蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
今月は特集の更新がものすごく遅くなってしまいました。ゴメンナサイポロリ
風邪も良くなってきたので、一気に行きます!!
でも日数もあまりないので、今回はミニ特集でお送りします〜汗

さてこの時期、誰もが通るであろう5月の病...。会社人は、それをいかに乗り越えられるかにかかっています。
題して、密着!5月の罠!(....)
理想と現実のギャップに打ちのめされてる人も、新人との戦いに疲れ気味の人も、お父さんもOLさんも、心してどうぞ!!


4408106526*哀愁の中間管理職 サバ課長
仕事なんかでクヨクヨするな!

花村 夢之丞
実業之日本社 2006-02-01

by G-Tools

まずはマンガから行きましょう♪
とにかく笑っていただければいいかと思います。
あちらにもこちらにも、こんな中間管理職の人はいそうだよね。自分とダブっちゃう人もきっといるよね。
でも実際会社を支えているのは、こんなサバ課長なんでしょうねー。


4773630051*映画が語る働くということ
佐藤 忠男
凱風社 2006-02

by G-Tools

こちらは映画の紹介本なんですが、テーマはズバリ!「働く」ということ。
色々な観点からの働く映画。
お休みの日に、ちょっと観てみては?



4062131676*生協の白石さん
白石 昌則 東京農工大学の学生の皆さん
講談社 2005-11-03

by G-Tools

以前、このブログのサイドでも紹介した白石さん本です。
疲れているときに読むと、いつのまにか癒されていたりします。
それと同時に、ちょっとだけがんばろ...って気にもなるから不思議です。



さて、真面目な人ほどかかりやすいという”うつ”。
人間誰しもメンタル的なアップダウンはあるものですが、それが慢性化してしまうのはつらいです。
でも”プチうつ”なんて言葉も出てきたくらい、現代人にとっては当たり前の現象になっているようですね。
大事なのは、自分の感情をうま〜くコントロールできるようになることなんでしょうね。
そんな心理関係の本をご紹介しますdown

4532311233*仕事中だけ「うつ」になる人たち―ストレス社会で生き残る働き方とは
小杉 正太郎 川上 真史
日本経済新聞社 2004-09
by G-Tools


4921181772*プチうつ。
市川 光洋
ソフトマジック 2003-03

by G-Tools


4396612656*ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニック
石井 裕之
祥伝社 2006-03
by G-Tools




最後にちょっと笑える本を♪

4479761446*小心者の技術―態度のデカいヤツに負けない方法
藤沢 晃治
大和書房 2006-02
by G-Tools

小心者は、小心者のままでいいじゃないか。これからは小心者の時代だ!
そのメリットを活かして成功しよう!
...という前向きな(?)本。ちょっと軽いかな。
でもね、新刊でこの本が入ってきたときパラパラ読んだのですが、共感できることが結構あったのです。例えば強気の人に負けて発言できないとか、気後れしてクレームが言えないとかね。あ〜、こういうことあるよなぁって。
そういう時に、どうすればいいか...というのがこの本の内容です。
人間、気弱な部分って誰でもあります。この本を読んで、たまにはそういう弱点を笑い飛ばしてみるのもいいかもよ。


*今日もポチッとね?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいですよ。
これからもこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年05月14日 14:20 | CM : 0 | TB : 1
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :
【フォトリーディング】人生を劇的に変える方法とは?
【タイトル】 ダメな自分を救う本 人生を劇的に変えるアファーメーションテクニック【著者】 石井 裕之【ページ数】 220P【読む目的】 アファーメーションについて知りたい【読んだ時間】30分【マインドマップ】 1枚【フォトリーディング度】★★★■アファー
フォトリーディング@Luckyになる読書道 | 2006/09/07 1:15 AM