蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
この季節、私にとっては「食欲の秋」なんですけどピピピ
でも涼しくなると、何となく文化的な生活に浸ってみたくなりますよね?
何で、何で? 脳がそうさせるのかしら?
芸術の秋ってナニ?もみじ

ということで、今月の特集ですよん!


*オーケストラの105人
(カーラ カスキン Kara Kuskin Marc Simont/すえもりブックス) 4915777154

クラシックが好きな方も、そうではない方も必見!
ちょっと違った観点から、オーケストラを眺めてみるのも面白いかもしれませんよ。
105人の楽団員たちが、それぞれの楽器を準備して、自分の家を出て、コンサート会場に向かって、そして実際に演奏をする。
そんな裏側の世界を、おもしろおかしく描いた絵本です。
楽団員だってふつうの人間ですもの。お風呂にも入れば着替えだってしますよね。
なのに、何でそんなことが面白いんでしょうねてれちゃう


*近衛秀麿―日本のオーケストラをつくった男
(大野 芳/講談社) 4062124904

日本人の指揮者というと、どうしても朝比奈隆や斎藤秀雄、小澤征爾を思い浮かべます。
でも日本における最初の職業指揮者は、近衛秀麿という人でした。
お兄さんが宰相の近衛文麿。財力・家柄、そして”近衛"という名前。
どうしてもそういった面に偏った印象を受けてしまいがちですが、この人が日本の音楽界に残した功績は大きかったようです。
フルトヴェングラーとの交友や、華やかな女性遍歴など、読み応えのある初の評伝です。



*NHK 毎日モーツァルト
(NHK「毎日モーツァルト」プロジェクト/NHK) 4140811285

初心者の方にオススメしたいモーツァルト本。
NHKの番組が元なので、見やすく分かりやすいのはいいと思います(でも玄人向きではないです)。
写真も豊富できれいですね。
1人の青年としてのモーツァルトをクローズアップした、彼の軌跡を辿る1冊です。



*ルキーノ・ヴィスコンティ
(エスクァイアマガジンジャパン)

最近、ヴィスコンティの新刊が続いて出ましたので、1冊紹介したいと思います。
万民受けする本ではないと思うのですが、エスクァイアだけあってきれいだと思うんです。
「山猫」「ルートヴィヒ」を中心に、グラビアや作品解説、人物論などが収録されています。
美しいですねぇ....ぴかぴか
映画を観てみたいと思わせてくれる本でしたよわーい



*フェルメール全点踏破の旅
(朽木 ゆり子/集英社新書) 4087203581

現存するフェルメールの作品は、30数点と非常に数が少ないことで知られています。
その作品を全点踏破しよう!という、フェルメールを辿る旅の本です。
とても解説が分かりやすく、初心者向けなんだと思います。
絵に纏わるエピソードなど、一般の読者が読んで楽しい内容になっているところに好感が持てました。
新書ではありますが、単行本と同じ価値があるんじゃないでしょうか。
最近の新書の中では、私のイチオシ王冠2


*ダリ―シュルレアリスムを超えて
(ジャン=ルイ ガイユマン Jean‐Louis Gaillemin ,遠藤 ゆかり /創元社)4422211900

好みがハッキリ分かれる画家ですよねぇ。
20世紀美術界、最大の奇才。奇才っていうのは不可解なんだよね。凡人には。
今、ダリ展が開催されています。

→公式ホームページはこちら

絵を見に行く前の予習に、どうぞ読んでみてください。



*明日の神話 岡本太郎の魂〈メッセージ〉
(『明日の神話』再生プロジェクト/青春出版社) 4413008480

汐留に展示されていたこの”明日の神話”を見に行きました。
夜だったのでライトアップされていたんですが、そのせいもあるのかな、ガツン!とくる壁画でしたね。
この絵のテーマを、日本人はもっと噛みしめるべきだと思いました。
ケータイで写真撮ってる場合ではないよ!(偉そうでゴメンナサイ...)
実物には及ばないけど、本でこういった作品に触れることができるのは幸せなこと。
大判の書籍ですが、見かけたら手にとってほしいと思います。



*イサム・ノグチ〈上〉―宿命の越境者
(ドウス 昌代 /講談社)406273690X

日本人の父とアメリカ人の母。
第二次大戦前後、混血児だったゆえに、日本のみならずアメリカでも辛酸をなめたイサム・ノグチの評伝です。
私は彫刻には疎いのですが、この人の作品はモダンでシンプルですよね。
自分の居場所を探し続けた「帰属性の不確かさ」というものが、作品に色濃く残されているといいますが、どうでしょうか?


*白洲正子“ほんもの”の生活
(白洲 正子, 赤瀬川 原平, 青柳 恵介/新潮社) 4106020858

日本の美を知る数少ない目利きの1人、という白洲正子さんの本です。
たくさん著書もありますし、多分どれを読んでも新しい発見があるんだと思うのですが。
でもあの「武相荘」の全貌が見渡せるのはこの本ならではだし、白洲正子さんの人間性が垣間見られるのも興味深い。
”美”って、結局なに?
その答えがここにありますおはな


芸術起業論
(村上 隆/幻冬舎) 4344011783

最後に現代美術の代表選手として、この方の本を〆にします。
何というのかな、闘いの本なんですよね。非常に挑発的。
芸術家って、自分を表現することが命題だから芸術家なのであって、作品を換金することが究極の目的ではないでしょう?
でもこの世界で成功したければ、今の世の中、ルールに乗っからなきゃダメだよ、って言っているわけですね。
個人的には、実はあまり惹かれるものはなかった。当たり前すぎてしまって。
でもそれは、私がアートの世界を知らないがゆえの無知からきてるのかもなぁ。
ただ率直に、今の日本の美術界に苦言を呈している部分には、考えさせられることも多かったです。
そういう意味では、この世界で働く人は読んでおいても損はないと思いました。



*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年10月08日 18:36 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :