蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
「葉隠」 ではなく 「武士道」 です。
私が今読んでいる本は。
この間買ったのです〜るんるん
でもなぜに、ぶしどう??

私は自分の手帳の後ろに、読みたい本のリストを作っています。
外国文学や翻訳物が好きなので、そっち系ばかりなのですが、なぜか2つほどコテコテの日本の本が....。

1つはこの「武士道」。

そしてもう1つは


「五輪書」   ...マァ、ステキ。


なので、武士道が終わったら、次は武蔵です!


...前フリが長くてごめんなさい。
私が何で今、新渡戸稲造さんを読もうと思ったのかというと、真面目な理由があります。

こういった思想の本や、あるいは経営哲学の本もそうなんですが、何をおいても原本を読まなければダメなんですって!

そんなの当たり前じゃーん...ニョロ
って思うかもしれませんが、世の中にはいわゆる”解説本”が溢れかえっています。そしてその解説本の方が、読みやすいし、知識を得るには手っ取り早いんですよね〜。

私が担当しているビジネス書は、まさにそういった”解説本”の宝庫!!
そしてそういう本は売れます。
売れるから、私もまた注文して売ります。
さらに売れれば、出版社さんも喜びます。あら、何てステキなビジネスぴかぴか

でもね。
解説本って、こういうことですよね?

作者 → 解説者 → 読者

間にワンクッション入るということは、読者は解説者がかみ砕いたエッセンスを読んでいるにすぎないわけで。
かみ砕くというのは、作者の思想に解説者の考え方なり思想なりがプラスされてしまうということ。

読者にとって本当に必要なことは、作者の哲学や理論を、自分で租借する力なわけです。
だから本当は、原本を読まない限り、その本を理解したことにはならないのだそうです。


....というような話を、何かの本か雑誌で読んだのでした。 ...ウケウリ?

私は非常に影響を受けやすい性格なので、
それだったらば何か読んでやろうじゃないの!
とばかり、勢いで(えっ...?)手帳にあの2つを書き込んだものと思われます.....

ちなみに私が買った「武士道」は岩波文庫です。
他にもたくさんの本が出ているんですよ。
1番ポピュラーなのは三笠書房さんの出されているもの。同じ三笠さんで、大判の対訳本もあったりしますね。
他にもかなり種類はありますが、結構人気は高いと思います。
意外と若者にもねウィンク

無論、こういう本が悪いというわけでは、決してないです!(それに武士道関係の本は、研究書の域ですし)。
要は使い分けだと思うんです。
短時間で何がしかの理論を勉強しなくちゃいけない場合は、絶対に解説本の方が便利に決まってますしね。
でもせっかくなので、機会をつくって大元の本も読んでみよう!って、私はお客さんに言いたい!!(笑)

”武士道とは死ぬことと見つけたり”

という言葉は、子供の頃にとあるマンガで知ったのです。
きっかけはどうあれ、めぐり巡って今がきた気もする、今日この頃...。

さ〜て、無事に読みきれるでしょうかっ?
何か難しそうなんだけどっ撃沈


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年08月29日 17:59 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :