蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
本を選ぶときに書評を参考にする人は、結構多いと思うんですよね。
でもあれって意外とクセモノで、すごくいいことが書いてあっても全然面白くなかったり、あるいはその逆だったり。
書いている方個人の評なので、当然といえば当然です。
だから私の場合、あまり鵜呑みにしないで、良くなさそうでもフィーリングで選ぶようにしています。

今日紹介したいのは、数年前に「このミステリーがすごい!」で1位を取った本です(といっても、後でそれを知ったのですが...)。


4488254039荊[いばら]の城 上
サラ・ウォーターズ 中村 有希
東京創元社 2004-04-22

by G-Tools


「このミス」の評価が絶対というわけではもちろんありませんが、私はとても面白いと思いました。
スリを生業にしている少女が、知り合いの詐欺師の頼みで、とある屋敷のお嬢さんをたぶらかすために、メイドとして潜り込みます。
作戦はうまく進んでいるかのように見えたのですが、実は....

この主人公2人の少女の対比と、19世紀のイギリスの社会事情がよく書かれています。
読み手を引っぱって引っぱって、最後にひっくり返すような手法は、何だか
貫井徳郎を思い出させる(でも書いていることは、全然違うんですけどね)

ただ、翻訳物はまどろっこしくてダメ〜!という人にはお薦めできません。
情景描写や心理描写が細かく描かれているので、まずそこで嫌になっちゃうのではないかと思います。
話も全体が見えてくるまで、結構込み入ってます。
からんだ糸が、徐々にほどけていくような創りなので、それに我慢ができないと読んでてちょっと辛いかも。

内容が、とにかく濃いんだと思うんですよね。
私は面白くて一気に上・下巻読んだのですが、読み終わったとき「あ〜、完走したなぁ」って感じでした。息切れですプシュー
でも読んでいる内に、何が本当で何が嘘なのか、よく分からなくなってきてしまって、やめられなかったのです。

私は翻訳物は大好きだし、横文字も全然苦にならないので楽しめたのですが、万人受けするような本ではないかな。
紹介しておいて何だけど。
でも真夏おてんきに読むアツ〜イ本を探している人は、ぜひ読んでみてください。
自分の中では、久々のヒットでした♪


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年06月29日 00:21 | CM : 3 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
ん〜、書評は曲者ですね、たしかに・・・
わたくしは書評から探して読んでみて、なかなか良かったといえる本にめぐり合ったことがありません。

性格かもしれませんが(笑)。

だからやっぱし、未久さんと同じで直感的に選ぶことが多いです。←ゴメンナサイ

O型だから、なんかザックリ読んでしまうんで困ってます、われながら・・・
from: けんくま | 2006/06/29 2:37 AM
>けんくまさま
書評は正直難しいですよね〜。
結構失敗もしてるので、最後はやはり
自分の野生のカンに頼ることにしてるのですvv
from: 瀬川未久 | 2006/07/03 12:35 AM
コメント欄に失礼致します。こうじょうコム管理人のみつです(^^)。

リンク登録が完了しましたので報告致します。
間違い・訂正等がありましたらご連絡ください。
ブログ紹介に力を入れて運営していきますので、今後のブログ生活のプラスαとして是非ご活用ください。
また、新しい分野・世界に興味を持つきっかけにして頂けると嬉しいです。
何かありましたら気軽に連絡してくださいね(^^)。
リンクして頂きどうもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します(^^)。

こうじょうコム
http://kojo-com.main.jp/
from: みつ | 2006/07/10 7:33 AM

Comment form









トラックバックURL :