はみんな働いているのにねーひやひや
申し訳なさ半分、ホクホク感も半分。

でも実のところ私は、お正月に働くのってそんなに嫌ではないです。
元旦から働いて可哀想汗 とよく言われたものですが、
家にいても時間を持て余してしまうしな。
ただ1〜3日くらいまでは、飲食店はお休みのところも多いので、
お昼食べるのに苦労しますね...。
唯一営業していた某ファーストフード店に、従業員がみんな集まってたという
悲しい話もありますよ。

ともあれ、ちょっとエンジンをかけ直さないとダメかも。
ホントに、今回はダメダメかも。あ〜あ撃沈
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2007年01月08日 13:47 | CM : 0 | TB : 0
明けましておめでとうございます。

2007年です。
領収書を書くとき、気をつけないとダメですね。
毎年うっかりしそうになりますたらーっ

そういえば、今年からISBNコードが変わるんです。
これまでよりも桁数が増えるんですよね。
お客さんには特に影響はないんでしょうけど、書店側は細々とした部分でちょーっと面倒だったり....。
それ以前に、うちのレジは大丈夫なのかな。

ともあれ、今年もどうぞよろしくお願いします。
このブログも、細々とですが続けていきたいと思いますです。
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2007年01月01日 13:27 | CM : 0 | TB : 0
あっ!! という間に大晦日になってしまいました。
1年が終わろうとしています...早いですねぇ。

今年は後半から、あまりブログの更新もできなくて
反省反省の日々でございました。
来年になったら、気持ちも新たにまたしゃきっとやっていきたいと思います。

みなさま、良いお年を!
来年はいのししだよ〜ん♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年12月31日 16:51 | CM : 0 | TB : 0
わたしの名は「紅」
わたしの名は「紅」
オルハン パムク, Orhan Pamuk, 和久井 路子

12日に発表されたノーベル文学賞は、オルハン・パムク氏でした。
現代トルコの代表的な作家。
トルコ国内でタブー視されているアルメニア人大量殺害を認める発言で、国家侮辱罪で起訴されるなど、中々の注目人物のようです。

でもその作品はトルコ内外で多くの支持を得ています。
特に98年に発表した「わたしの名は紅(あか)」は、欧州各国の文学賞を受けて世界的ベストセラーになりました。
これはオスマン帝国末期の、細密画師を描いた歴史ミステリーです。
うちの店の棚にももちろんありますラッキー

有力視されていた村上春樹は残念でしたね〜。
まぁ、世の中そう上手くはいかないか。
ちょっとドキドキの、ノーベル文学賞だったけどね。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年10月14日 21:39 | CM : 0 | TB : 1
世界最高の文学賞である、ノーベル文学賞の発表が来週(多分)に控えている今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?
書かれた場所、人種、性別はまったく問わない、作品本位のこの賞ですが、村上春樹が有力候補に上がってますね!
でも徹底した秘密主義の文学賞ですので、実際は蓋を開けてみるまでは何ともいえないのですが...。

94年の大江健三郎氏に続くかなっ!?
はてさて。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年10月05日 08:18 | CM : 0 | TB : 0
「葉隠」 ではなく 「武士道」 です。
私が今読んでいる本は。
この間買ったのです〜るんるん
でもなぜに、ぶしどう??

私は自分の手帳の後ろに、読みたい本のリストを作っています。
外国文学や翻訳物が好きなので、そっち系ばかりなのですが、なぜか2つほどコテコテの日本の本が....。

1つはこの「武士道」。

そしてもう1つは


「五輪書」   ...マァ、ステキ。


なので、武士道が終わったら、次は武蔵です!


...前フリが長くてごめんなさい。
私が何で今、新渡戸稲造さんを読もうと思ったのかというと、真面目な理由があります。

By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年08月29日 17:59 | CM : 0 | TB : 0
どこぞの本のことではないですよ。
私の、今日のテーマ。

本日、バイトさんを軽く(多分…)叱ってしまいました。
自分で言うのも何ですが、私は仕事関係で滅多に怒ったりしません。
人に教えることは結構多いですが、我慢強い方だと自分で思います。

でも今日は、私の中で何かが弾け飛びました…。
叱ってしまったのは、バイト歴3年のベテランさん。
にもかかわらず、探せて当たり前の本を今だに探せないということに、私は愕然としてしまったのです。

これが入って3ヵ月というなら、私もまだ心の余裕があったのですが、今いる中で1番の古株というのはイタカッタ…。

ただ、みんな忙しいことを言い訳に、新人であっても半ば放置してしまう現状もあるのです。
だからもっときちんと教え込むような体制を考えないと、根本的な解決にはならないんですよね。
みんながみんな、1教えて10知ってくれるわけではないですし。

それに、やはり誰かを叱るというのは、決して気持ちのいいものではありませんしね…。

ということで、ただいま某ドーナツ屋にて、1人反省会の最中でした。
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年08月01日 21:20 | CM : 0 | TB : 0