蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー
レイチェル・L. カーソン, Rachel L. Carson, 上遠 恵子


本を読んだことはなくても、レイチェル・カーソンの名前を知らない人はいないと思います。
アメリカのベストセラー作家であり、海洋生物学者でもあった彼女。
環境汚染の実態を、世にさきがけて告発した「沈黙の春」は、今でもロングセラーです。

「センス・オブ・ワンダー」は、「沈黙の春」が発表される6年ほど前に、雑誌に掲載されたものだそうです。
子供たちに、もっともっと自然にふれてほしい。自然を感じとってほしい。
そんなメッセージが込められた、子供たちへの贈物のような本です。

この間、街中でよく目にする、とあるフリーペーパーに、この「センス・オブ・ワンダー」が紹介されるという情報を耳にしまして(もう、掲載されたのかな?)。
それで久しぶりに、自分の本棚から引っぱり出して、読み直してみました。

60ページもないので、すぐに読めてしまうのです。
でも、中に書いてあることは深い...。
私なんか、普通に暮らしていて、自然にふれることなんて、あまりない。
都会では星空だってろくに見られないし、虫の声もだんだん聞かなくなっているような気がします。

虫で思い出したのが、蛍!
というのは、蛍が見られるスポットを紹介した本があるんですけどね。
考えてみたら、私は生まれてから生の蛍を見た経験が、1回しかないんです。
しかも、その1回っていうのも、有楽町で!撃沈 (蛍小屋みたいなのがあったんだよねー)

ようするに、現代人がいかに自然と交わってないか...という見本みたいなものですよね。
だって、1分1秒を切り刻むような毎日。
私たちは、そんな現代の生活に忙殺されています。
だから身近にある小さな自然にすら、心を傾けることもできなくなっているんでしょうねポロリ


「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性」


レイチェル・カーソンは、この本の出版を自分で実現させることなく、亡くなったそうです。でも彼女の意志は、多くの人たちに引き継がれて、その1年後に単行本となりました。
そのおかげで私たちは今、この本を手にすることができます。

レイチェルの最後のメッセージとも言える「センス・オブ・ワンダー」。
きれいな写真も沢山載った、美しい本です。


*色々な書評があって楽しいですよんdown*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年06月03日 22:28 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :