蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
06年4月の特集は、”GO!GO!フレッシャーズ”。
新社会人の方々に、エール赤い旗を送りたいと思います!
もちろんベテランの方にも見ていただきたいです。


COLOR RULES
*ビジネススーツを着こなす 成功する男の印象法則

(飯野 未季 /TAC出版)


男性向けのカラーコーディネイトの本です。
タイプ別に、スーツやネクタイの色の組み合わせ方を紹介しています。
カラー1つでこんなに印象って変わるものかと、妙に納得。営業職などの人に会う仕事の方は、特に参考になると思います。
意外と、見られているものですからね。服や持ち物ってたらーっ


*誰も教えてくれなかった新入社員の基本
(日本経済新聞社)
4532166128


社会に出て、覚えておくべきルールやマナーが書いてあります。
この本は新書くらいの小さめサイズ。
そんなに厚みもありませんし、読みやすいと思います。



*知識ゼロからのビジネスマナー入門
(弘兼 憲史/幻冬舎)


画像が出ないようなので残念です。
私的にはオススメしたい本です。
ビジネスマナーだけでなく、日常的な作法やトラブル解決法なども載っていて、なかなか便利ですよ。


*大人のマナー 敬語の便利帳―意外なことばの落とし穴
(知的生活研究所/青春出版社)



敬語の本は沢山出すぎていて、正直何がいいかは分かりませんピピピ
でもこの本は、ちょっと面白い作りと内容になっているので、今回選んでみました。
机に常備している方が多いそうですが、それもウナズケマス。



*整理する技術が面白いほど身につく本
(壷阪 龍哉 /中経出版)



これは今の時期、中々売れ行きのいい本ですよ。
シンプル整理術・7つの法則を使って、身の回りも頭の中もすっきりさせようというもの。
非常に簡潔で分かりやすい。でも初心者向けかな〜。



*ビジネスまるごと情報源 2006年版
(日本経済新聞社)


年度ごとに毎年出ている本です。
官公庁や企業、マスコミ等の住所や電話の一覧。路線図やマップ。その他、色々な情報源がすべて掲載されています。
そしてこの本は、全ページ切り離し可能なのが特長。
しかも6穴が開いているので、バイブルサイズの手帳に入れられます。



*ビジネスマン情報ハンドブック 2006年版
(PHP研究所)


こちらも毎年新しいものが出ていますね。
「まるごと情報源」がデータ集なのに比べると、こちらは読ませる本。
ビジネスマナー、パソコン術、税金の知識、話のネタなど。割とやわらか目の内容だと思います。
でももちろん、路線図や官公庁ガイドなどもあり。
ハンドブックという名の通り、薄くてコンパクトです。



*あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール
(浜口 直太/明日香出版社)


見開き1項目。全101項目の仕事のルールが載っています。
読んでみると、どれも当たり前のことが書いてあるのですが、意外とそれができないものなんですよね。
新人の方はもちろんですが、すっかりベテランの層になってしまった人にも、いいのではないでしょうか?
戒められます。私もね。



*上司も先輩も教えてくれない 会社のオキテ
(リクルートキャリマガ編集部/翔泳社)



新人の時に読むと、結構新鮮。
そして何年も仕事した後に読み返すと、かなり共感。
私にとってはそんな位置づけの本でした。
素直に、面白いと思います。



*頭がいい人、悪い人の仕事術
(ブライアン トレーシー Brian Tracy 片山 奈緒美 /アスコム)


これはすごく売れました。
面白いのは、

つきあいも仕事のうち! は大まちがい

のように、全項目逆説的に書いていること。
今の常識や定説とされていることを、すべて否定してみせることで、興味をかき立てられる内容になっている。
そしてレイアウトの工夫もあります。
「読ませる」というより「見せる」本です。



*仕事と人生に効く100冊の本
(松山 真之助 /秀和システム)


最後に本のガイドブックを1冊紹介します。
これはこの本の著者が、もともとメルマガで紹介していた本を1冊にまとめたものです。
こうしたガイド的な本は、結構色々あります。
でもこの本の中のラインナップを見てみると、比較的新しい書籍を中心に、20代の人が読みやすそうなものを選んでいるような気がしました。
何を読めばいいか分からないとき、参考になるのではないでしょうか?



*今日もポチッとね?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいですよ。
これからもこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年04月10日 13:51 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :