蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
12月の特集はHappyクリスマス♪
絵本を中心に選んでみました。中々華やかですねラッキー


*クリスマスの12日
(ロバート・サブダ/大日本絵画)


ポップアップ(しかけ)絵本のクリスマス定番!
これはきれいですよ。ロバート・サブダ氏のクリスマスポップアップはいくつかありますが、この本が一番人気じゃないかな。
まさに芸術品という感じ。



*クリスマスって なあに
(ディック=ブルーナ ふなざき やすこ/講談社) 4062002167

ディック・ブルーナがこんな可愛い本を描いていたなんて、児童書を担当するまで私は知りませんでした。
ミッフィーでおなじみの著者。このシンプルで深い絵は、やっぱり誰にもかなわないかも。


*世界で一番の贈りもの
(マイケル モーパーゴ /評論社)

帯に書いてあるように、クリスマスに戦場で起こった奇跡のお話。
こういう話は実は苦手だったんですが、素直にいい話だなーと私は思いました。ちょっと切ないけどね。




*本の本
(横山 犬男 /ワールドコム)

この本はクリスマス向けという訳ではないのですが、とってもステキでおすすめしたいです。
この本の中には、30冊の架空の絵本が詰まっています。表紙もタイトルも私は全部お気に入り。不思議と音楽が流れてくるような錯覚も...。
でも架空の絵本だから、読めないのが残念ですね〜!


*コロボックルディクショナリー
(colobockle /PARCO出版)4891947020


私はこの方の本が結構好きなんですよね〜。
ポストカードなど雑貨も出ているのですが、色鮮やかなデザイン性のある絵柄には、ちょっと憧れますね。




*リサとガスパールのクリスマス
(アン グットマン, Georg Hallensleben /ブロンズ新社)

すっかり人気者になってしまったリサとガスパール。
ちなみに犬じゃないよ?架空の動物なんですよね。人間にまざって学校行ってたりするしね。
そんな二人のクリスマスエピソード。じっくりお楽しみあれ♪



*イザベルと天使
(ティエリー マニエ ,Georg Hallensleben/金の星社) 4323070276

リサとガスパールの作画担当のゲオルグさんが、この本でも絵を描いています。
いや〜、いいですよ、この絵本。天使がまたキュートなの!
私もこんな天使を見つけてみたいものです。



*クリスマスはきみといっしょに―トゥートとパドル
(ホリー ホビー , 二宮 由紀子/BL出版) 4892385824


ぶた続きですが、こちらもおすすめ。
表紙がとっても綺麗なので、ぜひ実物を手に取ってほしいです。この絵本はシリーズなので、興味があったら他の本も読んでみてね!




*キャッツ―ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命
(T.S. エリオット, 田村 隆一/ほるぷ出版)

《イメージの魔術師》と言われるエロール・ル・カインの作画。
たくさん本があるので迷いましたが、個人的にやっぱりキャッツかなと。特にクリスマス向けではないのですが。
でも絵の美しさは見事ですね。プレゼント用に選ばれる方は多いです。


*The Amazing Pop-Up Music Book (Amazing Pop-Ups)
(Kate Petty Jennie Maizels/ Dutton Childrens Books)

1冊だけ洋書のしかけ絵本を紹介します。
私はこの本を持っているんですが、とにかく細かいんです。そして面白い。
これは音楽の本なので、音符の読みとかリズムとかを遊びながら覚えていくようになっています。最後にはミニ鍵盤まであるので、実際にピアノが弾けたりもします。
このしかけ絵本はシリーズになっていて、他にも数学や宇宙なんかの本があったなぁ。いつか全シリーズ揃えたい...。


*ちいさなもみのき
(マーガレット・ワイズ ブラウン ,Barbara Cooney/福音館書店) 4834011623


クリスマスの定番絵本を1冊。
マーガレット・ワイズ・ブラウンとバーバラ・クーニーの最強コンビ。読んだことのある人も多いのではないでしょうか?
昔から読みつがれてきている本は、やっぱり沁みるものがありますね。



*マザー・テレサ 愛のことば
(いもと ようこ/女子パウロ社)

最後に、マザー・テレサの本を。
私はこの本の一番最後に書かれている言葉を読んで、ちょっと泣きそうになってしまった経験がありまして。
クリスマスって確かにイベントだけど、でも人と人とのつながりを考えるのに、こんなに適した日はないですよね。
小さい本ですが、とてもとても深い1冊だと思います。



*本好きな仲間を見つけませんか?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいです。
このブログも応援してねラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 05年の特集 | 2005年12月23日 20:22 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :