蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
10月の特集はTric or Treat!
10月31日に向けてのハロウィーンの本と、
加えてちょーっとブラックなものも一緒に紹介します。


*Halloween Countdown
(Jack Prelutsky Dan Yaccarino/Harperfestival) 0060005122


最初は洋書です。
10匹のゴーストを、1匹ずつカウントダウンしていきます。
もともとは、子供たちに英語で数を覚えてもらうための本。でも絵柄が可愛いし、洋書といっても難しくないので、プレゼントにいいんじゃないでしょうか。
ボードブックといって、子供が投げても壊れないように厚紙で作られています。今回の私の1押しラブ


*Ed Emberley's Halloween Drawing Book
(Ed Emberley/Little Brown & Co ,Juv Pap)
もう1冊洋書のご紹介。
ハロウィーンのイラストを描いて塗って、工作感覚で遊べる本(?)です。
雑貨や文具でも沢山の商品が出ているエド・エンバリー。他にも描いて楽しめる本が色々出ています!


*へスターとまじょ(バイロン・バートン/小峰書店)
へスターはワニの女の子です。
ハロウィーンの日に、魔女の服を着てみんなを怖がらせてやろうとするのですが、それが意外な展開に。さてさて?


*ハロウィーンのおばけ屋敷(エリカ シルバーマン /セーラー出版)4883301346

ふたりの脱獄囚が逃げ込んだ、暗くて不気味なお化け屋敷。その屋敷にいたのは、とうさんおおかみ男と子供たち。他の住人たちも次々とふたりをお出迎えします...。
絵本の中でもサイズが大きいので、めくっていくと中々迫力があって楽しいのです。ふたりの囚人と一緒にエキサイティングな一夜をどうぞ。



*小さい魔女(オトフリート・プロイスラー,大塚 勇三訳/学習研究社)

画像が出ないんですよね。残念!
私が子供のときに大好きだった本です。
127歳の小さな魔女が、ワルプルギスナイトに参加するために「いい魔女」になろうとします。その過程がほほえましくて、何だか応援したくなってしまうんです。
ラストがすごいね。今考えるとね。ぜひ読んで確認してほしい。
魔女がキレるとこうなるのかぁ〜、って思いました(違うか...)



*ティム・バートンナイトメアー・ビフォア・クリスマス
(ティム・バートン,永田 ミミ子訳/ビリケン出版) 4939029069

ティム・バートン初の絵本!
本来はクリスマスの定番絵本ですが、主人公のジャックはハロウィンタウンに住んでるんですよ。彼が計画するハロウィン風のクリスマスとは、一体どんなもの?
小説版やフィルムブックなど沢山関連商品がありますが、この絵本が映画のもとになっています。映画と合わせて見てみてね。



*魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン
(Malcolm Bird, 岡部 史/金の星社) 4323012543

自分も魔女になってみたいとお考えの方へおすすめ(笑)
魔女の生活習慣や、風習・趣味などなど。そうかー、魔女ってこんな生活してるんだっていうのが分かって、私は楽しめました。できることなら、子供のときに読みたかったかな。
料理のレシピもありますので、魔女候補じゃなくても役立つかもね。


*ハロウィーンがやってきた(レイ ブラッドベリ,伊藤 典夫訳/晶文社)

日本では行事としてはあまり定着していないハロウィーンですが、その雰囲気自体は結構楽しいイメージですよね。でも実際は死者を悼むためのものだから、もっと別の側面もあるわけです。この本は、そういったものを伝えてくれてる気がします。
でも何より、レイ・ブラッドベリが書いたファンタジーというだけで、ちょっとワクワクしてきませんか?


*ホーンテッド・マンション
(Russell Spina Jr.,きたむら まさお訳/大日本絵画) 4499301912

この世で1番有名なマンションでしょうか。そのしかけ絵本です。
ディズニーのアトラクションに沿っていますが、こちらもどうして、あなどれないものですよ。墓石や棺おけなど、怪しさ満点!




*ハロウィーン・パーティー(アガサ・クリスティー, 中村 能三 /早川文庫)
こんなところに入れていいものか。
でもクリスティー好きとしては紹介しておきたいなと思いました。
ちなみにポアロのシリーズです。



*エミリー・ザ・ストレンジ
(コズミック・デブリ,宇多田 ヒカル/メディアファクトリー) 4840107246

ブラックです。ひたすらブラック。
黒のドレス、長い黒髪、不吉な黒猫、辛辣なコメント。かなり個性的な世界を持っているエミリーですが、そのわが道をゆく精神はステキです。
宇多田ヒカルが翻訳したのも話題になったのですが、できたら私は洋書をおすすめします。エミリーの世界にどうも日本語がマッチしないというか...。アルファベットの方がおしゃれに見える。
でも訳自体は上手いと思いましたよ。シンプルだけど意味の深い原文だと思うので、訳すの大変だったでしょうね。



*不幸な子供(エドワード ゴーリー,柴田 元幸訳/河出書房新社)4309264972

ゴーリーは好みがはっきりと分かれると思いますが、私はかなり好きです。
繊細なペン画は格調高く感じるし、話のテンポもいい。あとは話の内容を個人がどう捉えるかということでしょうね。
この本はタイトルのまんまです。とにかく不幸。読めば読むほど不幸になっていく。最後も救いようがありません。
でもとある方の解説で、ゴーリーはこういう話を教訓や使命感で描いているわけではないと書かれてました。ただただこういうストーリーを作っちゃっただけだと。
もしこの本を少しでも気に入ってくれたら、別のゴーリーも読んでみてください。シンプルな装丁もいい感じです。



*本好きな仲間を見つけませんか?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいです。
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ


By 瀬川未久 (せがわ みく) | 05年の特集 | 2005年11月01日 00:15 | CM : 2 | TB : 1
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
『小さい魔女』
これは私も覚えてますよ!
ラストを読んで小さくても魔女は魔女だと納得しました
from: やぴ | 2005/11/03 12:06 AM
>やぴさん
確かに...魔女は魔女ですよ。
「小さい魔女」は、私がくりかえしくりかえし読んだ
数少ない本なのです。
それくらい好きだったのよね〜。
from: 瀬川未久 | 2005/11/03 5:46 PM

Comment form









トラックバックURL :
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵
「生きて死ぬこと」とはどういうことか。生きている意味は何なのかをやさしい文章で語ってくれています。年老いたアナグマがみんなに伝え残していったいろんなことが、アナグマの死を悲しむ友達をその悲しみから救ってくれるというお話です。中でも一番仲の良かったモグ
りさのblog | 2007/10/03 8:04 AM