蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
今回は夏ということもあって、本当は動物園馬&水族館ペンギン特集を予定してたのですがー。亀田くんの件もあったりしたので、急遽変更しまして、ぴかぴか格闘技祭りぴかぴかをお送りします。
その計画性のなさ故に、更新が遅れてしまい、申し訳ありませんでした!

ではみんな、用意はいいかー?ファイヤー!!パンチ


*タイガー・マスク (1) オンデマンド版 [コミック]
(梶原 一騎, 辻 なおき)
406409400X


桜庭和志選手が、自分のヒーローはタイガー・マスクだ!と言っていますよねー。
正義の味方、タイガー・マスク。
絶対負けない、タイガー・マスク。
昭和のヒーロー、タイガー・マスクです。





*K‐1 WORLD MAXコンプリートブック
4835615700

私はK−1は大好きなので、試合があると絶対見ます。
K−1に限らずですが、今や試合会場にも女性が増えてますね。すごいね〜かわいい
でも選手が沢山いるので、初心者の方にはこういう本は便利かもしれないと思いまして、チョイス。これで基礎はバッチリでしょう!




*エグいほど強いで!!
(亀田 興毅 )
4812426413

8/2の試合は、かなり物議をかもし出しています困惑
私も家で見てましたが、亀田くんの負けだと思いましたよ。あれはね。
ただスコアを見ると、本当に微妙な判定。難しいですね。
この試合を受けて、八百長だ何だと批判する人もいるようですが、私は彼の強さは本物だと思うんです。ただ経験が全然足りないよね。
大事なのは次以降。どういう建て直しをしてくるか、楽しみにしていまするんるん




*「神の子」―父が語る山本“KID”徳郁の半生
(山本 郁榮 )
4837670571

自分のことを「格闘の神様の子供」と言ったことから、”山本KID”の異名がついたこの人。
小柄な体に敏捷性のある動き。いつも面白い試合を見せてくれますよね。
次の北京オリンピックを狙って、今はレスリングに絞ってトレーニングをしているとか。ぜひともメダルを期待したいところです!



*須藤元気・幸福論
(須藤 元気)
4777051307

この本は意外と評判がいいです。
この人は兵法などの戦略論を、自分の試合に持ってきてしまうような、ちょっと面白い選手。相手によって、戦法をガラッと変えるわけです。
トリッキーな動きで相手を翻弄するのでも有名ですね。
思想や宗教の教えにハマってる...というよりは、自然に取り入れている所が、好感が持てるのかもしれない。
そんな部分が、この本では伝えられてる気がします。



*アンディ・フグの生涯
(谷川 貞治)
4331507440

本当の日本人よりも日本人らしい。礼儀と節度を重んじた、「サムライ」と呼ばれた人の35年の生涯。
今生きていたら、どんなパフォーマンスを見せてくれていたでしょうか?





*グレイシー一族の真実―すべては敬愛するエリオのために
(近藤 隆夫)
画像が出ないようなので残念です汗
グレイシー一族=ブラジリアン柔術。
色々調べていたら、いっぱい柔術の本を出していてびっくりしました...。恐るべし、グレイシー一族。
でももうちょい、試合でその威力を見せてほしいのですが...。



*ブルース・リー―李小龍の栄光と孤独
(四方田 犬彦)
479496689X

格闘家といって最初に思い浮かんだのがこの人、ブルース・リー。
著者が四方田さんなので、もちろん映画中心の本ですが、いくつかあるブルース・リーの本の中では、私はこれが好きなのです。




*武道を生きる
(松原 隆一郎)
4757141084

この難しそうな本は何でしょうか...。
でも実は店頭で中々手堅く動いてまして、書評でもいいことが書いてあったりして、ちょっと選んでみました。
全ての武道家の人に。...ということのようです。






*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年08月06日 15:17 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :