蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
もうすぐやってきますね〜、じめじめした梅雨があめ
今年は前半がしとしと気味、後半がスコールという予想らしいですよ。
でも私はそんなに雨って嫌いではないけどね〜。

では6月の特集です。梅雨にちなんで雨の本をお送りします!
題して、「雨に唄えば♪」(まんまやん...)


*雨の名前
(高橋 順子/小学館)
4096814318

「〜の名前」という色々なシリーズの本なのです。その雨バージョン。
”雨”ってひと口に言っても、実は色々な名前があるんですね。
1つ1つ見ていくと、日本語ってやっぱり美しいと思う。と同時に、1つのものから沢山の名前を創りだしていく、その感性にも感じ入るところがある。
きれいな写真もいっぱいです。プレゼントにもいいかも。

*雨ふりの本。
(「十一月、空想雑貨店。」/アノニマスタジオ)
4877586172

私はこの本、大好きです!
昨年の今ごろ発行されたものだったはず。雨の日の楽しみ方って、実はこんなにあるんだね、って思わせてくれました。
中のレイアウトもきれいですよ。
女性向けではあるけどね〜。




*しずくのぼうけん
(マリア・テルリコフスカ, うちだ りさこ, ボフダン・ブテンコ/福音館書店)
483400208X

絵本です。
バケツから飛び出したしずくが、冒険するおはなし(...って書くと、某英語教材の主人公みたいデスネ)。
ポップなイラストが中々いいです。
30年くらい前の本なのかな。でも今読んでも新鮮です。絵本ってすごいね!


*雨、あめ
(ピーター・スピアー/評論社)

こちらは画像が出ないみたい。
激しい表紙です。大雨ですひやひや
こんなスコールみたいな日は、ふつうは外なんて出ないもの。でもそこをあえて出てみると、いつもとは違った世界が広がっていたりして。
二人の少女が見る風景は、どんなだったのかな?



*雨ニモマケズ
(宮沢 賢治, 小林 敏也/パロル舎)
4894190257

この本は今回の特集の趣旨とは違うけど汗
この出版社から出ている本は、他とちょっと趣がちがってて、紹介したかったんです。
大判で、絵本...といってもいいんだけど、渋いの。怖いといってもいいかもしれない。
「銀河鉄道〜」とか、他の本もあります。宮沢賢治のイメージに、意外と合ってると思います。



*KADOKAWA世界名作シネマ全集 ザッツ・エンターテインメント
「雨に唄えば」「ウエスト・サイド物語」

(品田 雄吉, 原 正人/角川書店)
4045308059

シリーズものとして発売された、DVD&ブックレットの5巻目です。
オールカラーのブックレットは、割と評判いいようですね。値段もこのボリュームでは○かな。
そして、今回の特集のタイトルにも借りてしまった、「雨に唄えば」。
私は大好きです、映画も音楽も。
以前、とあるレストランに入ったとき、大スクリーンでこの映画をやっていました。
食事そっちのけで、映画を観てしまった...たらーっ



*色々な書評があって楽しいですよんdown*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 06年の特集 | 2006年06月04日 16:46 | CM : 2 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0

雨ふりの本。
ある日、あるとき
「空から水がおちてくるなんて不思議だよね」
そんな思いつきからはじまったこの本でした。


当初は、奇抜このうえないといわれていた(笑)
『異端なスタイルブック』も
読者の皆様、そして書店員さんのファインダーをとおし、一冊づつ手にとっていただいて
今では「雨が降ると売れる」
そんな淡々とロングセラーな媒体となりました。

まずは深く
そして心から感謝を…
「ありがとうございました」

そして「十一月、空想雑貨店。」ではこのほど
プチ・プレスなる薄い小冊子雑誌を
発刊することになりました。
流通コードを通さず、
バイヤーさんの口コミで広がるという媒体です。
「ほんとうに、良いお店に置いてもらいたいなぁ。」という思いつきからはじまった
このプチプレス。

もしもご興味あれば
サンプルをお送りいたします。
ぜひ、いちどお手にとっていただければ
うれしいです。


それでは
残りわずかな
梅雨ですが

Have a nice rainy day!






from: Ryu Mizusawa | 2006/06/26 11:20 PM
>Ryu Mizusawaさま

コメントいただけてとても嬉しいです!
どうもありがとうございました。

雨の日も結構いいじゃない?って思わせてくれる本で、
ホントお気に入りの1冊です。
ロングセラーにしていきたいなと思います。
from: 瀬川未久 | 2006/06/28 10:57 PM

Comment form









トラックバックURL :