蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
2006年オメデトウ!鏡もち
そんなわけで、1月の特集は戌年。
一番身近な動物なだけに、一層ほほえましく感じる本がいっぱいです♪


*日本の犬
(高岡 一弥, 久留 幸子/ピエ・ブックス)
日本の犬

お正月ですから、最初はやはり日本の犬を再確認してくださいポッ
やっぱりピンととがった耳とか、きれいな巻き尾なんか見ると、さすが日本犬!大和魂!って思うの。意味もなくね。
そんな凛々しい犬たちがここに勢ぞろいです!
かなり厚めの本だけど、戌年のスタートに満足していただける1冊だと思います♪



*りっぱな犬になる方法
(きたやま ようこ/新潮社)
4101363315

きたやまようこさん、大好き!
りっぱな犬になるためのノウハウがぎっしり詰まった本ですよ〜パクッ
犬好きの方、必見!





*しばわんこの和のこころ
(川浦 良枝/白泉社)
4592760964

”月刊MOE”の連載を本にしたものです。
今では何冊も出ていますが、そのシリーズ第1弾です。
これを読んでると、日本っていいなぁと思いますよ。
「和のこころ桜」、大事にしたいものですよね。




*しばわんこと童謡を歌おう
(川浦 良枝/白泉社)
4592761049

しばわんこをもう1冊。
日本の童謡を、しばわんこと相棒のみけにゃんこがご案内。
CD付きで一緒に歌えるのもいいです。
日本に伝わるシンプルなメロディの美しさを、ぜひ子供さんと味わってほしいです。




*ダーシェンカ あるいは子犬の生活
(カレル チャペック Karel Capek, 保川 亜矢子
/メディアファクトリー)
4889916563

カレル・チャペックと愛犬ダーシェンカの生活。
子犬に対する愛情が伝わってきます。
世界でも有名なダーシェンカ。
色々な出版社から本が出ていますが、ここで紹介した本は装丁がきれいで気に入っています。
写真もたくさん入っていて、手元にずっと残しておきたいと思わせる1冊です。



*里見八犬伝
(植松 三十里 /小学館文庫)
4094080643

あちこちで八犬伝を紹介しまくってる気がしないわけでもないのですが...。
でも私のお正月はこれをなくして語れなかったということで、是非読んでください。面白いから!!





*凍える牙
(乃南 アサ/新潮文庫)
4101425205

これは読まれた方もたくさんいるでしょうね。
可哀想というか、やりきれない話です。
でも犬っていうのは、本当に忠実で裏切らないんだな...。
いい意味でも、悪い意味でも。




*ハラスのいた日々
(中野 孝次/文春文庫)
4167523019

小学校のときにこの本が家にあって読みました。
当時はまだ犬を飼ったことがなくて、この本を読んですごく犬がほしくなったことを、よく覚えてます。
中野孝次さんのハラスに向けるまなざしがいいですよね。
大人になってからも繰り返し読みたいと思う良書です。



*盲導犬クイールの一生
(石黒 謙吾,秋元 良平/文春文庫)
4167660792

私なんかが説明するまでもなく、日本で一番有名な盲導犬。
その訓練たるや相当厳しいもので、犬にとっても大変過酷だと聞きます。
でもそうやって努力されてる方や犬たちに、だんだん社会の目が向けられてきたという意味でも、クイールの残した功績は大きいのではないでしょうか?

それにしても。この表紙、たまりませんな〜〜♪てれちゃう



*ダメ犬グー―11年+108日の物語
(ごとう やすゆき/文春ネスコ)
4890361685

うちにもダメ犬犬がいるのですが。犬ってみんな同じなんだなぁって、思いました。
最初はおかしくて笑っちゃうようなエピソードがたくさんあるのですが、最後は涙なしに読めない。せつないなあ。
でもグーは絶対幸せだったと思います!



*Say Hello! あのこによろしく。
(イワサキユキオ, 糸井 重里/東京糸井重里事務所)
4902516020

糸井重里さん主宰のWebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」にて連載されていたコンテンツを、1冊にまとめたものです。
主人公はジャック・ラッセル・テリアの子犬3匹。
その子たちが生まれて、そして巣立っていくまでをていねいに綴った写真集です。
この本は私の店でも置いていましたが、すぐになくなってしまったほどの人気ぶり。
表紙もステキですよ〜!



*犬を旅する。―世界で一番いろんな国の犬がのっている本
(新美 敬子/河出書房新社)
430926509X

タイトルの通り、世界各国を回ってそこに暮らす犬たちを写真におさめました。
犬たちが色々な表情を見せてくれていて、とても魅力あるわんこの写真集になっています。プロ顔負けのわんこモデルだよねぇ。
各国の町の風景とも、相性がいいですね〜♪



*本好きな仲間を見つけませんか?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいです。
今年もこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ


By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年02月01日 21:58 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :