蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
またもやご無沙汰の更新になってしまいましたあせあせ
11月も半ばになってしまい、今月の特集はやめようと思ったのですが
こういうのって続けなきゃ意味がないような気もしますし...。
なので、今月も残り少ないですが、この時期の定番として手帳関連の本を紹介します。
いずれも今年の新刊たちですよ猫2

時間管理、手帳術etc...
まだまだ人気の衰えを知らないジャンルですね。
職種や立場によって、役立つテクニックも違ってくると思います。
ビジネスパーソンにとっては、永遠のテーマですよね。もちろん私にとっても。

誰か、書店員のための時間管理術の本を書いてくれないかしら〜?豚


*手帳・メモ・ノート200%活用ブック
(日本能率協会マネジメントセンター AVAILABILITY)

大判サイズ。昨年にもこういった本を出していました。
今回も著名な方々の実践法を紹介しているのですが、タイトルにもあるように、手帳・メモ・ノートと分けています。
色々な方法の概要が1度に分かるので(広く浅くではありますが)、模索している方の入門書みたいな本だと思います。


*「超」手帳法(野口 悠紀雄 /講談社)


「超」整理手帳を考案された、野口悠紀雄さんの手帳術本。
この手帳はすごく人気があって、毎年大抵の書店でも販売していると思います。
細長〜い手帳ね。
ユーザーの方のための本、かな。




*マンダラ思考で夢は必ずかなう!
「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術

(松村 寧雄/フォレスト出版)


「マンダラート」っていう、ロジカルシンキングのための1つの手法があるんですが、それを手帳に応用したものですね。
通常の手帳とはちょっと違って、3×3の9つのマスで1週間を管理するという方法。
これが日本人にはピッタリなんだとか!
さぁ、どうかな?



*必ず目標を実現する「鳥の目」手帳術
(久恒 啓一/日本実業出版社)

これはよく動いていますね。
追加かけましたよ、私。
「鳥瞰図」っていうのがありますけれど、鳥が空からものを見るように、全体を見渡せってことなんだよね。
そしてそれが中々できないから、私は困ってるんだよね(苦笑)



*アイデアも段取りもきっちり整理 システム手帳の極意
(舘神 龍彦/技術評論社)

システム手帳に特化した本っていうのは、すごく少ないんです。
実際今は、ノートタイプの需要が、システム手帳を遥かに上回っているらしいですね。
でも自分の好きなようにカスタマイズできるところが、システム手帳の最大のメリットでもあります。
どっちがいいのかなぁ。使い方次第、なんですけどね。



*ほぼ日手帳の秘密 2007
(ほぼ日刊イトイ新聞, 山田 浩子/幻冬舎)


今年も出ました!2007年版です。
年々、人気が高まる一方の「ほぼ日手帳」。
この時期、あちこちのビジネス雑誌にもよく掲載されていますね。
特にクリエイティブな仕事をしている人にとっては、アイデアノートも兼ねて使われているようですよ♪



*人生の黄金時間をつくる50+手帳術
(野村 正樹/東洋経済新報社)


この本は、年齢が50歳↑の方を対象にした本のようです。
もちろん、他の年齢層の方がダメってわけじゃないです。
でも、定年に焦点を当てて書かれているようなので、現場の最先端にいる20代30代の方々には、ギャップがあると思います。



ノート&ダイアリースタイルブック


ムックです。私の好みで選びました。
これは、手帳やノートなどを紹介している本です。手帳術の書籍じゃありません。
だけど、名だたるブランドの手帳やステイショナリーは、見ていてうっとり...♪ ですね。
きれいですね。




*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年11月19日 16:44 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :