蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
怒涛の復讐物語。
誰でも知っている、エミリー・ブロンテ唯一の作品ですね。

嵐が丘
嵐が丘
エミリー・ブロンテ, 鴻巣 友季子

実はこれ、私が中学の時に、4分の1くらい読んで放置した本なのでした..。
だもんで、たまたま最近本が手に入ったので(買ったわけではないのですが)、今回はちゃんと読んでやろうと意気込んでみました。
そして読み終わって(いや、読んでる最中も)思いましたよ。


なんて不愉快な話...ニョロ


何がそんなに気に入らなかったか、自分でも考えてみたのですが。
多分登場人物みんなが、あまりにもワガママで身勝手なのが嫌だったのかな。
ヒースクリフがどんな復讐をしようと、キャサリンがどんなに狂っていようと、正直そんなことは気にならなかったのです。
ただ一貫して登場人物に漂っている、あのお嬢様・お坊ちゃま気質がどうにも...。私の観点がズレてるっちゃー、そうなのかもしれませんけど。

ヨークシャーという地域性や、時代背景なんかも関係してるんでしょうが、この時代のイギリス(それも田舎)は、やっぱり狭い世界なんでしょうか?
嵐が丘って、アーンショーとリントンの2つの家だけの話なんですよね。
それがまぁ、なんと言うか、せせこましいというのか...。
この小さな世界で、お山の大将のようになっている人々が、あまりに見苦しくも悲しいというか...。うーん、ちょっと偏見かな[:ふぅ〜ん:]

でも申し訳ないけど、感動したとはお世辞にも言えないし、世紀の恋愛小説だとも思わない。
しいて言うなら、ヒースクリフの復讐劇とでもいうのかな?
同じブロンテ姉妹なら、私は「ジェーン・エア」の方がずっと好きだなあ。

訳のせいもあるかもしれません。
私が読んだのは中公文庫で、かなり昔の出版でした。
言い回しなんかも古いし、今では多分載せられないような、差別用語もありました。
この間立ち読みした新潮文庫の方が、まだ分かりやすいものな。セリフもいくらか自然だしね(画像は新潮です)。

嵐が丘はいくつか映画になっているみたいですが、1番いいと言われているのが、ローレンス・オリヴィエが演ったものだそうです。ちなみに私は全然観たことないですが。
でもなー、ちょっと上品すぎやしないかなー?
ヒースクリフはもっともっと粗野な印象だと思うよ。ハンサムなのはいいんだけどね。
あと映画だと、あらすじ読む限りでは、どうも原作の半分までしかやってないようですね。

もったいない!!後半がヒースクリフの本領発揮なのに!!

かなり脚色も入っているようですし、結構きれいに作ったんでしょうね。
原作はどろどろ撃沈なんだけどね。

見てみたいような、でも見たくないような。
う〜ん。複雑です。
とにかく、疲れたよたらーっ この本は。



*今日もポチッとね?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいですよ。
これからもこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年04月13日 20:56 | CM : 3 | TB : 2
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
瀬川さん、お久しぶりです〜!

そうですね、原作に比べると映画はソフト気味に作られているようですね。

でも、北イングランドの哀愁のある風景は素敵ですね。
やはり「嵐が丘」を思い出してしまいます。

私も今回ブログでワイラー監督の映画「嵐が丘」について記事にしました。
よかったらまたいらして下さいませ〜ではまた!
from: ルーシー | 2006/10/14 3:59 AM
>ルーシーさん

お久しぶりです。コメント有難うございます!
私は映画は観たことないのです。
でもやっぱり興味はあるなぁ...。

それではまた遊びにいきますね〜♪
from: 瀬川未久 | 2006/10/14 9:47 PM
 瀬川未久さん、私の記事へもコメントありがとうございました。

こちらこそ、いつも素敵な本の紹介〜参考になります。

 この映画はまだ〜ということですが、原作からはかなり(?)押さえられていますし、機会がありましたらどうぞ〜!
 未久さんの記事にはこの原作について、「不快感」(笑)が漂っていたようですが、私も読みながら、連続するねじれたような心理描写のたびに同感でした〜。でもオリビエは素敵ですよ!

 はい、以前より内容が濃い記事にいつのまにかなってきました(笑)、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

from: ルーシー | 2006/10/14 11:18 PM

Comment form









トラックバックURL :
嵐が丘 (エミリー・ブロンテ)
嵐が丘 (エミリー・ブロンテ) 新潮社 ¥740 ★★★★☆ 女性に人気がある古典恋愛小説ですが、正直言ってあまり感情移入できなかったですね。ただ、登場人物の人間関係の設定が面白く、またヒースクリフをはじめとした登場人物の異様なまでにひねくれた行動や
厳選書評ブログ | 2006/09/03 12:09 AM
Vol. 59  嵐が丘
     「イラスト - ローレンス・オリビエとマール・オベロン」 今回は、こ
ビートルズな気分 | 2006/10/14 11:19 PM