蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
8月の特集は戦後60年。
ちょっと重いテーマですが、避けては通れないテーマでもありますね。

*白洲次郎 占領を背負った男 (北 康利 / 講談社)白洲次郎 占領を背負った男

こんなに若い頃の写真が表紙だなんて、どうしたらいいんでしょう(ばか...)
まだ出たばかりだけど、絶対書評に載ると思うなぁ。
それにしても、姿も生き様もカッコイイ方ですよね。時代がこういう人を呼ぶんでしょうか...。


*靖国問題 (高橋 哲哉 /ちくま新書)
新書なので1番読みやすいはず。
靖国関連の本は多々ありますね。今まであまり興味がなかったけれど、やっぱり戦争認識って大事だな、と思いました。


*憲法を変えて戦争に行こうという世の中にしないための18人の発言
(井筒 和幸 , その他 /岩波書店)

これはブックレットです。
薄いのですぐに読めてしまいますが、内容的には面白いと思う。
各界の知識人の方々が憲法9条について語っています。
タイトルも斬新でマル。


*新しい歴史教科書-市販本 (藤岡 信勝 / 扶桑社 )
教科書問題は認識の違いや教育の違いによって、ゆがんでゆがんで修正の効かないところにまできちゃってますよね。
私はこの本(というか教科書)、ざっと読ませていただきましたが何とも...。それに昔使った自分の教科書がどうだったか、正直覚えてないんだよなぁ。現代史まで授業でやらないしね。
でも売れ行きはなかなかいいですよ。


*敗北を抱きしめて(上)-増補版
*敗北を抱きしめて(下)-増補版 (ジョン ダワー, 他 / 岩波書店 )
こちらは新刊ではありませんが、ロングセラーとして今の時期には読まれる方がたくさんいらっしゃいます。上・下巻で長いけどね。


*カウントダウン・ヒロシマ
(スティーヴン・ウォーカー 著, 横山 啓明 訳/ 早川書房 )

こちらも売れ行き好調です。



*本好きな仲間を見つけませんか?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいです。
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ





By 瀬川未久 (せがわ みく) | 05年の特集 | 2005年09月01日 23:00 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :