蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
...というタイトル通りの特集を組んでいる、6/15号のブルータス。
オススメです!表紙も圧巻!
私も買いましたラブ


BRUTUS (ブルータス) 2006年 6/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2006年 6/15号


なかなか好評のようで、重版もかかっています。
中の綴じ込みになっている、「470 PAPERBACKS」というブックガイドがすごい。
色々なテーマで、5冊ずつ本を紹介しています(でも、文庫・新書限定ね)。
そうかー、こんなテーマでこんな本が...。

次に読む本の参考にしたいっすパンチ


*色々な書評があって楽しいですよんdown*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年06月06日 23:41 | CM : 3 | TB : 2
By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
はじめまして!
ブルータスってたまにありますね、こんな素敵な
特集。この号も「ぱらっ」と見ました。
欲しかったけど、一冊しかなかったので
なんか買うのをためらってしまった・・・
自分も本屋なもんで。
重版分、入れとこうかなぁ・・・


from: けんくま | 2006/06/09 12:49 AM
>けんくまさま

同業者さんなのですね〜、いらっしゃいませ!
ブルータスは結構好きな雑誌なんです。
今回の特集は、なかなかツボにはまりました♪
from: 瀬川未久 | 2006/06/10 12:37 PM
[ウィーンのカフェハウス」は、この手の本の中では秀逸モノだ。写真が素晴らしい。それと、前段の「歴史」については、多少、だるいが、「後半」の各店の紹介の文章はテンポがあり楽しく読めた。このような本が売れないと言うことは、日本の文化レベルに問題ありだ。
from: 磋田辺明 | 2007/08/21 1:33 PM

Comment form









トラックバックURL :
『スーパー過去問ゼミ』の書評
私の意見としては、実務教育出版の『スー過去』や『20日間で覚えるシリーズ』は、スタンダードでまとめ方にクセがないので、誰が利用しても一定の効果をあげることができると思います。それは実務教育出版の公務員試験用の参考書全般にいえる傾向でしょう。
ブログ大学 | 2006/06/08 10:55 AM
文庫がたくさんあります
・[その他] バタバタしてるときにかぎって・[宿替]今日の作業・[時事]まんぼうシール!・Cによるプログラミングの実際(01)・あゆみブックスの色が変わった・横山秀夫【影踏み】・戦闘美少女の精神分析・ 本・ゲーム・DVD・CD 中古買取専門店・本 らーぶ!・今夢
文庫・新書がいっぱい | 2007/04/27 7:21 PM