蟹工船・党生活者 (新潮文庫) : 小林 多喜二 : 今ブレイク中の小林多喜二先生(爆笑) 売り上げベストに、この人と勝間和代さんが並ぶって...面白い時代に生きてます、私たち。  :  : 面白い....!書店営業ってかなり特殊だと言われてますが、それは書店の現状がこんなだからです。ちゃんと読んだらレビュー書こうと思ってます! 本棚 :  : 人の本棚を覗く密やかな楽しみといったら...。その人の意外な一面を見るようで、中々スリルがありますよねー。著名な人々の、そんな生活の断片を見せてくれますぞ。 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 : 池田 暁子 : 私はそんなに片づけが苦手ではないけど、でもすっっごく共感できる...!マンガだから楽しく読めるし、ちょっとオススメしたい1冊。 ティファニーで朝食を : トルーマン・カポーティ : 村上春樹訳のティファニーが出ました!やった!待ってたんですvv 表紙も素敵でしたよ♪ 容疑者Xの献身 : 東野 圭吾 : ”ガリレオ”の初の長編。東野圭吾はサクサク読めます。でも深い部分もある。だから好き。10月に映画公開! 吉原手引草 : 松井 今朝子 : 直木賞受賞作。女の意地というか、気骨というか、したたかさというか(笑)全部ひっくるめて、あっぱれと言ってあげたい。 きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。<br><a href=レビューはこちら>>" title="きつねのライネケ (岩波少年文庫 144) : ゲーテ : 極悪非道なきつねの話。どれくらいひどいかは、読んでみてのお楽しみということで。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!<br><a href=レビューはこちら>>" title="風の影 (上) (集英社文庫) : カルロス・ルイス・サフォン : 翻訳ものの本の中で、私にとっては1,2を争うくらいの位置にいる物語。泣ける!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!<br><a href=レビューはこちら>>" title="荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) : サラ・ウォーターズ : イギリスでドラマになっているんですよね。観たいなぁ...。上下巻ですが、前半読み終わった時点で、えっ!?となりますよ!
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon"> 香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。<br><a href=レビューはこちら>>" title="香水―ある人殺しの物語 : パトリック ジュースキント,パトリック・ジュースキント : 映画、ご覧になりましたか?観られた方もそうでない方も、ぜひ原作を読んでほしいなぁ。
レビューはこちら>>" border="0" class="amazon">

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年07月13日 | CM : 0 | TB : 0
お友達からバトンを受け取りました。てれちゃう
ちょっとイレギュラーですが、せっかくなのでここでやってみたいと思います。よろしければおつき合いをひらめき


※バトンを受け取った方は下記にHNの記載をお願い致します。
新空ちはら→佐和コウイチ→吹雪→こめパン→ユウ→お粥→めるし→卯川アキコ→天音→神崎→憂→gee→広谷→青江→スロウ→和神→みう→だいやん→みっちー→瀬川未久

●貴方のHNを教えて下さい
瀬川未久(せがわみく)です。

●貴方のサイト名を教えて下さい
このブログは「ブックストアギャラリー」

●いつからこのサイトを始めましたか?
05年の8月くらいだったかなぁ。
もうすぐ1年です!わーいムード

●管理人歴はどれくらいですか?
1年くらいです。
自分のパソコン買ったのが昨年の春だったもので。

●サイトのジャンルや属性について割と詳しく説明してください
本の紹介ブログ...といえばいいんでしょうか。
自分が書店員なので、それを活かして何かできないかと思ったのです。
でも私が書きたいのは、評論や分析ではないんデス。自分が店で棚を作るように、今売らなきゃいけない本とか旬のテーマとかを先取りしつつ、紹介できるようにしたいのです。本職の勉強の意味も、ちょこっとあります。
ただそれだけだとつまらないので、自分が読んだ本も紹介してるんです。でも私が書いてるのは「感想」かな。
それ以上のものを読みたい人は、ブログランキングへ跳べ!!

●訪問者様に是非行くべきだ!!と貴女がオススメできるサイト様を5つ必ず書いて下さい

,澆辰繊爾気鵑「恋は二の次」
バトンを回してくれたお友達のブログ。
日記なのですが、面白いです。ブログ全体の感性がかっ飛んでる...。さすが。

△覆戮靴泙おるさんの「はりうっど依存症通信<映画・ドラマ編>」
こちらも私のお友達。濃〜い感想を書かれていて、読みごたえがあると思います。もっともっと、書いて〜ハート

こっぺさんの「納豆倶楽部ブログ」
お友達でも何でもないのですが汗 パソコンを買って初めてお気に入り登録したブログなのです。大好きキスマーク

い韻鵑まさんの「フロクノブログ」
ブログ村仲間のけんくまさんのブログ。私と同じ書店員さんなのです♪
雑誌の付録を紹介していて、これが中々面白い!
付録って、本屋にとっては悩ましい存在なんです〜〜パンチ

ヅ鎮羸饗紊気鵑「オイカカナットの地下室」
絵本作家の田中さんのHP。彼女は昔の戦友のようなもので、今あちこちで活躍しているのを、遠くから応援している私であります。

以上、5サイトでございましたパー

●貴方のお知り合いの管理人様に繋げるだけ繋いで下さい。ジャンルは問いません
では、ここはやはりなべしまさんへ! お願いします〜ぴかぴか
他にもやってみたい方、どうぞお持ち帰りくださいませ。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年07月30日 17:41 | CM : 3 | TB : 1
今日店内で、ヒゲを剃っているお客さんがいました。

ういぃ〜〜〜ん、じょりじょりぃ〜〜

という音が響き渡る書店…。
これは私、初めての経験だったなぁ。
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年07月28日 18:37 | CM : 0 | TB : 0
ここしばらく、更新が滞ってしまいましたたらーっ
そうこうする内に、ブックフェアは終わり、芥川・直木両賞の選考も終わり、記事内容は古くなってゆき....イカンイカン汗

ところでその芥川賞と直木賞。受賞者はトピックスに載せた通りです。
芥川賞を受賞された伊藤たかみさんは、角田光代さんの旦那さまだそうですね。全然知りませんでした!
ちなみに角田さんは、昨年直木賞を受賞されています。
ご夫婦で2つをダブル受賞されたのは初めてなんだそうです。おめでとうございます〜ぴかぴか

この芥川・直木両賞、とても栄誉ある文学賞だとは思うのですが、賞金額はなんとおぉ〜!


100万円王冠2


なんだそうです。
この額をどう考えるか...。
(私はちょっと安いと思うけどな)

多分今ある文学賞の中で、1番高い賞金を出すのは、
ポプラ社主催の「ポプラ社小説大賞」の2千万円だと思います。
こちらはまだ新しい文学賞なのですけどね。

でもこの2千万もどう考えるか...。

店の中でもこれは色々意見が交わされる、生々しいテーマでございました....。ホホホお金 オソマツ!



*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年07月16日 13:52 | CM : 0 | TB : 0
18年上半期の、芥川賞・直木賞の候補作品が決まりました。
選考は、7月13日(木)の午後5時より開催ということです。
以下、その候補作品のリストです。


【芥川賞候補】

*伊藤たかみ 「八月の路上に捨てる」(文學界六月号)
*鹿島田真希 「ナンバーワン・コンストラクション」(新潮一月号)
*島本理生  「大きな熊が来る前に、おやすみ。」(新潮一月号)
*中原昌也  「点滅……」(新潮二月号)
*本谷有希子 「生きてるだけで、愛。」(新潮六月号)


【直木賞候補】

*伊坂幸太郎 「砂漠」(実業之日本社)
*宇月原晴明 「安徳天皇漂海記」(中央公論新社)
*古処誠二 「遮断」(新潮社)
*貫井徳郎 「愚行録」(東京創元社)
*三浦しをん 「まほろ駅前多田便利軒」(文藝春秋)
*森 絵都 「風に舞いあがるビニールシート」(文藝春秋)


「地味だね」
と、うちの副店長が言いましたが...。そう?
最近、この辺の本を読んでないので分からないっす。
さてさて、どうなることやら。選考日が楽しみです猫2


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年07月03日 19:41 | CM : 0 | TB : 1
本というのは内容が1番ではありますが、「装丁」もとても大事な要素だと思います。
特に日本の書籍は、紙といいデザインといいコピーといい、本当にこだわりを持ってカバーを作っているという感じがします。
洋書と比べると、それがよ〜く分かりますね。

中でも凝った装丁が多いなぁと思うのは、文芸書でしょうか。
表だけでなく、カバーの裏に仕掛けがあったり、紙とインクの組み合わせにえっ?と思ったりするのは、大抵文芸書。
カバーも中味も全部ひっくるめて、1つの作品というわけですね。

ところで、その多種多様なカバーの中に、私としては”ちょーっとやめてよ...”と思う種類のものがあったりするニョロ
説明するより、実際に見てもらった方が分かりやすいので、ご覧にいれましょう。

ほーら、こんな感じ。
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年06月26日 23:21 | CM : 3 | TB : 0
大変です!
サブダのポップアップ絵本(しかけ絵本)が手に入りません!汗
どんなものか知らないあなたのために、表紙をご覧にいれましょう!

不思議の国のアリス
不思議の国のアリスロバート・サブダ

大日本絵画 2004-11-16
売り上げランキング : 134508

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
オズの魔法使い 太古の世界 恐竜時代 クッキーカウント The Night Before Christmas: A Pop-Up (Classic Collectible Pop-Up) The 12 Days of Christmas: A Pop-Up Celebration


芸術的なまでに精密で美しいぴかぴかしかけ絵本なのです。
中をお見せできないのが残念でなりませんようポロリ
1番人気は、やはりこ”不思議の国のアリス”の絵本。トランプが宙を舞うページが圧巻です!
私は個人的に”オズの魔法使い”が好きなんですけどね〜。

メディアに沢山取り上げられたこともあって、アリスと恐竜のポップアップが、ずーーっと品切れ状態でした。
それでも、年内確保という条件で何とか店頭分の注文を受けてくれていたのですが。ついについに...!その注文も締め切られてしまいました泣き顔

ただ、お客様からのご注文分は優先的に出庫するということなので、年内待てるという方は、ご注文いただいた方がいいかも。そうしないと、中々店頭で手に入れるのは、難しいかもしれないですね。
でもさすがにアマゾンは在庫持っているのかしら...。うらやましい、ネット書店...ニョロ

私が児童書を担当していた数年前は、こんなことはなかったんだけどな。
昨年のクリスマス前辺りから、特に苦しくなってきたようです。
もちろんそれだけ人気があって然るべき作家なのですが、需要と供給のバランスが完全に崩れているこの状態は、もどかしいですね〜ピピピ

そんな、ちょっと大変な本屋の近況でしたとさ。


*down色々な書評があって楽しいですよん*
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ

By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年06月19日 23:14 | CM : 2 | TB : 1
ロナウジーニョの本なんぞ、紹介している場合ではありませんでした!
試合終了10分前までは勝てると思っていたのに、なぜ...?
今日まで家族旅行をしていたので、旅館のテレビにかじりついて応援していたのですけど...う〜ん、なかなか敵も手強い。
サッカーというのは、何が起こるか分かりませんね。
でも最後まで応援しています!日本中がきっとそうだと思います!

では、明日はちゃんと書籍の記事を書きます。
おやすみなさい....。
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年06月13日 22:41 | CM : 2 | TB : 0
待ってらした方も多いことでしょうおはな
17日に発売になります「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
各書店にはもう届いていて、スタンバイしております。
でもこの本は協定品なので、今の時点で店に出すことは許されません。
ですから、

17日の5:00a.m.まで 寝かされているのです。

逆を言えば、5時ピッタリになったらどこでも売っていいんだよな。
明け方から出店でも出しますか♪
お客さんがいるのか疑問ですが。

今回も2冊組み、シュリンク(ビニールコーティング)です。
相変わらずの厚みでございます。
このハリポタが出る時っていうのは、書店は毎回お祭りみたいなものですね。
この新刊だけで1つのコーナーを作りますから、結構大変です。

でもまぁ、4月17日に「ハリポタの新刊は?」って訊ねてきたお客さんもいるしね。1ヶ月早いですよーうパクッ
楽しみに待ってた方々、お待たせしました!
17日は、本屋さんに駆け込んでねプシュー


*今日もポチッとね?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいですよ。
これからもこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年05月16日 22:13 | CM : 0 | TB : 0
ポップの役割とは何でしょうか?

書店では、ポップは販促のツールとしてかなり重要な役割を持っています。
特に店員が自分でポップを書く場合は、その本をとにかく売りたい!という意志の表れでもあります。

そういえば、暴れん坊本屋さんでもポップのことが書いてありましたね〜。
あの本の中にあるように、「白い犬とワルツを」をベストセラーにしたのは、書店員が書いた1枚のポップなのです。

でも乱立しているポップって、やっぱり邪魔なこともあるんでしょうねぇ?
最近の新聞に、書店にはキノコのようにポップが立っている...なんて書かれていたしな。
おまけに、ポップに書いてある文章もけしからん!みたいなことも載ってました。文筆家の方だったからかな。幼稚な文章が許せなかったのでしょうか。
ともかくその方は、ポップを快くは思ってないようでした。

でもポップって、とにかく特定の本を手に取らせることが目的なのです。
だから正直、名文を書く必要はないし、書店員もはっきり言ってそんな事考えてなかったりする(もちろん、すごーく考えて書いている人もいると思いますけどね)
それに「読ませる」というよりも、「見せる」ポップの方が良かったりするんですよ。

確かにポップが多すぎて、かえって本が取りづらいのは問題です。
でもポップそのものを否定することもないんじゃないかと思ったんだ。
いくらキノコでも。きのこレッド
だって多少なりとも、売り上げに貢献してるんだしね。

今回は、そんなキノコたちの本を紹介してみます。

書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる
書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる
梅原 潤一



とある特定の書店のポップが中心になっているんですが、沢山載ってます!
まるでポップの見本市!
1枚1枚見るたびに、ちょっと軽いショックを受けました...。
いやぁ、ポップってこんな風に書くんだなって、思ってしまったのです。

キノコあっぱれ!!ですよ、ホント(しつこいって?)
きのこグリーンきのこオレンジきのこブルー


*今日もポチッとね?*
同じ本でも感想はいろいろ。たくさん書評があって楽しいですよ。
これからもこのブログの応援、よろしくお願いしますラブ
→人気blogランキング
→にほんブログ村 本ブログ
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年05月15日 23:02 | CM : 0 | TB : 0
見事に風邪をひいてしまいまして...撃沈
私のGWとやらは撃沈されてしまいました。

熱が出たり頭痛がしたりと、バラエティ豊かに長引いてくれたわけですが、最後の最後にのどと鼻にきました。
今はほとんど声が出ない状態なのです。


さーて、ここで問題!
声を出さない接客業は可能か否か!?



続きを読む >>
By 瀬川未久 (せがわ みく) | ダイアリー・お店ネタ | 2006年05月07日 14:26 | CM : 0 | TB : 0