蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
2月はちょっと息切れしていましてたらーっ
バレンタインのミニ特集だけになってしまいました。
でも私の気に入っている本を紹介してみましたので、
時期が過ぎてしまっても、機会があったら読んでみて下さい。

*フランス、ベルギーショコラを巡る旅―テオブロマ土屋公二が案内する
(土屋 公二/ネコ・パブリッシング)
4777004023


土屋シェフが案内する、フランス・ベルギーのショコラの旅。
お店の紹介はもちろん、現地のチョコレート工場や博物館なども
盛りこまれていて、ショコラ好きにはたまらない1冊だと思います。






*ショコラ・ランキング―おいしいしあわせちょっと贅沢
(畑 博之 /祥伝社)4396612044


バレンタインなので、チョコレートの本もどうぞ。
お菓子っていうのは本当に奥が深い。自分が食べたいよね?
この本はボンボンをランキングしていますが、まさに芸術そのもの。
このショコラティエの心意気を味わってほしいです。
そしてぜひ本番前にチェックして、対策を練ってください!(大笑)



*幸福な質問(おーなり由子 /新潮社)
4104163015

大好きな相手に投げかける、優しい言葉の数々。
女の子がいつも「彼」に確認したい気持ちが、たくさん詰まっていますね。
読んでいてとてもあたたかい気持ちになれる大人の絵本です。

でもこの二人(?)、犬なんですけどね...。
恋する気持ちは、犬も人間も同じか。



*すき
(トメク ボガッキー Tomek Bogacki 木坂 涼 /セーラー出版)
4883301257

私は初めてこの本を読んだときに、

「なにコイツ、サイテー」

...と思ったのですが。
でも考えてみれば、相手がどんな人だったとしても
理屈や理性では割り切れないものが”恋愛感情”なわけでして。
突き放されても、冷たくされても、なおも追いかけてしまうという
ある意味、恋愛の不条理を描いている本だと思います。


*愛についてのちいさなおはなし
(マリット テーンクヴィスト Marit T¨ornqvist 野坂 悦子 /小峰書店)
4338126086

愛についての”幻想”を描いたおはなしだと、私は思ったのですが。
主人公の女の子は片想いをしているんだけど、
相手のことを本当はよく知らないから、イメージだけがふくらんでいく。
そしてそのイメージがついにはじけ飛んだときに
自分が作ってきた”家”が崩れ落ちる...

違った解釈もあるかもしれません。
私はちょっとネガティブに捉えちゃったかもな(笑)
オランダ・銀の石筆賞受賞作。繊細な絵がとても美しい絵本です。


*しろいうさぎとくろいうさぎ
(ガース・ウイリアムズ まつおか きょうこ/福音館書店)
4834000427

最後にこちらです。
クリスマスの定番絵本をあえてバレンタインに。
この絵本、結婚式の引き出ものに使われることも多いそうですよ。
でもちょっと納得です。
このしろくろうさぎのように、ちょっとあやかりたいよね〜♪


*本好きな仲間を見つけませんか?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいです。
今年もこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年02月14日 13:28 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :