蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
11月の特集は手帳の達人になる!
年末は来年の手帳を購入する時期ですね。
今回は手帳術もマスターして、ぜひ充実したライフプランを
立ててみてはどうでしょ?


*選ぶ・使う・極める!みんなの手帳
(手帳愛好家委員会/大和書房) 4479791361

最初に、今年出たばかりの新刊を紹介します。

この本はどちらかというと女性向けですね。
前半と後半に、著名な方々のインタビューや仕事別にいろいろな方の手帳を公開。
その間に手帳のガイドなどが入っていて、どんな種類があって特徴は何か、一目で分かるようになっています。手帳に関するコラムもありますね。

カラーが沢山あって、見ているだけで楽しい豚
そして来年どんな手帳を買おうか迷っている方には、とても重宝する
1冊だと思います。

*手帳200%活用ブック(日本能率協会マネジメントセンター) 4820742396

手帳術といっても、どういうものか分からない...という方は、まずこの本を読んでみてください。ここでは著名な方々の手帳活用法が公開されています。
広く浅くではありますが、色々なパターンが紹介されているんです。自分がどういう方法に向いているのかを知るには、参考になる本だと思います。


*夢に日付を! ~夢実現の手帳術~
(渡邉 美樹/あさ出版) 4860631242

「ワタミ(和民)」の社長さんの本ですね。
手帳術は最後の章にあるだけで、全体的には手帳をつける意味や、それによって得られる動機付けなどの内容が主のようになっています。
タイトルのとおり、自分の夢・目標に日付を記入することが1番大切だとのことです。
渡邊社長ご自身の、真っ赤になった手帳が印象的な表紙ですね。


*一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
(熊谷正寿/かんき出版) 4761261439

著者の熊谷氏は起業する前から、手帳に夢や目標を書いて綿密に計画を立て、実際書いた通りに会社を設立・上場させたのだそうです。
著者が言っているのは、目標を手帳に手書きして(これがポイント!)、それをいつでも見返せるように常に持ち歩く。そうすることで夢を忘れずにいられるし、モチベーションも上がる。
問題は、どこまで実践できるかということですね。
自分を信じて絶対達成する!という強い意志があれば、著者のように成功するのかもしれません。


*図解 一冊の手帳で夢は必ずかなう
(熊谷 正寿/かんき出版)
こちらは図解版です。
熊谷さんのおっしゃっていることは、図解にした方が分かりやすくていいかもしれません。私はこちらをおすすめします馬


*佐々木かをりの手帳術
(佐々木 かをり/日本能率協会) 4820716603

内容的には、次に紹介する「ミリオネーゼ〜」とかぶるところがあると思います。ただこちらは、前作よりも具体的な手帳の使い方や書き方にも重点を置いているようです。
また、著者がプロデュースした手帳の説明も載ってますので、実際にこの手帳を使いたいと思っている方にはいいかもしれないですね。


*ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法
(佐々木 かをり/ディスカヴァー) 4887592884

これは女性を対象にした時間管理の本です。
私がなるほどなぁ〜と思ったのは、まずプライベートも仕事も全部、1冊の手帳に一元化すること。そして予定を書き込む際に、自分がその用事に拘束されるであろう時間も、一緒に書くということ。
こうするだけで、自分の空き時間がどれくらいあるのかが分かる、というんですね。
女性の場合、仕事もあり家事・育児もありで結構大変です。手帳と時間を味方につけて、もうちょっとプライベートを充実させてみては?


*図解でよくわかる 第4世代手帳が人生を変える
(フランクリン・コヴィー・ジャパン/キングベアー出版) 490663835X

フランクリン・プランナーという手帳があります。それが第4世代手帳と位置づけているもの。その愛用者は世界で2100万人を超えているんだそうです。
これまでにもこの手帳に関する書籍は出ているのですが、今年出たこの本はそのガイドブック的な感じがします。サイズもB5と大きいですし。
実際にこの手帳を使っている方々のインタビューや、手帳の活用法も分かりやすく説明してあります。


*人生は手帳で変わる 3週間実践ワークブック
(フランクリン・コヴィー・ジャパン/キングベアー出版)
参考までに。こちらがそのフランクリン・プランナーの実践本。
でもね、手帳はあくまでツールであって、そのツールを使っていかに豊かな生活を送るか、ということなんだと思います。
一応コンセプトとしては「フランクリン・プランナー」を使うことが前提で書かれていますが、内容を自分の手帳にプラスするだけでもいいのでは?


*夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノート
(岡崎 太郎/フォレスト出版) 4894511800

何か物事を進めようと思うときは、まず計画を立てるのが普通です。
他の手帳術にもあるように、計画を立てたらそれを書き出し順位付けして、目標を立てて行動に移す。
でもこれらのことは、口で言うほど簡単ではありません。
岡崎氏が提案しているのは、最初に自分の実績(行動)を書いていくということ。そしてその記録の中から、自分の小さな目標を見つけていくということ。これまでの手帳術の逆をいっているような感じです。
目標がかえって苦痛になる場合も多いですよね。そういう人はこの方法を試してみるといいのかもしれません。


*「3日坊主」でも使いこなせる手帳術
計画ナシ!で夢が実現するシンプルな方法
(岡崎 太郎/フォレスト出版) 4894512092

こちらは今年発売の新刊でした。内容的にはこれまでとかぶっているところもあるのかな?「7つの夢 実現アイテム」というものを実践していく手帳術です。
基本的には「計画を立てる」のではなく、「毎日の記録をつける」ということ。前作同様、予定に縛られない手帳術を身につけるための本です。


*成功ノート術―大きな夢をかなえる5つの小さな習慣
(和仁 達也/ゴマブックス) 4777100839

2004年の本ですが、これはよく売れていました。
まず用意するもの。A4ノート・A6ノート・カラーペン・ポストイット。
さほど凝ったアイテムが必要なわけでもなく、さほど目新しいことをするわけでもない。でも実際にやってみることで、意外と目標に近づいている自分がいたりする。
要はやるかやらないか、なんですね。
これって手帳術の共通テーマだなぁ。


*創る使う変わる3KM手帳革命!(土屋 公三/出版文化社)
この本は手帳術の定番商品です。
3KMとは何か?これは「個人」「会社」「家庭」の3つのK。
そして「マーク(目標)」「マネジメント」「モチベーション」の3つのM。
それらをかけ合わせた総称です。


*あなたの人生を変える手帳術
(西村 晃/生産性出版) 482011817X

この著者はこれまでにも沢山本を書かれています。
この手帳活用術はポスト・イットを使う方法です。ポスト・イット、便利ですよね。使い方のコツさえ覚えてしまえば、最強のアイテムに変わってしまいます。
向き・不向きはあるかもしれませんが、簡単で実用的です。




*本好きな仲間を見つけませんか?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいです。
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ





By 瀬川未久 (せがわ みく) | 05年の特集 | 2005年12月02日 00:47 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :