蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
評価:
谷崎 潤一郎
中央公論社
Amazonランキング: 2204位
日本語の持つ美しさに、まず圧倒されてしまいました...。
私たちは、何てきれいな言葉を持つ民族なんだろう、と思う反面
最近の自分がしゃべる言葉の乱れように、ちょっと反省...ひやひや

”陰翳礼讃 ”とは、言葉どおり日本における「陰」の部分を
深く鋭く考察した随筆です。
現代のように、蛍光灯が照らすような、眩しい明かりがなかった頃の日本が
どれだけ「陰」に美しさを見出してきたか。

日本家屋の造りにしても、歌舞伎を始めとする芸事にしても
陰あってこその美学が隠されていたのですね。

日本はもともと、暗いものや苦いものや侘しいものや
決して華やかではないものに対して、心をかけるような文化を
持っていると思うのですけど。
何でも明るく照らし出してしまう今の世だからこそ
そういった先人の美意識を心に留めておきたいなと
つくづく思った次第であります...

この本は、あちこちで「一級の芸術論」としてよく紹介されています。
表題作の他にも、5編ほど随筆が収められていますが
どれも美しい言葉で書かれた、興味深い内容の文章ですよおはな

特に最後の厠の話がいいよ!厠のねトイレ


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2007年08月18日 14:31 | CM : 0 | TB : 0
きつねのライネケ (岩波少年文庫 144)
きつねのライネケ (岩波少年文庫 144)
ゲーテ

至上最悪のきつねのおはなし。

その昔、「きつねの裁判」という本があったのです。
実は、子供だった私の愛読書。メチャメチャお気に入りだったんです。
その本を出していた出版社自体はもうなくて、
何でその本をとっておかなかったかな〜と、ずっと悔やんでいたんですよ。そしたら!
出してくれました〜、岩波少年文庫!
ありがとう、岩波少年文庫!

買ってきてその日の内に読んじゃったんですけど。
登場人物の名前とか、覚えてるもんですね〜。
狼のイーゼグリム。
たぬきのグリムバート。
うさぎのランペ。
何だか、幼なじみに十数年ぶりに会ったような感じでした。

この話は、もともとは中世ヨーロッパに伝わってきた動物叙事詩だったそうです。
それらをもとにして、ゲーテが1つのおはなしとして
「きつねのライネケ」を書いたのだそうです。
(ちなみに私が子供のときに読んだ本では、”ライネッケ”でした)

最初にも書いたように、このきつね、最悪です。極悪人です。
といいますか、犯罪者ですよ。情状酌量の余地なし!
だから森のみんなが彼を裁判にかけて、死刑にしたいと思っているんだけど
その度にうま〜く言いくるめて逃げてしまう。

最後まで読むと、唖然とするというか、何でこうなるの?って感じなんだけど
子供のときの私は、妙にそれに納得していた記憶があります。
そして今、再読してみて初めて、これは大人が読む童話なんだなと気付く。

ゲーテがこれを書いたのは、フランス革命が起こった年なのだそうです。
あの当時の世界情勢を、「きつねのライネケ」はうまく皮肉っていると思います。
ライオンの王様や、彼を取りまく狼やクマが何に例えられているのか、
ライネケの行動にどういった意味があるのか。
そんなことを考えながら読んでみると、極悪人のきつねが、社会の弱者にすら見えてくる。

子供のときは、そんな読み方は当然できないし、
ただお話として、素直に読んでいるだけです。
でも年月が経って、大人になったときに、何か教訓として見えてくるものがあるんです。
何てシビアなんでしょうか。童話っていうのは怖いなー、と思います。

それに、そんな違った側面を見つけられるようになったという事は
私も確実に歳をとったということなんですね....撃沈
やっぱり怖いなー、童話っていうのは....


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2007年07月26日 13:01 | CM : 0 | TB : 1
評価:
西原 理恵子
角川書店
Amazonランキング: 2220位
涙がちょちょぎれるうぅぅぅ〜〜〜泣き顔
(アホかい....)

いや、もうアホと思ってもらってもいい。
こんなこんな泣けてしまう西原理恵子って....
私、仕事の合間に立ち読みしてて(こらこら)、
不覚にも涙が出そうになってしまって本を閉じました。
そして後で、ちゃんと読み直したんですよ。それで正解よ。
1人でじっくりおうちで読むのがいいと思うよ、この本は。

もちろん西原理恵子だから、かっとんだ部分とかたくさんあって
アホじゃん、ぎゃははは!みたいなところもふんだんにあるんだけど(失礼あせあせ
でもそれだけじゃないですよね。
やっぱり、上手に泣かせるよね。

大人になるって、こういうことなんだなーって、しみじみしちゃう話。
そう、自分にもこんな時代がきっとあった。はず。多分。
夏休みにぴったりの本かもしれません。
おすすめ!かわいい


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | コミック・絵本・児童 | 2007年07月23日 21:42 | CM : 0 | TB : 0
評価:
ジェフリー ディーヴァー
文藝春秋
Amazonランキング: 13033位
ジェフリー・ディーヴァーが大好きです!
ストーリー性や、ぐいぐいと引っ張っていくエネルギーがたまらなくいいラブ
この人は、リンカーン・ライムシリーズの「ボーン・コレクター」で一躍有名になりました。
そんな彼の初の短編集、「クリスマス・プレゼント」です。

ジェフリー・ディーヴァーは、長編小説家としては定評があるのですが
短編はどうなの?...って思われるかもしれませんね。
でも、心配ご無用!
すっごく面白かったです!

全部で16の物語が収められているのですが、いずれも珠玉揃い。
その展開の鮮やかさに、ええっ!?びっくりと度肝を抜かれるばかりです。
1度読んでからもう1度読み返してみると、
細かいセリフが意味を持っているのが分かって、なるほど〜と唸ってしまいます。

表題の「クリスマス・プレゼント」は、リンカーン・ライムシリーズの短編。
タイトル通りの、クリスマスツリーの日の危険なお話です(笑)
その他の中で、私がすごい!と思ったお気に入りは、
「ジョナサンがいない」
「三角関係」
「釣り日和」

かな。いや、本当はどれもすごいけどね。

余談ですが、「ボーン・コレクター」はデンゼル・ワシントン主演で映画になりました。
イメージ的にもピッタリで、私は気に入っていたので、
続編はやらないの?と、ずっと思っていたのですけど
役者としてのイメージが固定されることを嫌がって、
デンゼル・ワシントンが次回作を辞退していたんだそうですね。

でも今さら他の人にできるとも思えないし、
できたら私は続きをやってほしいと今でも思っているのですけど。
(私はデンゼル・ワシントンの1ファンでもあるのですぴかぴか
ダメかな〜汗


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2007年07月22日 16:24 | CM : 1 | TB : 0
評価:
小野 不由美
祥伝社
Amazonランキング: 36743位
数年ぶりの小野不由美ワールド。
初めてこの人の本を読んだときにも感じたのですが
何だか長距離マラソンをしているような感覚なのです。

激しいアップダウンがあるわけでなく
急ピッチで景色が入れ替わっていくわけでもなく
ただ淡々と走り続けている感じ。
でもゴールしたときの達成感みたいなものは確実にあって
とても不思議な読了感なんです。
そこが多分、好き嫌いの分かれるところなんでしょうけどね。

この本もそんなマラソン本ですたらーっ
ストーリーとしては、主人公が人を探しに禁断の島に入ってから
そこの奇妙な風習やら人間関係やらに翻弄された挙句、
殺人事件に巻き込まれる....というものなんですが。

小野不由美はストーリー云々というよりも、
人間の心の襞を描くのが上手で、そっちに気持ちを持っていかれます。
人と人との不条理とか、抗えない運命とか。
きっと誰もが持っているであろう、心の昏い部分を
じわじわと、だけどこれでもかというくらい見せつける。
いやぁ、残酷だな。でもそれが面白いんだな(オニ...)

そしてまたラストが小野不由美らしい汗
多分読み手は、もうちょっと...!と思うんですよね。
でもその1歩手前で終わらせるの。
これって東野圭吾にも感じたけど、小野不由美の場合は容赦がない撃沈
だけどマラソンはテープを切ることが目標なのであって、
その後で倒れこもうが、拍手喝采浴びようが、
それはきっと別の物語なんでしょうね。

それにしたって、こんな怖い島はいやだよ。
同じ島なら、Dr.コトーのような場所がいいよねぇパクッ


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪




By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2007年07月03日 17:37 | CM : 0 | TB : 0
評価:
ジェイムズ・P・ホーガン,池 央耿
東京創元社
Amazonランキング: 1597位
3度目の正直でした...。

J.P.ホーガンの名著。
過去2回、数年に1度の割合で、私はこの本を読んでいるのですが
いつもいつも途中経過に翻弄されてしまう....。
そもそも私の脳は理系とはほど遠いし、
カタカナやアルファベットの専門用語が出てくるだけで
頭の中がショート寸前なのです。
(だからあまりSFを読んだことがないのですが...)

それでもなぜ3回も読もうと思ったのか。
それは、最後の1行を読みたいがためだったのです。

途中経過はよく分からなくても、ラスト1行に感動したことだけは覚えてる。
だから2回目のときも、3回目の今回も、
挫折を覚悟で、そこを目指して読み始めたのだと思います....。

幸いにして今回は、歳のせいで忍耐力がついたのか
それとも3回も読んでるおかげで耐久性があったのか分かりませんが

何とか全文理解することができました!! 泣き顔
(ばかだ...)

宇宙には、まだまだ解明されていないミステリーがたくさんあって
その謎を解く1つの仮説として、こんな壮大な物語もありかなと思う。
と同時に、人間の不屈の精神を称える、人間賛歌でもあったような気もします。

うぅっ...泣けた....泣き顔
3度目にして初めて泣けた...

星、5つですっ...!!
(やっぱりばかだ...)


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2007年06月20日 18:10 | CM : 0 | TB : 0
Be Happy 岩合光昭Be Happy 岩合光昭
岩合 光昭

TOKYO FM出版 2006-12
売り上げランキング : 31611
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ぴかぴか可愛いいぃ!!ぴかぴか

もうもう、この表紙だけで、この本を薦めるのに充分だと思うのですが。
いかが?
これって、野性のリスが花びらを食べているんです。
でもお花にキスしてるみたいだよねー、可愛いよねーラブ

ただ、花びらにも旬の時期があるらしく、
いつもこんな光景が見られるわけじゃないそうですよ。
まさにナイスショット! 岩合さんスバラシイ拍手

写真集って相性だと思います。
パッと見て、自分の琴線に触れるものがあったら、即買いです。
1枚の写真のために手に入れる、それが写真集の醍醐味です。
その1枚の写真の前には、どんな感想も批評も無意味です。

そういうわけで、もう1度見ちゃって!!


Be Happy 岩合光昭


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2007年06月18日 17:19 | CM : 0 | TB : 0
しばらくこのブログをお休みしてしまいましたムニョムニョ
根が怠け者の私だから、ちょっとでも気が緩むとダメですねぇ...。
でもこれから、また少しずつですが更新していきたいと思うので、
よろしくお願いします〜。特にお友達のみなさまラブ


音楽を「考える」音楽を「考える」
茂木 健一郎 江村 哲二

筑摩書房 2007-05
売り上げランキング : 591
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


更新をサボっている間も、ちょこちょこ本は読んでおりまして
その中で今回はこの新書を取りあげてみたいと思います。

ずっとピアノを勉強してきた1人として、私は音楽っていうのは
「考える」というよりも
「感じる」学問だと思ってきたのです。
でもこの本の中で提示されている、色んな切り口から音楽を眺めてみると
そうか、そんな考え方もあるか...と素直に思っちゃったりして汗

”音楽”っていう狭い世界で小さくなっていると、見えてないものって結構あるかな。
茂木さんの脳科学のフィルターを通して見ることで、それに気付かされる。
数学だとか建築だとか思想だとか、全てのことって音楽に通じているし
そういうことを知ることが、イコール考える...ってことなのかもね。

おこがましいけれど、私も全然違う業界で仕事をしてきたことで
初めて音楽を俯瞰して見ることができた...と思ってるのです。
そういう意味で、この本にはちょっと考えさせられたかな。

ところで著者の1人である、江村哲二さん。
つい最近、亡くなられたんですね....。
この本の第2弾も考えられていたそうで。読みたかったなぁ...。

ご冥福をお祈りします....。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 芸術・写真集・その他 | 2007年06月17日 16:44 | CM : 0 | TB : 0
ビジネス書の中では、ずっと健闘している本です。
年末には、こういった本を読もう系の書籍は売れ行きがいいのですが
それを過ぎてもずっと好調。評判もいいようですね。

ビジネス書というのは、もともと実用書。
だから、最初から最後まで読まなくてもいいんですよね。
自分に必要な部分だけを、集中的に読み込む。
そして大事なのは、読むだけでなく、自分の中に取り込むこと。
そのためにどういった方法があるかが書かれています。

本の選び方などの項に関しては、ビジネス担当者として得るものがありました。
何しろ発売点数が多すぎるから、読者の方も迷いますよね。何を読んだらいいのかって。

私も日々、多くの新刊に囲まれて、何をどこに置くべきか
棚だけでいいのか、新刊台にアピールするべきなのか
いつも悩みながら仕事をしているのです。
でも自分の経験を思い起こしてみると、ビジネス書の選択の目安って

著者のプロフィール、 目次、 帯

この3つだと思います。
お客さんにとっても、これは同じじゃないかなぁ。

(あ、でも書店員の場合は、これプラス 「勘」 ですかねたらーっ


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 人文社会・ビジネス | 2007年04月08日 18:53 | CM : 0 | TB : 0
この業界の人たちは、結構知っているんじゃないかと思いますが
「書店員検定」なるものがあります。

>>書店員検定3級

私はちょっと不本意な結果に終わったので、
結果報告は今は避けたいのですが(汗)
中々、緊張感溢れる検定でございます。

オールマイティに商品を知っていなければ
答えられない設問が多いですね。
勉強の余地がありすぎかも。やばいかも。

ドイツでは、書店員というのは国家資格なんだそうですが
こういう試みを日本でもやってみたら?という記事を
どこかで読んだな....
とりあえず、会社のパソコンに取り込んで
みんなにやってもらおうかなぁ猫2


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪


By 瀬川未久 (せがわ みく) | 本屋のしごと | 2007年03月11日 11:59 | CM : 0 | TB : 0