蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
今年もクリスマス特集ツリーをやろうと思っていたのですが
ぶっちゃけた話、最近の絵本事情が分からなくてですね...ピピピ
時間だけが過ぎてしまったので、ちょっと趣向を変えてみました。

正直このブログでは、ビジネス書をそんなに紹介してこなかったので
たまには担当らしいことでもしてみようかと。
セレクトしたのは今年の新刊。順不同。内容も偏りなく選んでみたつもりです。
興味が湧いたら、年末年始にどうかな?


*ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する
スティーヴン・レヴィット スティーヴン・ダブナー 望月 衛
4492313656
今年、経済書を1冊上げろと言われたら、大抵の人がこれを選ぶのではないでしょうか?
アメリカでも大変評判になっていた本。
タイトルのつけ方もすごいよねー猫2 でも中は意外と真面目な内容のようですよ。
面白いのは、この本のすぐ後に
「まっとうな経済学」という本が出ましてね。
ああ、隣りに並べろってことかなと。
並べましたけど。
そして相乗効果で売れていくんですよね。ビジネス書って、そういうものなんだよね〜。
でも最近は引っ張ってくれる経済書が少なかったから、この本はホントにヤバかったです!


*フラット化する世界(上)
トーマス・フリードマン 伏見 威蕃
4532312795
フリードマンの久しぶりの新刊。
邦訳はまだかまだかと、よく聞かれました。
著名な人の本というのは、売っているこっちも気合いが入りますプシュー
事前注文の段階で、どれくらいの部数にしようか、どこの棚にどんな風に置こうか、色々考えることが楽しいものなんですよね。
そういう意味では、今年はトフラースティグリッツの新刊も出たので、楽しくやらせてもらいました♪


*ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家
ムハマド ユヌス アラン ジョリ Muhammad Yunus
4152081899
こちらは’06年の新刊ではありません。
でも、今年ノーベル平和賞を受賞されたムハマド・ユヌス氏の本なので、今回選んでみました。
貧困はなくすことができる、という強い信念が本当にすごい。
私は本を積むことしかできないのですが、
「グラミン銀行を知っていますか」と一緒に今でも棚に置いています。


*会社法入門
神田 秀樹
4004310059
会社法が改正になりました。なので今年は、会社法に振り回された1年だったんです。
どこの書店でも、法律書の担当者は大変だったはずですよ。
まぁまぁ、出るわ出るわ新刊が。
しかも他の法律と違うからね。会社法だからね。
経営に直結してるじゃないですか。
それって結局、法務も税務も会計も全部関わってくるってことじゃないですか。
勉強する方も大変だろうけど、売ってるこっちだって必死ですよ!
おまけにこうやって、著名な先生が新書でも本を出しちゃうわけですよ。
しかも返品できない岩波新書ですよ泣き顔
ああもう、ギャンブルみたいな仕事だよね〜、書店員って。


*P.F. ドラッカー経営論
P.F. ドラッカー P.F. ドラッカー
4478307024
今年、ドラッカーが亡くなりましたね。
経営書を触るようになって、1番最初に覚えたのがこの人の名前でした。
この方のマネジメント原則は、今でも古びることがなく、読むたびに新しい示唆を与えてくれると言われていますよね。
本当にたくさんの書籍があって、絶版になってしまったものもあったのですが、カバーを一新した新装版が出始めています。
若いビジネスパーソンが買っていかれるのを見ると、ちょっと嬉しくなりますね。


*なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学
小堺 桂悦郎
4894512262
本来、会計の本というのは、実際に実務に携わる方が読むものなので、すごく難しい専門書ばかりなのです。
そういう中にあって、このように一般の人でも読める本が出てきたというのは、面白い傾向だと思いました。
私も半分くらい読んでみたのですが、文章が分かりやすかったです。
専門用語もそんなに使っていませんし、ベンツといった身近なものを題材に取ったところも、受け入れやすい。
会計の本がこんな一気に売れるということも、従来はあまりなかったんですよね〜。
間口が広がっているというか、ちょっと予想外の現象ですね。


*仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
内田 和成
4492555552
もう7〜8年も前の話なのですが、
「この先、問題解決や論理的思考法の書籍は、どんどん増えていくと思いますよ」
とおっしゃったお客様がいらしたんですよね。
その頃の私は、まだぺーぺーのビジネス書担当で、問題解決の何たるかもよく分かってなかったのですがあせあせ
でもあの方がおっしゃたように、今のビジネス社会は本当にその通りの流れになっています!
あの当時に比べると、ロジカルシンキングの本なんてメチャメチャ増えました。
今でも新刊は出ているし、雑誌の特集では人気だし、ビジネス書にありがちな単なる流行ではないんですよね。
あのお客様はどうしているんでしょう?
とてもきれいな女性の方だったんですけど!


*TIME HACKS!
小山 龍介
4492042652
今年の仕事術のキーワードの中に、
「ライフ・ハック」というものがあるんです。
まぁ、ちょっとした工夫で仕事をやりやすくしようよ!ってことなんだけど、結構類書が出たんですね。
その中の1冊がこちら。
前作の「IDEA HACKS!」よりは、こちらの方が私は良かったかなぁと思いました。
ただ、元々がシリコンバレー発ということもあって、私のような売り場で仕事をしている人間にとっては、ちょっと使いづらいものがあるのも事実なんですよね。
でもそこは個人の工夫で、効率良くやらなきゃダメってことなんだろうなぁ〜(遠い目...)。


*ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略
クリス アンダーソン Chris Anderson 篠森 ゆりこ
4152087617
もう1つの今年のキーワード、
”ロングテール”です。
何て分かりやすい表紙なんでしょうか。長い尾っぽのことですよね。
このロングテールの提唱者による本がこちらです。
類書も結構出ましたが(きっと今後も出ると思いますが)、本家のものがやっぱり基本かなと思い、私はずっと面にしています。
確かにアマゾンなんかを見ていても、全然売れているものの傾向が違いますし、この現象はネットならではだなぁと思います。
リアル書店では、やはりああはいかないもんです。


*低度情報化社会 Ultra Law-level Information Society
コモエスタ 坂本
4334933920
”Web2.0”のおかげで、何でも本のタイトルに2.0が付く1年でした唖然
確かにネットは便利です。
色んな情報がタダ同然で手に入るし、それによる恩恵もあります。
でもその中で、どの情報が自分にとって本当に必要なものなのか、結構私は迷ったりします。
もともと知識がないからネットで検索したりするんですが、結局本質に辿りつかない(...)。
そして適当な面白いサイトで、時間を無駄にしてしまったり...。いいんだか悪いんだか。
この本は、そういった現在のネット社会の問題点を突いているんですよね。
かといって、今さらIT技術を無くすわけにもいかないし〜。
どうしたらいいんでしょうね。
これから先、こうした問題はあちこちで浮かび上がってくるような気がします。



*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年12月10日 19:25 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :