蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
9月の特集はドイツ年。
今年は日本におけるドイツの年。各地で色々なイベントも行われています。
そんなドイツの本を今月はピックアップ!


*ドイチュラント  ドイツあれこれおしながき(山田 庸子 / ピエ・ブックス) 4894444453


ベルリンのカフェや古本や雑貨や、そしてクマ!など。ドイツのあれこれがたーくさん詰まったおしゃれな本です。
”ドイチュラント”って響きもまた良し。ですね〜♪





*ベルリン美術散歩(水沢 勉 , 津田孝二 / 新潮社 とんぼの本)
ベルリンは新しい芸術都市として、急ピッチで生まれ変わろうとしているのだそうです。本書は美術館などの施設や、その代表作品を紹介しています。
観光ガイドとしてだけでなく、ベルリンの文化や歴史背景などを知るのにピッタリだと思います。写真を見ているだけでも楽しいです。


*ベルリン博物館島と美術の旅 (若月伸一 / 小学館)
「ベルリン美術散歩」と読み比べても面白いかも。
こちらの本の方が読みやすい気はしました。
いずれにしても、写真がたくさんで見てて楽しい!というのは大事。


*BERLIN―East side‐west side(シヲバラ タク / 新風舎) 4797462558

今年出た写真集です。
私はまず表紙が好きになってしまいました。
写真集は、本の中でも特に受け取り方が様々だと思うので、ちょっと感想は書きにくいです。でももしお店で見かけたら、ぜひ手に取っていただきたいと思います。



*バッハの音符たち―池辺晋一郎の「新バッハ考」(池辺晋一郎 / 音楽之友社)
ドイツの大音楽家、バッハについての本。
このシリーズは面白いんです。他にモーツァルトとブラームスがあります。
クラシックという、かた苦しそうな枠を見事に取り払ってくれたバッハ考。
読み終わった後、思わずCDを聴きたくなっちゃいます。


*ムーサの贈り物―絵画・詩・音楽の出会うところ ドイツ編
(喜多尾 道冬 / 音楽之友社)

音楽や美術などが折り合い重なり合った、上質な芸術・文化論...という感じがしました。だから正直ちょっと難しかったんです。
でもね、心の栄養になった気がしたので、今回セレクトしてみました。表紙もシンプルだけど好き。


*ミヒャエル・ゾーヴァの世界
(ミヒャエル・ゾーヴァ, 那須田 淳, 木本 栄 / 講談社)
4062129043

ミヒャエル・ゾーヴァはベルリン在住の画家です。
決して明るい作風ではないんですが、とても魅了されてしまう絵なんですよね。
6月に日本で原画展が開催されて、それに合わせてこの作品集が発売されました。
代表作45点! ため息ものです。



*魔笛(那須田 淳, ミヒャエル ゾーヴァ / 講談社)
もう1点、ミヒャエル・ゾーヴァの作品を紹介します。
モーツァルトのオペラで有名な「魔笛」です。
ゾーヴァが手がけたフランクフルトオペラ「魔笛」の、舞台装置の原画を絵本にしたもの。音楽と文学と美術と、すべて閉じ込めたような1冊です。


*はてしない物語
(ミヒャエル・エンデ, 上田 真而子, 佐藤 真理子 / 岩波書店)
4001109816

子供の時に映画を観に行きました。
そしてその後、本を買ってもらって毎日読んでましたね。数あるファンタジーの中で、私にとっては多分ずーっと1番の本。
岩波少年文庫で上・下巻にもなっていますが、ここで紹介したのは、私が買ってもらった箱入の本。


*大どろぼうホッツェンプロッツ(オトフリート=プロイスラー / 偕成社)
ドイツの作家プロイスラーは、子供のころみんな読んだと思います。
ちなみにこの本以外では「ちいさい魔女」も大好きでした!


*朗読者(ベルンハルト シュリンク , 松永 美穂 / 新潮社) 4102007113


テーマがテーマなので、話が重いんです...。
でも静かな音楽がずーっと流れているような感じ。
せつない音楽だけどね...。





*ヴェニスに死す(トーマス・マン、実吉 捷郎 訳 / 岩波書店)
ドイツの文豪、トーマス・マンですね。
実は大学のときにレポートを書かされました。そのために家でビデオを観て(ヴィスコンティの映画です)、本を何度も読み(難しくて何書いてあるかよく分からないから、くり返し読むハメになる)、何とかレポートを出して単位をもらいました。
だから好きとか嫌いとか面白いとか、そういう次元を全〜部超えちゃった本なのでした。



*ヒトラー 最期の12日間(ヨアヒム・フェスト, 鈴木 直 訳)4000019341


映画の関係でよく動きました。
ヒトラーやナチスの書籍はたくさんありますが、最後の12日間に絞ったという点で、今までの類書と差別化されて好評だったようです。




*荒れ野の40年―ウァイツゼッカー大統領演説全文 1985年5月8日
(永井 清彦 訳 / 岩波ブックレット)

1985年に西ドイツのヴァイツゼッカー大統領が行った、ナチスの過ちを謝罪した演説が全文掲載されています。ブックレットなので読みやすいと思います。



*本好きな仲間を見つけませんか?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいです。
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ


By 瀬川未久 (せがわ みく) | 05年の特集 | 2005年10月02日 16:25 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :