蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
お待たせしました〜、9月の特集です。(え、誰も待ってないって?)
だんだん涼しくなってきたので、本を読むにもいい季節ですよ♪
今回は、出版や書店に焦点を当てて本を選んでみました。題して、

本屋さんへ行こう!ぴかぴか

...センスないなぁ。まんまだね。ゴメンね。


*暴れん坊本屋さん (1)
(久世 番子/新書館 )
4403670199

しつこいかもしれませんが、書店員のバイブルとしておすすめしたいコミックです!
このブログでも何度も記事にしてるのですけど、自分が書店にいるからか、涙なしでは読めないようなところも多々ある....。
ブックストアギャラリーで販促したい本、NO.1!!


暴れん坊本屋さん(2)
4403670229


こちらは2巻でーすラブ
まとめて一気に読むのがよろしいかと思います(ホント?)


それにしても、表紙が激しくて好き...ハート大小



*ブックショップはワンダーランド
(永江 朗 / 六耀社)
4897375584

13の本屋さんが語る、本の話の本。
この13店というのが、それぞれに特徴ある書店ばかりなんです。
たとえば”ナディッフ”、あるいは”クレヨンハウス”、もしくは”南洋堂書店”。全部分かる人は、中々の本好きですね!
そしてそれぞれのお店の、定番の本を紹介してくれています。ジャンルもバラバラなので、読んでいてとても勉強になりました。
この画像にはないのですが、「本屋って最高!」という帯が巻いてあります。とても嬉しいですキスマーク


*書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる
(梅原 潤一/試論社)
4903122042

こちらは以前、紹介記事を書いたことがあります。でも再度セレクトしました猫2
中を見てもらえば一目瞭然、たくさんのPOPのオンパレードです!
POPって、結構センスがいるんですよ。派手ならいいってものでもないし、かといって印象に残らないのはダメだし。
でも書店において、POPってとても重要です。
そんなこと分かっているんだけど、これだけすごいPOPを見ちゃうと、それだけでもうお腹いっぱいだよね〜プシュー
これは見て、読んで、楽しめて、勉強になる、そんな1冊でした。



*本
(永江 朗 /プチグラパブリッシング) 
4903267180

私、この本は大好きなんです!
"あたらしい教科書”というシリーズの第2巻。
1冊の本ができるまでの流れを、編集やデザインや印刷...といった様々な切口から解説しています。
もちろん、流通や書店に関する章もありますね。「教科書」らしく、アウトラインを知るにはいい資料だと思います。
そんなに厚くはないので、すぐに読めますしね。
表紙はとてもシンプルですが、真ん中の青い丸は、実は型抜きなんですよ!
個人的には型抜きとか好きなんだけど、本屋としては、そこから破れるから困りモノなのよ〜う汗




*本を作る現場でなにが起こっているのか!?
(編集の学校 文章の学校/ 雷鳥社)
4844134388

こちらは出版社サイドの本ですね。
実際に本を創っていく過程を、出版する側から追いかけていったもの。
ひと口に出版社といっても、実は色々。
ジャンルや形態(書籍なのか文庫なのか雑誌なのか...ということですね)によって、全然流れが違うんですよね〜。
私は販売する側だから、こういった裏の工程というのは、興味深いものがあります。
出版社のみなさま、今日もおつかれさまです猫2



*カバー、おかけしますか?―本屋さんのブックカバー集
(出版ニュース社)
4785201150

ちょっと面白い本です。
ブックカバー集なんですが、年代物がいっぱい載っています!
これはデザイン書としても楽しめるんじゃないかと思います。
こうやって1冊にまとまると、カバーといえども圧巻!ですねぇ。
たかがカバー、されどカバーたらーっ 
さすがに本屋の顔です。
普段はカバーかけるの面倒〜汗なんて思ってたりするのですが(実は)、歴史あるカバーたちを見て、反省しました。ゴメンナサイあせあせ



*書店の近代―本が輝いていた時代
(小田 光雄/ 平凡社新書)
4582851843

明治・大正・昭和と、本がどのように流通し、かつ読まれていたか。そういった歴史の勉強ができます(笑)
そう、本の歴史は古く、深い。
正直、今の書籍って”消費するもの”になりつつあるんじゃないかなと思ったりする。
大抵の本が簡単に手に入る分、1冊の価値や重みは薄れているんじゃないかと。
毎日、本の在庫に埋もれながら、ちょっとブルーになったりする時もあるのです。
そんな私にとって、この本に書かれていた時代は、眩しくもありうらやましくもあり...。
ちょっと遠い目をしてみる自分がいます...。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年09月13日 23:15 | CM : 6 | TB : 1
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
瀬川未久 さん、こんにちは。

昨日やっと研修から戻りました。
そうですね〜読書にはもってこいの季節です(笑)!
私は最近、あのエベレストへもしかしたら世界で初めて登頂に成功していたかも知れない〜といういまだ謎のままのジョージ・マロリーの本を読んでいる途中です。
近いうちにマロリーを記事にしようと思います。

今回は「寅さん」を記事にしました、よかったらいらして下さいませ〜ではまた!
from: ルーシー | 2006/09/16 5:11 PM
>ルーシーさま
お帰りなさい〜、研修お疲れさまでした!
最近、遊び呆けていてようやくPCを開いた次第です。
これから早速遊びに行きますよ〜!
from: 瀬川未久 | 2006/09/18 4:59 PM
こんばんは!
「暴れん坊本屋さん」って、何だかすごいタイトルですね〜笑
でも、何だか面白そうです。
本屋さんのPOP、ふだんは何気なく見ているだけなんですが、工夫とセンスが詰まってるんですね♪
チェックしてみます!!
そういえば最近本屋さんが舞台のミステリ小説を読みましたよ。
何だか本気で本屋さんで働いてみたくなっちゃいました〜(^o^)/
大崎梢(著)『配達あかずきん』という本です。
from: エビノート | 2006/09/18 7:25 PM
>エビノートさま
おおっ、その本は読んでないです!
今度チェックしてみますね〜♪

ぜひエビノートさんも、めくるめく書店の現場へお越し下さいな〜、ふふふ。
from: 瀬川未久 | 2006/09/18 11:57 PM
瀬川さん、こんばんは、VIVAと申します。拙ブログにコメントいただきありがとうございました。書店にお勤めなんですね。ボクも塾講師よりちょっとやりたいです。小学校の文集に将来、本屋さんと書きました(笑)。

貴ブログで紹介されている本、やっぱプロだ、と感心しつつ、拙ブログで取り上げたのと同じ本が、何冊かあって、うれしくなりました。

オシムもフェルマーの定理も大好きですが、フェルマー定理の翻訳者を尊敬しますので、そちらにTBさせて下さい。これからもよろしくお願いします。
from: VIVA(お礼) | 2006/09/19 1:10 AM
>VIVAさま
わ〜、来てくださって有難うございます!
すごく嬉しいです!

いつもブログを読ませていただいて、勉強させていただくことが多いのです。
これからもこっそり(笑)伺いますので、どうぞよろしくお願いしますvv
from: 瀬川未久 | 2006/09/20 12:03 AM

Comment form









トラックバックURL :
夕焼け空があまりに綺麗で。文明の利器に感謝
「アッ、綺麗」と息を飲むほど微妙な色使い。 ほとんど陽は沈み、あとは夕闇があたり一面を覆うことになる寸前の空(左)です。 まさしくモノトーンの世界が広がる様を、あますところなく見せてくれようとしていました。 「よっしゃ」とばかりにデジカ
派遣業界で働く女社長のホンネブログ | 2006/09/18 8:58 PM