蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
いきなりですが、「アフターダーク」が文庫になります。15日前後だと思います。
言わずと知れた、村上春樹作品。
この本が春樹FANの間でどういう位置づけになっているのか、私は知らないのですが。でも自分にとって、実は「ノルウェイの森」以来、久しぶりに読んだハルキでした。

アフターダークアフターダーク村上 春樹
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前にも別のところで書いたことがあるんですけど、私は村上春樹はちょっと苦手です。ちょっとじゃない、かなりかなぁニョロ
でも私の周りは、圧倒的に”好き!”って人が多いのです。
いや、ハルキ好き人口は結構な数ですよ、実際。だって新刊のハケが尋常じゃないものね〜。
外国人の好きな日本人作家だって、1位は”ハルキ・ムラカミ”ですもんね。

前に書評ブログをさ迷っていたら、「ノルウェイの森」のことを酷評していた記事があったんですよ。
登場人物には魅力がないし、話としてもよく分からないし...みたいな感じで、かなりの辛口でした。
でもね、私が思うに村上春樹はストーリーを重視してるわけじゃないから、よく分からなくて当然なんですよね。

私は、その「ノルウェイの森」辺りの本だったら何冊か読んだのですが、どれも煙に巻かれたような感じです。
娯楽として読めるような種類の作品ではナイです。
ただどの本も、伝えようとしているのは、全部同じことのような気がしますね。
というか、たった1つのことを言うために、色んな方向からアプローチして書いていると言うべきなのか?
スティーヴン・キングに似てると思うんだ。そういうとこは。
もちろん、書いていることは全然違うんだけど、本質がね。

そして
村上春樹が好きな人=彼の魔法にまんまとハマッってしまった人
なんですよね。きっと。

話を戻して「アフターダーク」。
テーマソングは、カーティス・フラーの「ファイブ スポット アフターダーク」ですね。ほんとに音楽が好きなんですねー、ハルキは(笑)

そのタイトル通り、5つの闇にまつわる物語。
別々の5つが同時進行していくんだけど、それを第3者の視点で「私」が見ている。映像を観ているような、面白い仕掛けだと思います。

それぞれが抱える”闇”は、もちろんそれぞれ違うもの。
だけど、こちら側(現実)とあちら側(闇の世界)を、行ったり来たりしている人間の危うさっていうのは、やっぱり共通しているわけですね。
それを「私」の目で見ていくことで、今の世の中の閉塞感がとても淡々と描かれています。

”淡々と”っていうのはポイントかもしれない。必要以上に、感情移入しないような印象があったからね。

この話の中で、”闇”にとらわれていない人が1人だけ出てくるんです。
多分、そういう人を意図的に作ったんだと思うけど、その人がある意味導き役なのかな。とてもキーになる人物だと思ったんですよ。
それと話の最後で、ちょっとだけ希望を見せてくれるところも救いです。
人間、捨てたモンじゃないよ、ってことでしょうか。
というか、それがテーマなんだよね。”アフターダーク”だから。

私は何年ぶりかでいきなりこの本を読んだから、こんなへっぽこな感想しか書けないんだけど、ずーっと順番に本を読んでいくと、村上作品は全部1本の線でつながるっていうんです。
その流れを見てみたい気もするんだけど、私にはやっぱり荷が重いかなぁあせあせ
久しぶりに読んでみて、考えることは色々多かったけど。

次に村上作品を紹介することがあったとしたら、きっと10年後です!パー


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年09月10日 14:53 | CM : 5 | TB : 1
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
こんばんは!
『まったり読書日記』の方にコメントありがとうございました。
村上春樹さんって、今、日本で一番『ノーベル文学賞』に近いといわれている方ですよね?
最初に読んだのが『ねじまき鳥〜』で、???だったので、しり込みしてしまったのですが、『世界の終り〜』がとっても良かったので、他の作品にもチャレンジしてみようと思っています。
順番に読んでいった方が、村上春樹さんの作品を貫く一本の線が見えるんですね。なるほど〜
from: エビノート | 2006/09/10 8:28 PM
瀬川さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

リアルの店員さんからとは光栄です(汗)。
自分もここ2年弱で買った本並べたら、それなりの
コーナーできそうですが(笑)。

担当がビジネス書とのこと。
個人的にはうらやましいのですが、瀬川さんご自身は色々なジャンル読まれているのですねー。

私が追っかけ(?)している土井英司曰く、『「本好き」と「ビジネス書好き」は違う』そうなのですが、私もホントは色々読まないといけないなー、と思っております。

ブログはもう意地で続けておりますので(笑)、またお越しくださいませ。
>エビノートさま
コメント有難うございます♪
そう、村上春樹本は読めば読むほど奥が深いそうです。
なかなか読むのに私は根気がいるんですけど(笑)
でもまた機会があったら、チャレンジしてみてもいいかなぁ、なんてちょっと思っています。
from: 瀬川未久 | 2006/09/11 9:41 PM
>smoothさま
こんばんは、いらっしゃいませ〜♪
ビジネス書は長〜くやってみると面白いです!
でも普段ビジネス書に浸かっている分、このブログでは色々な本の情報をアウトプットしようと思って書いているんです。試行錯誤の日々ですが(汗)

でもビジネス書のブログもいいですねぇ。
smoothさんの記事を読ませてもらって、そう思いました。
また伺いますね♪
from: 瀬川未久 | 2006/09/11 9:52 PM
瀬川さん、たびたび失礼します。

ブログでの問題は、コメント欄にあるtenさんの答えでほぼ正解ですね。

正しくは、そちらのお店の在庫で確認されても可ですが(笑)。

Comment form









トラックバックURL :
村上春樹【アフターダーク】
村上春樹がノーベル文学賞の候補に挙がっているらしい――と、しばらく前から言われている。 最近は「ノーベル文学賞の有力候補らしい」という話も聞こえてきて、候補になっている作品はどれだか知らないが、とりあえ
ぱんどら日記 | 2006/09/26 1:40 PM