蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
きつねのライネケ (岩波少年文庫 144)
きつねのライネケ (岩波少年文庫 144)
ゲーテ

至上最悪のきつねのおはなし。

その昔、「きつねの裁判」という本があったのです。
実は、子供だった私の愛読書。メチャメチャお気に入りだったんです。
その本を出していた出版社自体はもうなくて、
何でその本をとっておかなかったかな〜と、ずっと悔やんでいたんですよ。そしたら!
出してくれました〜、岩波少年文庫!
ありがとう、岩波少年文庫!

買ってきてその日の内に読んじゃったんですけど。
登場人物の名前とか、覚えてるもんですね〜。
狼のイーゼグリム。
たぬきのグリムバート。
うさぎのランペ。
何だか、幼なじみに十数年ぶりに会ったような感じでした。

この話は、もともとは中世ヨーロッパに伝わってきた動物叙事詩だったそうです。
それらをもとにして、ゲーテが1つのおはなしとして
「きつねのライネケ」を書いたのだそうです。
(ちなみに私が子供のときに読んだ本では、”ライネッケ”でした)

最初にも書いたように、このきつね、最悪です。極悪人です。
といいますか、犯罪者ですよ。情状酌量の余地なし!
だから森のみんなが彼を裁判にかけて、死刑にしたいと思っているんだけど
その度にうま〜く言いくるめて逃げてしまう。

最後まで読むと、唖然とするというか、何でこうなるの?って感じなんだけど
子供のときの私は、妙にそれに納得していた記憶があります。
そして今、再読してみて初めて、これは大人が読む童話なんだなと気付く。

ゲーテがこれを書いたのは、フランス革命が起こった年なのだそうです。
あの当時の世界情勢を、「きつねのライネケ」はうまく皮肉っていると思います。
ライオンの王様や、彼を取りまく狼やクマが何に例えられているのか、
ライネケの行動にどういった意味があるのか。
そんなことを考えながら読んでみると、極悪人のきつねが、社会の弱者にすら見えてくる。

子供のときは、そんな読み方は当然できないし、
ただお話として、素直に読んでいるだけです。
でも年月が経って、大人になったときに、何か教訓として見えてくるものがあるんです。
何てシビアなんでしょうか。童話っていうのは怖いなー、と思います。

それに、そんな違った側面を見つけられるようになったという事は
私も確実に歳をとったということなんですね....撃沈
やっぱり怖いなー、童話っていうのは....


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2007年07月26日 13:01 | CM : 0 | TB : 1
評価:
西原 理恵子
角川書店
Amazonランキング: 2220位
涙がちょちょぎれるうぅぅぅ〜〜〜泣き顔
(アホかい....)

いや、もうアホと思ってもらってもいい。
こんなこんな泣けてしまう西原理恵子って....
私、仕事の合間に立ち読みしてて(こらこら)、
不覚にも涙が出そうになってしまって本を閉じました。
そして後で、ちゃんと読み直したんですよ。それで正解よ。
1人でじっくりおうちで読むのがいいと思うよ、この本は。

もちろん西原理恵子だから、かっとんだ部分とかたくさんあって
アホじゃん、ぎゃははは!みたいなところもふんだんにあるんだけど(失礼あせあせ
でもそれだけじゃないですよね。
やっぱり、上手に泣かせるよね。

大人になるって、こういうことなんだなーって、しみじみしちゃう話。
そう、自分にもこんな時代がきっとあった。はず。多分。
夏休みにぴったりの本かもしれません。
おすすめ!かわいい


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2007年07月23日 21:42 | CM : 0 | TB : 0
暴れん坊本屋さん(3)
暴れん坊本屋さん(3)
久世 番子

みなさん。
今日は悲しいお知らせをしなくてはなりません....。
このブログでも、しつこいくらいに押し売り
紹介してきた、この「暴れん坊本屋さん」が、
ついに3巻をもって
完結してしまいました〜〜〜 泣き顔

思えば、元書店員の友人に
「読みなさい」
とメールをもらったのが、私とこの本との出会いでした....(かなり遠い目...)


本屋の仕事って、体力的にキツイよね...
紙に水分取られて手はかさかさ...切り傷だらけ...
腰痛の○○さん、コルセットしながらダンボール担いでた...
(治んないじゃん!)
新刊の追加、30冊頼んだのに5冊しか入らなかったの...(よくあります)
さっき返した本が、重版配本でまた20も入っちゃった...(よくあります)
雑誌の付録、本屋さんが付けてるってみんな知ってる?...
てゆーか、付録は綴じ込みにしてくれたら嬉しいな♪...



あ、すみません。ちょっと意識が飛んじゃいました...

暴れん坊本屋さんは、書店員の本音をズバズバッ!って吐き出してくれてたマンガで、それがとても爽快だったのです。
小売りの中でも、出版業界というのは特殊な世界だと言われていますよね。
そしてその特殊さゆえに、色々と現場では苦労していることもあるわけでね。
接客ネタも、もちろん泣き所満載なんですが、それプラス書店業特有の困った話に、ものすご〜く共感を覚えました。
あんな事もこんな事も、包み隠さず描かれていたのを読んで、同業者としてはもう笑うしかなかったのです。

私はこの本を、会社の休憩室に置いていて、皆に読ませていました猫2
半ば強制です。
内輪ウケといったらそれまでなんだけどね。
でも大好評ですよ!やっぱりバイブルだと思います、書店員の。

ありがとう、番子さん!
永遠なれ、暴れん坊本屋さん!!

....と言いたいところですが。
実は、「ウンポコ」でまた新しい連載を始めているんですよね?
そのタイトルも 「番 線」

ああもう。このネーミングのセンスったらないわ。
番線って...ばんせんって...たらーっ


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪


By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2006年12月24日 19:56 | CM : 0 | TB : 0
私はぶたが好きなんです! 豚

何も色文字使ってでっかくアピールすることもないような気もしますが。
私がぶた好きなのは、親しい友人の間では周知の事実でありまして、ぶたグッズを頂いたりして、恩恵に与っております。
持つべきものは、自分の好みを熟知してくれているトモダチです(....って、そんなことはどうでもいい)。

そんなぶたマニアの私が、自信を持ってオススメする 
ぶた絵本!!豚
オリビアの新刊!!ひゃっほ〜〜うムード

オリビア バンドをくむオリビア バンドをくむ
イアン ファルコナー Ian Falconer 谷川 俊太郎

あすなろ書房 2006-11
売り上げランキング : 19272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



オリビアを知らない人のために、説明しよう!
彼女は人をへとへとにするのが得意な、こぶたの女の子。推定6歳。
父さんと母さん、弟のイアンと住んでいます(犬のペリーとネコのエドウィンも)

新しいこと、珍しいことが大好き!何でも興味津々。
おまけに思い立ったら即実行!の行動派。
さて今回は、家族でピクニックに行くことになったのですが

それってバンドとどんな関係が....?


作者のイアン・ファルコナー氏は、イラストの仕事だけでなく、劇場やオペラハウスの舞台装置や衣装デザインなども手がけてらっしゃるそうです。
そのせいか「オリビア」は、絵本なんだけどスタイリッシュな雰囲気があるような気がして、第1作目から私はファンなんです。

ちなみにこんなに出ているんですよdown

オリビア
オリビアイアン ファルコナー Ian Falconer 谷川 俊太郎

あすなろ書房 2001-11
売り上げランキング : 64006

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Olivia Saves the Circus オリビア…ときえたにんぎょう オリビアかぞえる さかさまオリビア Olivia's Opposites (Olivia)


絵本だけでなく、ぬいぐるみを始めとするグッズの販売や、一時期大手百貨店のイメージキャラクターになったこともあり、知名度はグングン上昇。
自分が好きになったキャラクターが、こんなに人気者になってくれたことは、嬉しいような癪にさわるようなたらーっ ちょっと複雑な気持ちです。

みんなこのこぶたのように、元気になりたいキュートになりたいラブ
っていうことなんでしょうかね。
特に、若い世代の女性にとってはね。

そんなパワーあふれるこぶたちゃんには、これからもどんどん活躍してほしい限りです。
そのハチャメチャぶりに、乞うご期待チャペル


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2006年11月21日 12:59 | CM : 0 | TB : 0
のだめカンタービレ(1)
のだめカンタービレ(1)
二ノ宮 知子

思わず、昨日から始まったドラマを見てしまいました。

私はこのコミック読んだことがないのです。
でも実は昨日の仕事中に、お客様からの注文分の、1〜16巻が店に入ってきまして(うちはコミック置いてる店ではないものですから...)。
ちょーっとだけ拝借して(おいおい...)、1巻の最初だけ読んだんですけど(ごめんなさいごめんなさい...)

面白いですね!!

ちょっと欲しいかも。
うん、すごく欲しいかも。
買おうかな〜。今、検討中です。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2006年10月17日 08:33 | CM : 0 | TB : 2
昨夜、テレビ放映されていた「ハウルの動く城」。
ご覧になりましたか〜?

私は劇場には行かなかったので、かなり楽しみにしていたのです!....が。
う〜ん、ちょっと期待外れだったかなぁ?ピピピ

途中、中だるみしてしまったのと、話のつながりが何だかあいまいになってしまった感じがして。
千と千尋がすご〜く面白かったから、ちょっとその反動もあったかもしれません。きれいでていねいな作品作りは、さすがジブリ!だったのですが。
みなさんはどうでしたか?

魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
ダイアナ・ウィン ジョーンズ, Diana Wynne Jones, 西村 醇子


(それでも書籍の紹介はしてしまう私...)
原作はこちらの本です。
シリーズものの、第1弾なんです。

今はファンタジーブームで、次々と新しい本が出ていますね。
ダイアナ・ウィン・ジョーンズも、今の時代を代表するファンタジーの書き手。定評があり、ファンも多いと聞いています。

私はまだこの本を読んでいないのですが、映画が消化不良あせあせに終わった今、ぜひとも読んでみたいと思っています。
原作はもっと登場人物も多く、内容も濃いそうです。
映画でよく分からなかった部分も、本を読めば解消されるかな〜?

恋愛の要素を取り入れているというのも、この話のポイント。
ファンタジーであるのと同時に、ラブストーリーでもある。
そういった所も、もう少し映画に期待したかったな。
ジブリの映画は、大好きなんだけどね。

ちなみに”ハウルの動く城”第2弾は、「アブダラと空飛ぶ絨毯」です。
ここでは、ソフィーはハウルの奥さんになっているようですね〜。
いいなぁ。おめでとうパクッ (...って、何だかな)


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2006年07月22日 20:21 | CM : 3 | TB : 3
でっかい古代生物。
毎年これを見ると「夏になったなぁ...」と思います。

そう、暑くなると必ずこの手の本が出るし、あちこちで”大恐竜展”なんてのもやるんですよ。
だから毎年の恒例行事になってるけど。知ってましたか?
本・当・の・恐竜ブームは、数年に1回なんだそうです!びっくり

そして、私のトチ狂った勘に間違いがなければ!(もう、この時点でダメそうな気もするけど)
今年はその数年に1回の恐竜ブームです!!

恐竜vsほ乳類 1億5千万年の戦い
恐竜vsほ乳類 1億5千万年の戦い
NHK『恐竜vsほ乳類 1億5千万年の戦い』プロジェクト, 小林快次博士


今、NHKで放映されている番組の本がこちらです〜!
大きい本ですよ豚


本当の恐竜ブームが数年に1回って、確か出版社の人に聞いた気がするんですよねー。私がまだ児童書をやっていた頃にね。

感覚的なものでしかないから何とも言えないけど、恐竜の本も、夏になったら必ず売れるというものではないんです。
やっぱり波があるんです。
売れないときは、メディアでもイベントでも、そんなに「恐竜〜〜!プシューって感じじゃないのね。

でも今年は、私の肌が「恐竜〜〜!プシューって叫んでます(...ばか?)
全国の本屋のみなさん、真面目な話、どうですか?(特に児童書!)

ちなみに私は恐竜が結構好きですハート
今日もNHKの番組を見てしまいました。
だってあんなにでっかい生き物が、昔この地球にいたなんて〜汗
子供みたいだけど、わくわくしません?

NHKの番組では、CGを使ってよりリアルに恐竜の映像を見せていて、中々面白いです!
人間の足元に、恐竜の赤ちゃんがいたりするのです!
やっぱりこういうのは映像に限るよね〜猫2
今年は絶対、恐竜ブームだと思いますよ〜(しつこいって)


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2006年07月17日 22:48 | CM : 0 | TB : 0
実はようやく、完全版全3冊を手に入れましたイケテル
品切れだったらしく、探すのにちょっと手間取ってしまったのだ。

私は全体の2/3くらいまでしか読んでなかったので、ラストがどうなったか知らなかったんですよ。
アニメ見てるからいいかなーとも思ったんだけどね。
でも私の友達が、ラストに関してとても不吉なことを言っていたの...。
彼女曰く、テーブル(机でもちゃぶだいでも)ガッシャーーン!みたいな感じだったんだそうです。

そんなだから、怖いもの見たさで買いました。読みました。
そして私はというと。やっぱり

ちゃぶだいガッシャーーン!

みたいな心境です。キーーッ爆弾



獣王星 1 完全版 (1) 獣王星 2 完全版 (2) 獣王星 3 完全版(3)
 3巻は画像が出ない
 みたいです...ポロリ


以下、激しいネタバレ含みます。
最後まで読んでない方はご注意を!

By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2006年06月10日 16:25 | CM : 2 | TB : 0

発売されましたよ!
第2巻です。

きょうの猫村さん 2
きょうの猫村さん 2
ほし よりこ


ゆるゆるほんわか〜パクッって感じで、「癒される〜」って人が多いよねー、このマンガ(でも私は癒されなかった...)。

そんな猫村さん、売れてくれるのは嬉しいのですけど、今回はちょーっと大変でしたのあせあせ
というのは、通常の2巻とは別に、「きょうの猫村さん 湯けむりバージョン」というものが限定本として発売されたからなのです。

何が違うかというと、手ぬぐいと石鹸がついてるんですよ。
本は一緒なんですけどね。でも表紙が違うね。体洗ってる絵だったね。
いやそれはともかくー。どうせなら、その手ぬぐいと石鹸も寄こせー!!と思う人が多いのは当然でしょう。

こういう限定商品の場合、数に限りがあるので、大体各書店ごとに確保する部数が決められるんです。
本部で一括仕入れをして、各店にばらまくという感じでしょうか。
予約が入ったら、自分の店の持ち分から出していきます。そして万が一足りなくなったりしたら、チェーン店同士で調整したりします。
(書店によって微妙に違うかもしれないけど、大体そんな感じだと思うよ。)

でもね。
これがコミック専門店とか大型書店なら、当然ある程度の仕入れをするのでいいのです。予約分除いても、店頭分はちゃんと残るしね。
だけどホントに小さい本屋とか、普段コミックを置いていない書店なんかは、こういう限定品はかなりツライのです。

ちなみにこの湯けむりバージョンは買い切り商品だったので、注文しないと入ってきません。
だから予約分は発注するのですが、発売日の半月くらい前で、もう予約は受けない方がいいだろうという事になりました。
受けてもいいんだけど、確実に商品を確保できるか分からなかったからです。

無理に受けても、出版社の注文〆切は終わってるし、取次店(問屋さん)にかけあっても在庫があるわけない。
頼みは他店舗ですが、どこまで融通きかせてもらえるか分からない...。
こうなると、お断りするしかないのです唖然

「本屋のくせに何をぉぉ〜〜」と思うかもしれませんが、書店が商品を確保する内情は、意外と熾烈でシビアなものです。
今回、発売日の3日前に予約したいと来られた方がいらっしゃいました。


無理なんだよ〜〜〜ん泣き顔


それだったら、発売日にコミック専門店や大型書店に行った方がいいです!
ネットでもいいと思います(アマゾンは注文できるみたいですよ!)

でもとりあえず、無事に発売になりました揺れるハート
ちなみに湯けむりバージョンでない普通の2巻は、ちゃんと普通に販売してます。

猫が家政婦する時代だもんなぁ...。
大変な世の中ですよ。本屋もね猫



*色々な書評があって楽しいですよんdown*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2006年05月31日 23:07 | CM : 2 | TB : 0
追っかけレポート、その2。
私にしては珍しく、ちゃんと夜中にビデオをセットして観ているのです。
何の話かというと、獣王星ですよ。
以前こんな記事も書いたのですけど、毎週楽しみにしている深夜アニメだ!

今週から主人公トールの声を、堂本光一くんが演っているのです。
子供時代の高山みなみさんから、いきなり変わるわけでしょう?
正直どうかな〜という不安がなかったわけではない。でもね。

思ったより上手いじゃん!

というのが私の率直な感想だ。
声のイメージはともかくとして、演技は何とかなっているような気がします。
良かった〜、最後までがんばってください。

トールに一安心した今、せつないのはサードです...ぅぅぅポロリ

それにしても、完全版のコミックスを探し求めているのですけど、
ないのですよ....泣き顔
今日、出かけたついでに何件か本屋に行ったのですが。
2巻しかないんだよな。一気に3冊読みたいんだがな。

自分が本屋のくせに本が見つからないこのジレンマったらないわ。
こうなったらアマ○ンでラブ ←伏字の意味がありませんて。
(それより自分の店で買えば早いだろうに...)


*今日もポチッとね?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいですよ。
これからもこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ


By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2006年05月20日 20:59 | CM : 0 | TB : 0