蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
夏になると、旅行に行きたくなるのは私だけでしょうか?
どうせなら海外に行きたいぴかぴか でもそんなに長く会社を休むのは容易ではありません。
そこで今回は、比較的ラクに行けそうなアジアをチョイス。
そして旅のお楽しみ〜、観光はもちろん、リゾートでのエステもステキかもね。
だがしかーし!!やっぱり最大の目的は
食べることでしょうディナーバー

というわけで、今月は美味しそうな海外食ツアーにご招待します。
お楽しみください〜てれちゃう

*フライト手帳
(キャサリン/ソニー・マガジンズ)
4789729052
まずは旅の計画から。
コンパクトで携帯しやすいフライト手帳ですよ。
一言トラベル英会話でしっかり勉強し、観光ガイドで行き先もチェック!
書き込み式の計画シートでスケジュールを調整。
そしてその日の終わりには、1日1Pダイアリーに旅の記録をつけましょう!
これであなたも完璧です!!ぴかぴか

*スーパーマーケットマニア アジア編
(森井 ユカ/講談社)
4062128993

海外に行って何が面白いって、向こうのコンビニやスーパーだと思います。
売っているものが日本と違うなんて当たり前なんだけど、それでもちょっとした食材や小物類に狂喜している自分が、冷静でなくてコワイ...ムニョムニョ
この本には、アジアのスーパーで見つけた雑貨が、きれいな写真になって紹介されています。
アジア雑貨って、日本でも簡単に手に入りますが、現地で気に入ったものを見つける楽しみほど、他に勝るものはない気もしますねかわいい


*タイの屋台ゴハン
(北原俊寛, 鈴木博子/PIE BOOKS)
4894444429

今回の特集のオススメな1冊です。
まず、表紙がいいですよ。手触りがわーい 地味目の緑もいい。
タイの屋台ゴハンが沢山紹介されているのですが、見ているうちに作りたくなってきます。
レシピがとても分かりやすいと思う。写真の雰囲気もいい。
タイ料理は好みもあるかもしれませんが、エッセイとしても楽しめますよつばのクローバー



*バリ島極楽チャンプル
(田尾 たんぼ/ソニー・マガジンズ)
478972591X

著者がバリに在住していることもあって、中々ディープで面白い現地の情報が載っていると思います。
観光名所は網羅しているようなので、初心者にもいいんじゃないかな?
読んでいて、このお店に行ってみたいなー、と思わせてくれるような記事が、いくつもありました。
さすがに、著者が編集者というだけのことはあると思います。


*ベトナムぐるぐる。
(k.m.p./角川書店)
404372702X

体当たり!ベトナム旅行記。
どんな国もきれいな場所ばかりではないし、嫌な思いも辛い経験もしたりするものです。
そういった生のベトナムを、可愛いイラストつきで綴った本です。
ガイドブックではないですね。ガイドにするにはディープすぎるたらーっ
あと字がちょーっと細かいので、読んでて疲れてしまうかもしれない汗
読んだあとに、「ベトナムに行ってみたい!」と思うか、「アジアはもうイヤ...」と思うか。さて、あなたはどっちだ?


*香港無印美食―庶民のマル味ワンダーランド 茶餐庁へようこそ!
(龍 陽一/TOKIMEKIパブリッシング)
4048945475

「香港はグルメな街ではない」

これがこの本のテーマだと思います。
タイトルにもある”茶餐庁(チャーチャンテン)”とは、「食堂」のこと。
香港の人たちが、普段食べているメニューに焦点を当てています。
日本人にとっては、香港というと「美食」と「ショッピング」というイメージになるんですが、ここにはそういった欠片もありません。
ディープでチープ。でもこれが、この国の真実の断片なんでしょうね。
つくづく食っていうのは、お国柄をを映す鏡なんだなぁと、思わずにいられないです。



*台湾カフェ漫遊
(アイビー チェン,泉美咲月/情報センター出版局)
4795830339

女性向けの本だと思うのですが、カフェ好きの私としては気に入っている本なので選びました。
いくつかのエリアに分けて、台湾の隠れ家的カフェが、きれいな写真と一緒に紹介されています。
通常のガイドにあまり載っていないような、地元の人々御用達...みたいな感じなので、きっとリピーターの方にはいいんじゃないかなぁと思うのですが。
私は台湾にはいい思い出がないんですが、こういうカフェにでも出会っていれば、また印象が変わったかもしれないなぁ...なんて(遠い目[:ふぅ〜ん:])



*ソウルの食べ方・歩き方―路地裏安食堂探検ガイド
(中山茂大/山と溪谷社)
4635280594

表紙がすごくないですか? 
一面の赤、赤、キムチの赤!
でもこれが、韓国そのもの。韓国の象徴ですよね〜わーい
この本も、正統派のグルメガイドではありません。ソウルの路地裏ラビリンスをさ迷いながら(?)、安食堂を片っ端から食べ歩いた記録なんだそうです。
こういった食堂に入るのって、勇気もいるし言葉も分からないし、結構尻込みしますよね。
でも著者のオススメのメニューには、名前や値段が載っているので便利です。手書きのページが、またいい雰囲気の本です。


食べる指さし会話帳〈5〉中国(北京&上海料理)<br>―ここ以外のどこかへ!*食べる指さし会話帳〈5〉中国(北京&上海料理)―ここ以外のどこかへ!
(広岡今日子/情報センター出版局)

旅の指さし会話帳〈37〉上海―ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳〈4〉中国(中国語) ビジネス指さし会話帳 (1) 中国語 旅の指さし会話帳〈33〉JAPAN(中国語(北京語)版)―ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳〈45〉北京(中国語・北京語)
by G-Tools

締めくくりは、指さし会話帳シリーズです。
地図・ガイドのコーナーに必ず置いてある、トラベル会話の本です。
手書き文字とイラストで書かれていて、旅の実用書にはもちろん、旅行に行かなくても、読んでるだけで楽しいですよるんるん
今は種類も増えていて、”旅の指さし”だけでなく、ビジネス・恋する・食べる〜など、用途に合わせて選べるようになりました。
国の数も結構ありますので、自分の好きな場所をチョイスして、集めてみるものいいかもしれませんラッキー



*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年07月02日 18:33 | CM : 2 | TB : 1
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
未久さん!ホントに行くんですか〜。
ウラヤマスィデスヨ!!
わたくし、絶対行けませんどす。
と言うか、休みがとれまへん・・・
本見てガマンいたしまする。
from: けんくま | 2006/07/02 9:22 PM
>けんくまさま
いやいや、行かんですよ...
休みとれませんもの。
私も本見て我慢してまするよ。
でもでも、温泉くらい行きたいねぇ!!
from: 瀬川未久 | 2006/07/03 12:33 AM

Comment form









トラックバックURL :
ネームカードを持ち歩く
&#63904;海外旅行をするとき、私はよくネームカードを持ち歩いてます。 &#63647;ツアーで旅行すると、たいていは同じツアーの日本人が一緒になります。そうして出会った方々に、渡せば、帰国後コンタクトをとって輪が広がったりします。 &#63647;そして、
海外ビーチリゾートで遊ぼう! | 2006/07/03 1:46 AM