蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
ミシュランに振り回された1週間でした....

ご存知の通り、22日に「ミシュランガイド・東京」が発売されました。
アジア初!ということで、何ヶ月も前から問い合わせが来てたりして
私たちの業界でもてんやわんやだったのですが...

即日、完売いたしました。
いや、正確には夕方には売り切れたのでした。

うちの店は小さいから、数百冊の入荷だったのですが
本店なんかは1千冊単位で入れてるんですよね。
でも当日中になくなるかも....という話だった。

このミシュラン、22日発売とはなっているものの、
実際には、1〜2日くらい前には書店に届いているんです。
で、それをいつ店頭に並べるかで、売り場は振り回されまして。

一応、協定品なので、22日にならないと売ってはいけないのです。
ところがだ。
来たものは出せばいいとか
いや、来年の配本がなくなるからひっこめろとか
何時以降は売ってもOKだとか....

もう、どうしろっちゅうねん!!(怒)むかっどんっ

そんなようなやり取りが、22日前に各店や取次(問屋)の間をかけ巡り、
現場ではミシュランを出したり閉まったり出したり閉まったり....
何なんでしょう、この不毛な入れ替えは唖然
ミシュランの重みで、腕に益々よけいな筋肉がつきそうです...
(でも実はそんな重くないけど)

発売元側は、全国一斉発売をしたかったらしいんです。
歴史的な瞬間を楽しみましょうぴかぴか、みたいな文書を頂戴しましたし。
...ハリー・ポッターか?
まぁ、分かるけどね、気持ちは。アジア初だもんね。
でも私たち、ハリポタで結構疲れているんで、
歴史的瞬間を前倒ししたかったんです...(ごめんなさい)

それにしても、すごいよ、ミシュラン。
オープンする前から、あの本買うためにお客が待ってるんだもん。
中見ましたけど、ちょ〜っと星のキラキラした普通のガイドなんですけどねぇ。

そんなこんなで、長い1週間でした。とほほ。
でももう、売り切れだもんね。
次、いつ入るか分からないもんね。
(といいますか、重版してもらわないと困るんですけど)


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 本屋のしごと | 2007年11月23日 17:44 | CM : 0 | TB : 0
この業界の人たちは、結構知っているんじゃないかと思いますが
「書店員検定」なるものがあります。

>>書店員検定3級

私はちょっと不本意な結果に終わったので、
結果報告は今は避けたいのですが(汗)
中々、緊張感溢れる検定でございます。

オールマイティに商品を知っていなければ
答えられない設問が多いですね。
勉強の余地がありすぎかも。やばいかも。

ドイツでは、書店員というのは国家資格なんだそうですが
こういう試みを日本でもやってみたら?という記事を
どこかで読んだな....
とりあえず、会社のパソコンに取り込んで
みんなにやってもらおうかなぁ猫2


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪


By 瀬川未久 (せがわ みく) | 本屋のしごと | 2007年03月11日 11:59 | CM : 0 | TB : 0
書店にいると、出版者の方に本のタイトルや表紙について、よく意見を求められます。
何パターンもの表紙を見せてもらって、

「これはちょっとインパクトがないかも」とか
「このタイトルは長くてよく分からない」とか

なるべく率直な意見を言うようにしています。
特にビジネス書の場合は、ぶっちゃけ目立たなければダメ!というのもあったりします(それがいいか悪いかはおいておいて)。
だからどの出版社さんでも、表紙やタイトルに重点を置いているのはよく分かるんですね。

ところでさっき、興味深い記事を見つけました。ちょっと読んでみてほしい。
現役の編集者、Cafe Wienさんの「EDITOR NAVI 」というブログの記事です。
”本のタイトルを考えるために”

私はリアル書店員なので、正直ネット書店のことまで考えていませんでした。
でも確かに、検索してから本を買うという人が増えている中、検索にかかりやすいかどうかは大事なポイントですね。

ただどんなに検索にかかりやすくても、肝心のお客さまが正確なタイトルを覚えていないことも多いんですポロリ
だから書店員として、1つ勝手な注文をさせて頂くとすれば。

お客さまも本屋も、
ピンポイントで覚えられるような単語を入れてください。


ってことかな。
例えばすごく分かりやすい例でいうとね。

「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」

という、ビジネス書ではおなじみの本があります。
これ、タイトルだけでは何の書籍か分からないでしょうけどたらーっ 
実はれっきとした会計の本なんですけどね。

そして、この本が欲しい、
でもタイトルをよく覚えていない、
かといって何の本かもよく分かっていないお客様さまは、
大体こんな風に私たちに聞いてきます。

「最近売れてるベンツの本ある?」

これです!
この”ベンツ”という単語が大事なんです!!

そしてこういった単語が、本来のジャンル(この例の場合”会計”ね)から、かけ離れていればいるほど、私たちは記憶しやすいし探しやすいのです。

どこにでもあるような平凡なタイトルは、ビジネス書ではちょ〜っとツライかなぁ。記憶に埋もれてしまって。
もちろんジャンルにもよるんですけどね。
でもお客様が言ってこられるタイトルは、6割方間違ってます...困惑
だから書店員の商品知識のよりどころは、こういった単語だと私は思ってるんですよ。

結局タイトルに苦労しているのは、出版社さんも書店も、そしてお客さまも同じなんだなぁ〜、ってことでしょうか。
そんなタイトルの波に抗いながら、明日もまたがんばります!!プシュー


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 本屋のしごと | 2006年10月01日 18:27 | CM : 0 | TB : 0
本日、男性雑誌の入荷が多い日でございました。
昔に比べて売れなくなったとはいえ、雑誌の種類はものすごいですよ汗
しかもどんどん創刊されるから、なおさらですね(でも廃刊・休刊も結構ありますが)。
その中で、売れる雑誌というのは一握り。

でも、成功した例ももちろんあります。例えば。
”ちょい不良(ワル)オヤジ”という言葉まで生み出した雑誌。
そう、「LEON」です。
続きを読む >>
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 本屋のしごと | 2006年09月21日 22:05 | CM : 0 | TB : 0