蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
テレビで「李香蘭」が放映されていますね。
最初は見ないかも...と思っていたのですが、主演の上戸彩ちゃんが結構がんばったらしいというのを聞いて、前編は見てみました。

「李香蘭」の本は、今までにも何冊か出版されています。
ただこれまでの本は、満映に焦点を当てていたりして、あまり興味がなかったのです。
でも日経から出版されたこの本はいいと思うよ。

もともと日経新聞の、「私の履歴書」に連載されていたものですね。
私はずっとこの連載を読んでいたのですが、個人的には面白いと思っていて、毎回楽しませていただきました。

もちろん時代が時代なので、とても悲しいエピソードなんかもあるんですけどね。
ただご本人が書かれているせいなのか、重いんだけど淡々と...っていうんでしょうか。
非常に冷静な視点で書かれていたような気がする。
別の人が書くと、そこにちょっと評論めいた事柄も入っちゃうけれどね。
でもこの文章にはそういうとこがないから、するするっと言葉が中に入ってくる感じでしたね。

この本の他に、「李香蘭 私の半生」というものもあります。
読み比べてみても、面白いかもしれませんね。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2007年02月12日 15:04 | CM : 0 | TB : 0
友人に薦められて、ずっとこの本を読んでいました。
舞台がスペインなんですよ。ちょっとトリップしちゃいました♪

風の影(上)〈下〉
カルロス・ルイス サフォン


風の影〈上〉 風の影〈下〉


今年のミステリー本としては、とても評価の高い1冊。
あちこちで書評が載っていましたし、本国スペインではロングセラーなのだそうですよ。

物語は、主人公のダニエル少年が、1冊の本と出会うところから始まります。
彼が手にしたのは、フリアン・カラックスという作家の「風の影」。
ところがこの作家の他の著作は、今では市場に全く残っていないのでした。
なぜなら、カラックスの本を見つけては焼いてしまうという、謎の人物が陰にいたからなのですね。

「風の影」に惹かれてしまったダニエルは、彼の過去を調べ始めます。
そしてそれは、カラックスの哀しい物語を紐解いていくことになるのです...

ミステリーといっても、殺人事件がたくさん起きるようなサスペンス調の話ではありません。
むしろ、人と人との関係性や、恋愛などを軸に据えています。
でも、1つの事実がまた新たな事実を生みだし、ダニエルが生きている時代とカラックスの時代が交差して、グイグイと読み手を引っ張っていくようなエネルギーがすごいです。

時代背景にも着目すべき点があるような気がします。
ちょうどスペインの内戦の時期。そんな中で、社会的弱者の人たちが、哀しくも逞しく生きていく描写が、随所に見られました。
特に、フェルミンという人物が出てくるのですが、彼は中々いいですよ♪

元々このストーリーが始まるきっかけは、1冊の本からなのですが、人と本との出会いというものが、この話の全体のテーマなんでしょうね。
ダニエルは古書店の知り合いから、カラックスの本を売ってくれと言われるのですが、絶対に手放さない。
多分、誰にでも大事な忘れられない本があると思うんですけど、そんな1冊が自分に与えてくれた影響って大きいものじゃないんでしょうか?

ダニエルにとっても、「風の影」を守ることによって、彼の運命が大きく変わっていった。人と本との出会いというのは、本当に大きな可能性を秘めている。
作者は、そんなことを伝えたかったんじゃないのかな。
私はそんな気がしました。(しんみり...)


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年12月17日 17:13 | CM : 0 | TB : 0
邪魅の雫
邪魅の雫
京極 夏彦

シリーズ何作目...?
毎回新刊を楽しみにしている京極夏彦です。

だがしかし。読み終わってから随分時間が経ってしまって...。
所々内容を忘れてしまったのよね、とほほ。
でも久しぶりの京極堂は、なつかしい味がしました♪

今回は、前作のようにす〜ぐ犯人が分かるようなことはなかったです!
それでもまぁ、多分この人がかんでるんだろう....という予想は的中しちゃったのですが。

最初から最後まで、ストーリーに根を張っている感情がありまして。
それは多分、誰でも持っているものなんだけど
とても身勝手なんですよ!気持ちは分かるんだけど。
ただこの話の悲劇は、それが周囲を巻き込んで暴走しちゃったってことかな。

今回の事件のテーマって、そういう禍々しい感情なんですよね。
そしてそれが「邪魅の雫」というわけなんですね。

1点の黒い染みが、どんどん広がっていくような感じ。
そして終いには真っ黒になってしまうという、何ともマイナス思考な話です。
でも人間って、放っておくとこんな風に真っ黒になると思うんです。
だからどこかの探偵みたいに 「バカオロカ!」
って威張っているくらいがちょうどいのかもしれない(と思います)。

今回は、四角い顔の刑事はほとんど出てきませんでしたね。残念。
でもちょっとしおらしい(?)探偵の姿が見られたり、
ほんの少しだけサルが凛々しく思えたりして、中々楽しゅうございました。

ごちそうさまでしたポッ


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年11月25日 17:59 | CM : 2 | TB : 0
しばらくの間、更新が途絶えてしまいました汗
気がつけば早半月...。う〜ん、これはイカンですねぇ。
気を取りなおして行きます!今日はこの本をチョイス♪

信長の棺
信長の棺
加藤 廣

テレビで放映されるのを、実は楽しみに待っていましたてれちゃう
私は結構、時代劇は好き。歴史も大好き!
でもこの本は、単に歴史をなぞった物語ではなくて、ミステリーに焦点を当てているんですよね。

本能寺で本当に信長は死んだのか?

「本能寺の変」については色々と謎も残されているそうです。
まぁ、自分が生きている時代よりず〜っとず〜っと遥か昔の話ですから、真相がどうだったのかは分からないですが。
でも、今当たり前とされている史実が、本当はちょこっと違っていたりとか...そういうのは、やっぱりあり得るよねぇ?

主人公の太田牛一は実在の人物で、信長に仕え、後に「信長公記(しんちょうこうき)」という書物を書いた人なんだそうです。
テレビでは、松本幸四郎が演じるようですね。
(余談ですが、京極夏彦の新刊で、”信長公記”のタイトルが会話の中に出てきてました。おぉ!と思いました。...ホントに余談でした)

内容に関しては賛否両論あります。
斬新な視点で面白い!と絶賛していたのもあれば、ボロクソに言われてしまったものもありますね。
でも店頭では、飛ぶように!売れていました。

ちなみにこの本の後に、同じ著者で「秀吉の枷」という本が発売されています。
私は全く読んでいないのですが、読者の反応はこちらの方がいいようです。
「信長の棺」は、秀吉に続く物語なのかもしれません。
ワンセットで読んだ方が面白いのかもなぁ。

ところで私は、 信長→秀吉 ときたので、次は家康ね!
...と勝手に思っていたのですが、どうやら次回は明智光秀のようですよ。
な〜んだ、ちぇっニョロ(こらこら...)


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ お気に入り♪
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年11月05日 13:58 | CM : 0 | TB : 0
私は香水が好きですハート
いくつか自分のお気に入りの定番もありますし、結構新商品も目の色変えて(....)見てたりします。
でもこの小説の主人公グルヌイユにしてみれば、この世の香水はとるに足らないものなんだろうなぁ。
だって彼が目指したのは、もっと究極の香りだから。

香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語
パトリック ジュースキント, Patrick S¨uskind, 池内 紀

1ページ目を開いたとたん、本の中からあふれ出てくる
におい、におい、 におい!!

フランス革命が起こる直前のパリが舞台になっているのですが、当時の人々の生活は、様々な汚臭と共にあったことがよ〜〜く分かります。
今の世の中が、いかに衛生的であるかということですよね。

By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年09月27日 08:45 | CM : 0 | TB : 0
いきなりですが、「アフターダーク」が文庫になります。15日前後だと思います。
言わずと知れた、村上春樹作品。
この本が春樹FANの間でどういう位置づけになっているのか、私は知らないのですが。でも自分にとって、実は「ノルウェイの森」以来、久しぶりに読んだハルキでした。

アフターダークアフターダーク村上 春樹
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年09月10日 14:53 | CM : 5 | TB : 1
今、カポーティが熱いですラブ
今年の秋に、フィリップ・シーモア・ホフマン主演で映画が公開されることもあって、次々と新潮文庫が発売になっています。

ホモで、アル中で、天才。
そんなカポーティの生涯を綴った伝記、
「トルーマン・カポーティ 上・下」です。


トルーマン・カポーティ (上) トルーマン・カポーティ (下)


カポーティっていうと、私が最初に思い浮かぶのは「ティファニーで朝食を」なんです。
オードリー・ヘップバーンで映画にもなった名作ですよね。
(でも映画と原作は、全然別物だと思いますが)

ティファニーは、私は”かわいいおとぎ話”という印象でした。
でも秋に公開の映画が焦点に当てている(らしい)のは、おとぎ話とは縁のない、こちらの作品のようです。


冷 血冷血

トルーマン カポーティ Truman Capote
佐々田 雅子
新潮社 2006-06
売り上げランキング : 1046
Amazonで詳しく見る

by G-Tools


昨年に新訳決定版が出て、それが文庫になりました。
私も読んでみましたが、とても読みやすくなっていると思います。
旧訳で挫折した人はおすすめですよ猫2

「冷血」は実際にカンザスで起きた、1家4人惨殺事件をモチーフにした、ノンフィクション・ノヴェル。
カポーティはこの本の執筆のために、資料収集に3年、そのデータ整理に3年と、入念な取材を行ったのだそうです。

「これがどれほど素晴らしい本になり得るか、
それを考えただけで息苦しくなる時がある」


こういう言葉まで残したカポーティ。
でも「冷血」が世に出るまでには、彼自身の中で、様々な苦悩や葛藤があったとも言われているようですね。
実際、「冷血」以降は1作も完成品がないのだとか...。

映画は、そういった「冷血」にまつわる光と影から、カポーティの真実の姿を浮き彫りにしようとした作品です。
ちなみに、アカデミー賞主演男優賞受賞作! 期待できますねてれちゃう


...と、映画の宣伝はこれくらいにして。
実を言うと、「ティファニー」と「冷血」が同じ作家によるものだということが、私は最初不思議だったんです。
おとぎ話と殺人事件。表面だけ見ていると、全然かみ合わない。

でもよくよく考えてみると、話の根底に流れているテーマが同じなのかもしれないと思うようになりました。
例えば、主人公の孤独感とか、家族に対する憧憬とか、未知なる世界への逃走とか...。
そう思うと、これってきっと、この2作に限ったことではないのでしょうね。
そしてどの主人公にも、もしかしたらカポーティ自身が投影されていたのかもな。

ホモで、アル中で、天才。

失礼だけど、不幸体質じゃないですか...ニョロ
決して恵まれた人生を歩んだとは思えないカポーティ。
でも得てして、真実の天才とはそんなものなのかな。私、凡才でよかったな。
そんなことを、しみじみ感じてしまいました。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年07月31日 00:00 | CM : 2 | TB : 1
私には、とても憧れている作家がおります。
いつかいつか、読むことができたらと思っているのです。
だがしかしですね、ちゃんと読んで理解ができるかどうか、甚だ怪しい自分のアタマ...。
でも意外とすんなり読めるかもラブ なんて気を取り直したりもするんですけど、その一方で、やっぱり無理だろう...と思ったり。

前置きが長くて申し訳ないです。
私の憧れの作家、それはサイモン・シンという人です。

フェルマーの最終定理
フェルマーの最終定理
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫

そもそも私は、こっち系の脳じゃないんだと思うんです。私の数学の出来なささは、自分で自分が気の毒になるくらいでしたニョロ
でも5月にこの本が文庫になった時、チャレンジしようと思ったんですよね。
で、平積みから1冊手にとって、中をめくってみたんです。そうしたら。


ぴかぴか片側のページ一面に、何やら数字の羅列が...ぴかぴか撃沈


すぐさま本を閉じて平台に戻しました。
本能でした...。


サイモン・シンという人は、素粒子物理学の専門家なんですよね。
この「フェルマーの最終定理」というのは、彼がBBCで製作したドキュメンタリーだったそうです。
そしてそれが沢山の賞を取って、書籍の出版という流れになりました。

フェルマーの後に発表した、「暗号解読」そして「ビッグバン宇宙論」と、いずれもベストセラーです。
物理数学の棚には、必ず置いておかなければならない、定番中の定番です。
そして私はそんな本たちを、羨望のまなざしでもって、日々眺めているのです〜パクッ

そもそもサイエンスというジャンルは、私のこれまでの人生には、何の接点もなかったんですもん。
でも未知なる世界というのは、「興味ないし分からないし〜」と思う一方で、時には(何かの間違いで)、目茶苦茶好奇心を駆り立てられたりするものなのです。そう、今の私のようにね猫2

何なんでしょうね?人間ってやつは。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年07月05日 22:02 | CM : 5 | TB : 1
本を選ぶときに書評を参考にする人は、結構多いと思うんですよね。
でもあれって意外とクセモノで、すごくいいことが書いてあっても全然面白くなかったり、あるいはその逆だったり。
書いている方個人の評なので、当然といえば当然です。
だから私の場合、あまり鵜呑みにしないで、良くなさそうでもフィーリングで選ぶようにしています。

今日紹介したいのは、数年前に「このミステリーがすごい!」で1位を取った本です(といっても、後でそれを知ったのですが...)。


4488254039荊[いばら]の城 上
サラ・ウォーターズ 中村 有希
東京創元社 2004-04-22

by G-Tools


「このミス」の評価が絶対というわけではもちろんありませんが、私はとても面白いと思いました。
スリを生業にしている少女が、知り合いの詐欺師の頼みで、とある屋敷のお嬢さんをたぶらかすために、メイドとして潜り込みます。
作戦はうまく進んでいるかのように見えたのですが、実は....

この主人公2人の少女の対比と、19世紀のイギリスの社会事情がよく書かれています。
読み手を引っぱって引っぱって、最後にひっくり返すような手法は、何だか
貫井徳郎を思い出させる(でも書いていることは、全然違うんですけどね)

ただ、翻訳物はまどろっこしくてダメ〜!という人にはお薦めできません。
情景描写や心理描写が細かく描かれているので、まずそこで嫌になっちゃうのではないかと思います。
話も全体が見えてくるまで、結構込み入ってます。
からんだ糸が、徐々にほどけていくような創りなので、それに我慢ができないと読んでてちょっと辛いかも。

内容が、とにかく濃いんだと思うんですよね。
私は面白くて一気に上・下巻読んだのですが、読み終わったとき「あ〜、完走したなぁ」って感じでした。息切れですプシュー
でも読んでいる内に、何が本当で何が嘘なのか、よく分からなくなってきてしまって、やめられなかったのです。

私は翻訳物は大好きだし、横文字も全然苦にならないので楽しめたのですが、万人受けするような本ではないかな。
紹介しておいて何だけど。
でも真夏おてんきに読むアツ〜イ本を探している人は、ぜひ読んでみてください。
自分の中では、久々のヒットでした♪


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年06月29日 00:21 | CM : 3 | TB : 0
世の中がこんなに”脳”でいっぱいになってしまうとは、正直ちょっと思っていませんでしたムニョムニョ
右脳を活性化しよう!というような本なら、ビジネス書の中に昔からあったんですよ。それでもまぁ、以前は棚にひっそり...という感じだったかな。知る人ぞ知る。っていうね。

それが今はどこに行っても、脳の活性化に必死な様相です。
川島隆太先生が火付け役でしたよね。ブームってすごいですね汗

そして次に出てきた塗り絵の本もすごい...!
何がすごいって、種類がハンパじゃないんだよー。
動植物や風景画なんかはまぁ、妥当なんでしょうが。
ゴッホを始めとした画家の絵の塗り絵やら、アールヌーヴォーやら曼荼羅まで...もう、何が何だか本屋さんは分からない状態なんです。

1冊がとても薄いので、管理もしにくいんですよねー、実は。
棚差しになんてとてもできまい(でもやってますがな)。
ちなみに色鉛筆も一緒に販売すると、効果倍増ですよ失恋

この辺でブームが落ち着いてくれたらよかったんですけど。
ところがどっこい、世の中は侮れないですね。
塗り絵に続いて、今度は「書き写し」本が流行ってしまいましたよ...。ガーン...。
火付け役の本は、もちろんコレ。

4591090892えんぴつで奥の細道
大迫 閑歩

ポプラ社 2006-01
売り上げランキング : 201
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも脳の活性化に一役買っているっちゃぁ、そうなんでしょうけど。
それにしたって何が売れるか、出してみなければ分かりません。
この本、現在55万部のベストセラーです唖然

画像は縦長になってますが、実際は横長の本です。
装丁はちょっと洒落ていますね。そこも良かったんだと思うけどね。
すでにシリーズ化が決定してまして、秋くらいに「徒然草」が刊行だそうです。
万葉集や枕草子の企画もあるそうですよ。

この本に続けとばかりに、他の出版社からも「書き写し本」が次々と発売中です。まだ増えると思います。多分。
やっぱり本屋さんは、何が何だか分からない状態です。おーまいがーニョロ
全国の同士にエールを送りたい気分です!


がんばれニッポン本屋さん!赤い旗



*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | 文芸・評論 | 2006年06月22日 22:14 | CM : 2 | TB : 0