蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
面白い本が出てしまいました。
2大マエストロを巡る、どろっどろのヒューマンドラマ。
プライドを守る駆け引きか、はたまたエゴのぶつかり合いか。
これで1本映画が作れちゃうんじゃないか?っていうくらい
この世は波乱に満ちていますねぇどんっ

プロローグにも書いてあるのですが、この本は音楽評論ではありません。
2人の巨匠を中心とした指揮者や、ナチスや、ベルリン・フィルや、
それらを巡る人々の物語です。

ナチスが台頭し、やがて崩壊し、そんな時代に翻弄されて
思うような演奏活動ができなかった音楽家がたくさんいたんですよね。
でもベルリン・フィルというのは、やっぱり世界最高峰のオーケストラ。
その音楽監督の座を巡って、戦中戦後、ものすごい権力闘争が展開されるわけです。

フルトヴェングラーという人は、本当に「芸術家」。
人の機微にも疎く、エゴイストで、
自分の仕掛けた策略で墓穴を掘るような人なんですねぇパクッ

対するカラヤンは「ビジネスマン」。
これは音楽をやる人間にとっては、決して誉め言葉ではないですが
彼はそのビジネスのおかげで、得るものはたくさんあったと思うんです。

音楽家って、良く言えば純粋なのかもしれないけど
私みたいな凡人には、ここで何でそういう行動をするかなぁニョロ みたいな部分が
結構あったりして、思わず笑っちゃったりしたんです。
ヒトラーの時代だし、みんな生きるか死ぬかで必死なのは分かるんですよ。
それでもやっぱり、マエストロとしてのプライドやエゴだけが、空回りしてるような...。
いや、いいのか。芸術家だから、それで。

とにかく、面白かったです。
クラシックなんて興味ないし〜、と思っている人に特にお薦めしたい。
ここまで闘争心丸出しで、「ベルリン・フィル、GET〜〜!!どんっ
とやられると、かえって清々しい気分です。

まったく、真実は小説より奇なり困惑


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2007年02月25日 18:09 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :