蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
初めまして。ブックストア ギャラリーです。

こちらは以前私がやっていたブログのリニューアル版です。
色々と試行錯誤しながら運営(?)をしております。
更新が途絶えたりすることもあるのですが(...)、
新しい企画を考えながら、本の紹介をメインに記事にしています。

私がこのブログでやってみたかったことの1つは、
書店の現場では中々作れそうもない棚を企画してみること。
そこで、
「こんなテーマで本を選んだらこうなっちゃいました」
というページを作ってみました。

そこでは、沢山の本をいくつかのカテゴリーに分けてあります。
(サイドバーに項目一覧がありますので、そこで確認して頂けます)
これからも切り口の面白いカテゴリーを考えて、少しずつ増やしていく予定です。
いずれも私の独断と偏見と好みですので、そこはご了承ください(笑)
本だけでなく、CDやDVDのページも作れるようなので、そちらも追々考えています。

そしてもう1つ、日々の記事に盛り込みたいと思っているのが
書店の現場で起こっている事柄です。
私のつたない文章で、どこまで面白く読んでもらえるかは不安ですが...。
でも、結構面白い(というか変わった)業界なんですよ。
書店員がどんな仕事をしているのか、お客さんにはほとんど見えてないと思うので、
裏話的なものをちょっとずつ書けたらいいかな。

そしてもちろん、オススメ本の紹介などの記事もアップしていきます。
マメな更新が目標です...。

私が紹介した本の中に、1冊でもお気に入りが見つかれば嬉しいです。
当ブログはリンクフリー。コメントやTBもいつでも受けつけてます。
ではでは。どうぞよろしくお願いします♪


By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/regist.html?mode=edit&title=%83u%83b%83N%83X%83g%83A%2A%83M%83%83%83%89%83%8A%81%5B&address=http%3A%2F%2Fbookstore%2Dg%2Ejugem%2Ejp%2F


お問い合わせはコチラから
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/mail.html

from: みんなのプロフィール | 2005/08/25 7:45 AM

Comment form









トラックバックURL :